しなの鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

しなの鉄道とは、長野県を走る鉄道路線を保有する会社。1997年10月からJR信越線の軽井沢〜篠ノ井を引き継いで運営している。


概要[編集]

長野オリンピック開催が決定し高速輸送が課題となった。そこで高崎から長野まで新幹線を作ることになったが経営が任されるJR東日本は当初 消極的であった。 そこで新幹線を任されるJRは新幹線と並行する在来線の不採算区間は切り離しても良いという条件ができた。これによりJR東日本が指定した不採算区間である群馬横川〜長野であった。このうち群馬横川〜軽井沢は群馬と長野の県境を跨いでるため利用が少なめ、大半が特急で普通列車は1日6往復しかなかったため群馬横川〜軽井沢は引き取り手もなく廃止されることになった。 長野県は、第三セクター会社を作ることにし、しなの鉄道が創設。ところが何を間違えたのか分離区間が長野から篠ノ井に短縮されたのだ。これには、反発の声もあったがオリンピックが迫ってるのか焦りでサッサと地元の同意を取り付けてしまう。 そしてオリンピックより1年早い1997年にJR信越新幹線開業と同時に初の新幹線並行在来線引受第三セクターである、しなの鉄道が開業。 初代社長に山極が就任したが県からの債権が嵩み赤字続きであった。 そこで県は債権の催促を放棄したため黒字転換。 HISから課長を引き抜くと社長に就かせた。 一時期は社長不在により常務が兼任していたがJ東日本からの役員を社長に迎える。さらに信越線の長野〜直江津のうち妙高高原まで引き継ぐことになって北長野〜三才に新駅計画があると近くを走る長野電鉄の信濃吉田や朝陽があることから競合の恐れがあることで長野電鉄役員を社長にし長野電鉄と調節を行う。 2015年に信越新幹線が上越妙高まで延伸開業し長野〜妙高高原を しなの鉄道信越線として開業する。

路線[編集]

  • 軽井沢線
愛称は しなの路線。1997年に軽井沢〜篠ノ井開業。
  • 信越線
愛称は 北しなの線。2015年に長野〜妙高高原開業。

関連項目[編集]

  • しなの鉄道 - JR信越線の長野〜妙高高原を引き継ぐ。
  • 信濃鉄道 - 松本と信濃大町を結び国有化された。これとは、別物である。
  • えちごトキめき鉄道 - JR信越線のうち妙高高原から直江津を引き継ぐ。
  • JR信越新幹線 - 高崎から長野を経て上越妙高に至るJR東の高速鉄道路線。
  • JR北陸新幹線 - 米原から金沢を経て長岡に至るJR西とJR東の高速鉄道路線。