北陸新幹線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

北陸新幹線(ほくりくしんかんせん)とは、東京駅から金沢駅に至る、JR東日本JR西日本による高速鉄道路線。

概要[編集]

1998年平成10年)に開催された長野オリンピック輸送のため、1997年(平成9年)に東京 - 長野間が開業した。このときには北陸まで開通していなかったため「長野新幹線」と称された。建設経緯から「オリンピック新幹線」とも呼ばれる[ソース求む!]が、それを言うなら東海道新幹線も「オリンピック新幹線」である。

2015年(平成27年)3月14日に金沢駅まで延伸開業。これにより、長野新幹線は北陸新幹線(長野経由)表記になった。乗り換え案内でも路線名だけでなく『長野・富山・金沢方面はお乗り換えです』と案内される。2023年には敦賀駅まで延伸する予定。さらに、2046年度には京都駅から東海道新幹線の南側を迂回して新大阪駅まで延伸される予定。

敦賀以遠は、いくつかのルートが提案されていた。紆余曲折の末、2016年(平成28年)12月「小浜・京都ルート」に決定している。

  • 米原ルート - 北陸本線に沿うルート
  • 湖西ルート - 湖西線に沿うルート
  • 小浜ルート - 若狭地方を経由するルート
  • 小浜・京都ルート - 2015年に新たに浮上したルート
  • 舞鶴ルート - 2015年に新たに浮上したルート。小浜線山陰本線に沿う

さらに、終点が新大阪駅天王寺駅か、また関西国際空港までのルートなど、数多くの提案がなされることとなった。

並行在来線問題[編集]

長野開業時[編集]

  • 信越本線の横川 - 篠ノ井間は、並行在来線としてJRから経営分離されることとなった。このうち、長野県側の軽井沢~篠ノ井間は、長野県が出資した第三セクター「しなの鉄道」に移管されている(しなの鉄道線)。高崎 - 横川間・篠ノ井 - 長野間は、第三セクターに分離されずJRに残された。
  • 信越本線のうち、群馬県長野県の県境を跨ぐ横川 - 軽井沢間(通称「横軽区間」)は廃止されている。この区間は超がつくほどの不採算区間であり、運行される列車の殆どが特急だった。また、碓氷峠の高低差により、国鉄・JRを通じて最急である66.7‰の勾配があったため、電気機関車2両を連結して上り坂では押し、下り坂では押さえつつ引っ張っていた。それだけではなく、この区間を運行する列車には「横軽対策」なる対応が求められるほどであった。このように運行には多くのコストがかかっていたため、新幹線開通により特急列車を運行する必要がなくなり、元から普通列車の需要がほとんどなかったこの区間を廃止することとなった。現在、この区間にはバスが運行されているが、青春18きっぷなどは使用できない。

金沢延伸時[編集]

いずれも第三セクターへの移管。各県ごとに移管されているため、県境で会社が区切られている。

発車音[編集]

発車メロディが以下の駅に導入されている。

  • 上越妙高 - 夏は来ぬ。上りホームバージョンと下りホームバージョンがある[1]
  • 糸魚川 - 春よ来い。相馬御風作詞。
  • 黒部宇奈月温泉 - 煌〜水の都から〜。高原兄作[2]
  • 富山 - ガラスと水の都。
  • 新高岡 - 高岡銅器の「おりん」を主旋律に、福岡に古くから伝わる雅楽の打楽器を合わせたもの[3]
  • 金沢 - 中田ヤスタカ作[4]

運用[編集]

  • 東京 - 金沢間は、速達タイプの「かがやき」が10往復、長野以北は各駅に停車する「はくたか」が14往復(ほかに長野~金沢間のみの運用が1往復)走っている。
  • 東京 - 長野間を走る区間列車「あさま」は16往復。
  • 富山 - 金沢間のみを走る、シャトルタイプの「つるぎ」も18往復設定されており、金沢駅で在来線特急と接続している。

長野までの開業当初は「あさま」のみで速達タイプや各駅停車タイプが運行されていた。

駅一覧[編集]

このほか、上田 - 長野間に新千曲駅を新設する構想があり、千曲市が要望を続けている。

未開業区間[編集]

  • 小松駅
  • 加賀温泉郷駅
  • 芦原温泉口駅
  • 福井駅
  • 南越駅(仮)
  • 敦賀駅

このほか、金沢 - 小松間に白山駅(仮)設置が石川県白山市、野々市市、能美郡川北町、能美市の3市1町により計画されていたが断念となった[5]

[編集]

関連項目[編集]

  • 政治新幹線 - 政治家のエゴにより整備新幹線法に基づいて進められる整備新幹線の揶揄語。
  • 新幹線並行在来線問題 - 新幹線を運用するJRが並行在来線の不採算区間を切り離す問題