埼京線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア埼京線の項目があります。
Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちが埼京線の項目を面白おかしく執筆しています。
Usopedia logo new.pngウソペディアではウソペディアンたちが埼京線の項目をウソの才能を使って執筆しています。

埼京線(さいきょうせん)は、JR東日本の運転系統の1つ。路線記号はJA

概要[編集]

東京都の大崎駅から恵比寿駅渋谷駅新宿駅池袋駅板橋駅十条駅赤羽駅武蔵浦和駅を経由し、埼玉県の大宮駅に至る。

路線名称上は「埼京線」という路線は存在せず、大崎駅 - 池袋駅は山手線の貨物線、池袋駅 - 赤羽駅は赤羽線、赤羽駅 - 大宮駅は東北本線の別線にあたる。なお、山手貨物線区間では湘南新宿ライン成田エクスプレスなど、多くの列車が同じ線路を走行する。

大宮駅からは川越線川越駅まで、大崎駅からは東京臨海高速鉄道りんかい線新木場駅まで直通し、これらの区間を合わせて「埼京線」と呼ばれることもある。

各駅停車快速、通勤快速が運転されている。快速と通勤快速は、赤羽駅 - 大宮駅間のみで通過運転を行う。

車両[編集]

  • E233系電車 - 2013年6月から7000番台が投入開始され、2014年2月までに1編成を残して205系を置き換えた。残りの205系1編成も、2016年10月に営業運転を終了している。
  • 70-000系 - りんかい線の車両。

相鉄線との相互直通運転[編集]

2019年11月30日から、湘南新宿ライン横須賀線武蔵小杉駅相模鉄道本線西谷駅の間に連絡線を設け、相鉄線との相互直通運転が開始された。相鉄線方面からの列車は基本的に新宿駅までの乗り入れとなるが、朝ラッシュ時には大宮駅まで乗り入れている。