JR湖西線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
湖西線から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

湖西線(こせいせん)は京都府京都市東海道本線山科駅から滋賀県長浜市北陸本線近江塩津駅を結ぶ西日本旅客鉄道日本貨物鉄道鉄道路線である。

概要[編集]

線区の大部分が滋賀県に属する。琵琶湖に流出する小河川によって形成された沖積平野を高架で貫き、山地や丘陵はトンネルで貫く。踏切はない。コンクリート枕木、ロングレールを採用している。

開通までの経緯[編集]

明治以前、琵琶湖西岸は農業と漁業を細々と行う寒村が転々としていた。鯖街道若狭街道はあったものの、東岸の近江八幡市彦根市長浜市のような商業都市がなく、決して主要路線とは言い難かった。東海道本線北陸本線が開通すると関西と北陸以北との交通路は米原駅経由となり、湖西地区は忘れられた。1920年に大津と福井県の上中を結ぶ構想で江若鉄道が設立され、翌年、浜大津駅近江今津駅の間に江若鉄道線が開通した。その後、新幹線開業後も複線で据え置かれた東海道本線の輸送力が逼迫してきたので米原駅を通らない短絡線として琵琶湖西岸に計画された。建設に当たっては通過予定地で並行する江若鉄道線を路線用地として買い上げたが、実際に建設されたルートは線形を比較的直線に取ったため江若鉄道線のルートとは大きく異なる。これは高速運転を想定していたためである。

沿革[編集]

1987年4月1日国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道日本貨物鉄道鉄道路線となる。

路線形態[編集]

全線が複線電化の高架線である。そのためトンネル以外のほぼ全区間で琵琶湖を目にすることができる。また、直線区間が多く、踏切がないので140Km/hの高速運行が可能である。なお、営業最高速度は130km/hである。

沿線状況[編集]

全線にわたって国道161号が並行している。

運行状況[編集]

山科駅から近江塩津駅までの路線であるが、上り列車に山科行きの列車は存在しない。新快速や快速は京都駅から先東海道本線山陽本線JR京都線JR神戸線)まで乗り入れ、下り列車も多くが北陸本線に乗り入れている。比良駅付近で比良山地からの強風、いわゆる「比良おろし」が吹く影響で冬場にダイヤが乱れることが多い。

特急
北陸と関西を結ぶサンダーバードが運行されている。
新快速
毎時片道1本の運行。近江舞子駅以北は各駅停車。日中は敦賀駅まで乗り入れ。
快速
現在は下り朝通勤時/上り夕退勤時にそれぞれ1本の運行のみとなっている。新快速との違いはおごと温泉駅に停車することである
普通
京都 - 近江舞子間は日中毎時片道4本。近江舞子以北は近江今津折り返しが日中毎時片道1本。近江今津発朝発上りで福井行、米原行それぞれ1本ずつ、近江今津着下りで長浜発1本を運行。

[編集]

●は新快速停車駅。▲は快速停車駅。-は通過。

その他[編集]

北陸新幹線[編集]

北陸新幹線が湖西線に並行して建設する案があったが、小浜駅を経由するルートに決定した。

幻の延伸計画[編集]

山科駅から南に延伸して、稲荷駅新田駅経由で片町線松井山手駅に接続する延伸計画もあったが、実現しなかった。なお、片町線から先、新大阪駅に至るルートを再び分岐する構想だったが、これはおおさか東線で実現した。

関連項目[編集]