北海道新幹線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道旅客鉄道(JR北海道)
■ 北海道新幹線
基本情報
日本国旗.png日本
所在地青森県北海道
種類高速鉄道新幹線
起点新青森駅
終点新函館北斗駅(2016年3月26日時点)
駅数4駅(新青森 - 新函館北斗間)
開業2016年3月26日(新青森 - 新函館北斗間)
所有者鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運営者北海道旅客鉄道(JR北海道)
車両基地函館新幹線総合車両所
使用車両E5系、H5系
路線諸元
路線距離148.8 km
軌間1,435 mm標準軌
線路数複線
電化方式交流25,000 V・50Hz
架空電車線方式
最大勾配20.8 (既開業区間)
30 ‰(建設中区間)
最小曲線半径基本4,000 m
青函トンネル6,500 m
閉塞方式車内信号式
保安装置DS-ATC
最高速度260 km/h

北海道新幹線(ほっかいどうしんかんせん)とは、新青森駅から新函館北斗駅に至るJR北海道が運行する新幹線。

概要[編集]

新青森駅から青函トンネルを経由し新函館北斗駅までを結ぶ路線で2016年3月26日に一部開業。新青森駅で東北新幹線と直通し東京駅に乗り入れる。新函館北斗駅から札幌駅2030年開業予定で建設中である。

赤字[編集]

飛行機の方が早くて安く利用でき深刻な赤字運営が続き札幌まで全線が開業しても赤字が解消することはなく必要性がない路線であると言われている。青函トンネルの莫大な維持費と人口減少や景気の悪化などが重なりJR北海道の経営破綻が起こることも予測されている。





駅一覧[編集]

  • 接続路線はその駅で接続している路線(正式路線名)のみ記載する。
  • 新青森駅はJR東日本の管轄駅。
  •   青函トンネル内(竜飛定点 - 吉岡定点間)
  • 新青森駅と新函館北斗駅は全列車が停車。奥津軽いまべつ駅と木古内駅は通過列車あり。
駅名 新青森からの 東京からの 接続路線(乗換駅・備考) 所在地
営業
キロ

キロ
営業
キロ

キロ
新青森駅 0.0 0.0 713.7 674.9 ■ 東北新幹線奥羽本線 青森県 青森市
新中小国信号場 - 28.9 - 703.8 北海道新幹線・海峡線[* 1][* 2] 東津軽郡 外ヶ浜町
大平分岐部 - 29.4 - 704.3 新中小国信号場構内扱い。海峡線との共用区間始点。
奥津軽いまべつ駅 38.5 38.5 752.2 713.4 津軽線津軽二股駅:隣接) 今別町
竜飛定点 - 58.0 - 732.9 緊急時の避難施設および保線基地 外ヶ浜町
この間で津軽海峡を縦断する
吉岡定点 - 81.0 - 755.9 緊急時の避難施設および保線基地 北海道[* 3] 松前郡
福島町
湯の里知内信号場 - 101.5 - 776.5 貨物列車の待避施設 上磯郡 知内町
木古内分岐部 - 111.4 - 786.3 木古内駅構内扱い。海峡線との共用区間終点。 木古内町
木古内駅 113.3 113.3 827.0 788.2 sh01 道南いさりび鉄道線
新函館北斗駅 148.8 148.8 862.5 823.7 函館本線 北斗市
新八雲駅(仮称) 202.9 877.8 (函館本線八雲駅とは別位置) 二海郡
八雲町
長万部駅 235.9 910.8 室蘭本線・※函館本線 山越郡
長万部町
倶知安駅 290.3 965.2 函館本線 虻田郡
倶知安町
新小樽駅(仮称) 328.3 1003.2 (函館本線小樽駅南小樽駅などとは別位置) 小樽市
札幌駅 360.3 1035.2 函館本線
N 06 札幌市営地下鉄南北線H 07 札幌市営地下鉄東豊線さっぽろ駅
札幌市
北区[* 4]
  1. (JR北海道)と津軽線(JR東日本)の施設上の分岐点。
  2. 津軽線と海峡線の書類上・営業上の分岐点は中小国駅
  3. 松前郡福島町・上磯郡知内町・同郡木古内町・北斗市・二海郡八雲町・山越郡長万部町は渡島管内、虻田郡倶知安町・小樽市は後志管内、札幌市は石狩管内に所在。
  4. 駅ビルは札幌市中央区に所在。

外部リンク[編集]

日本の新幹線
JR北海道
北海道新幹線
JR東日本
東北新幹線 - 上越新幹線 - 北陸新幹線 (上越妙高以東) - 山形新幹線 (ミニ新幹線) - 秋田新幹線 (ミニ新幹線)
JR東海
東海道新幹線 - 中央新幹線 (建設中)
JR西日本
山陽新幹線 - 北陸新幹線 (上越妙高以西)
JR四国
鉄道ホビートレイン
JR九州
九州新幹線 - 西九州新幹線 (建設中)