西九州新幹線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア九州新幹線 (西九州ルート)の項目があります。

西九州新幹線(にしきゅうしゅうしんかんせん)は、福岡市鹿児島市長崎市を結ぶ整備新幹線計画(九州新幹線)のうち、福岡市(博多駅)と長崎市(長崎駅)を結ぶルートを指す。フル規格は武雄温泉から長崎の予定。

概要[編集]

計画当初は「九州新幹線長崎ルート」または単に「長崎新幹線」と呼ばれており、通過する佐賀県への配慮から後に「九州新幹線西九州ルート」とも呼ばれるようになった。有力議員の鶴の一声で長崎に新幹線を敷くこととなったが途中在来線区間を走るためフリーゲージトレイン(FGT)による運行が検討された。しかし、フリーゲージトレインの開発が思いの外難航しており、新鳥栖 - 武雄温泉間をどのように整備するかは再び棚上げされてしまった。そのため、博多駅 - 武雄温泉駅間の在来線特急と武雄温泉駅 - 長崎駅間の新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」で2022年度内に暫定開業することとなった[1][2]

マスメディア各社はリレー方式の場合、乗り換え時間を入れると時間短縮効果は限定的になるとしている。もっとも、マスメディア各社が現行の特急列車(かもめ)の所要最短時間としている1時間48分の列車[3]は、下り方向の博多22時台発の1本だけである。2017年12月現在のダイヤでは、下り方向全27本の列車のダイヤ上の平均所要時間は2時間2分弱、上り方向全26本については平均1時間58分弱、上下全列車を平均すると2時間0分弱である[4]。マスメディア各社が根拠に挙げる数字とはそれぞれ14分(下り)、10分(上り)、12分(全平均)の差があることになる。

佐賀県では長崎新幹線は反対されていた。並行在来線問題に依るところが大きかったのだが、開業してから20年間JR九州が運行を行い並行在来線のインフラを県に移管する上下分離方式で合意した。ちなみに長崎県内にある佐世保線の沿線住民は、直接佐世保市内に新幹線が通らないことや[5]、もし長崎ルートが開業しても佐世保への特急の運行本数は以前と変わらないことからあまり関心がない。この状況に対し、フリーゲージトレインの佐世保線直通で沿線にもメリットを与える案があり、佐世保市の経済界等から推進論が浮上してきているが、具体的効果および政治的決着の可能性ともに、長崎ルートと同様に未知数である。

毎日新聞社西部本社が2005年(平成17年)12月5日の朝刊紙面で公表した毎日新聞社世論フォーラム九州・山口8県男女1000人電話アンケート調査の結果によれば、九州新幹線長崎ルートの建設を不必要と考える県民の割合は、佐賀県で59%、長崎県で53%、福岡県で48%となっている。また長崎市長選当日である2007年(平成19年)4月22日に、長崎市内の投票所近辺で毎日新聞社によりアンケートが実施された。この結果、建設が必要と考える人が39%、不要と考える人が44%であった[6]

設置予定駅一覧[編集]

未着工区間[編集]

  • 2018年3月時点で新鳥栖駅 - 武雄温泉駅間の整備方式は検討中。(後述

着工区間[編集]

  • 2022年度内に武雄温泉駅で在来線とフル規格新幹線の対面乗り換え方式による暫定開業予定。
  • JRの路線名は、その駅に接続する予定の正式路線名のみを記す。
駅名 実キロ 接続路線 所在地
武雄温泉駅 0.0 九州旅客鉄道:佐世保線 佐賀県 武雄市
嬉野温泉駅
(仮称)
10.9   嬉野市
新大村駅
(仮称)
32.2 大村線大村駅とは別位置。駅内に大村線ホーム設置予定) 長崎県 大村市
諫早駅 44.8 九州旅客鉄道:長崎本線・大村線
島原鉄道島原鉄道線
諫早市
長崎駅 66.0 九州旅客鉄道:長崎本線
長崎電気軌道(長崎駅前停留場):本線(1号系統2号系統)・桜町支線(3号系統
長崎市
日本の新幹線
JR北海道
北海道新幹線
JR東日本
東北新幹線 - 上越新幹線 - 北陸新幹線 (上越妙高以東) - 山形新幹線 (ミニ新幹線) - 秋田新幹線 (ミニ新幹線)
JR東海
東海道新幹線 - 中央新幹線 (建設中)
JR西日本
山陽新幹線 - 北陸新幹線 (上越妙高以西)
JR四国
鉄道ホビートレイン
JR九州
九州新幹線 - 西九州新幹線 (建設中)


脚注[編集]

  1. “「九州新幹線(西九州ルート)の開業のあり方に係る合意” (PDF) (プレスリリース), 長崎県, (2016年3月29日), オリジナル2016年9月10日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160910011222/http://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2016/03/1459303406.pdf 2016年9月10日閲覧。 
  2. “九州新幹線長崎ルート 「リレー方式」で開業合意”. 毎日新聞. (2016年3月29日). オリジナル2016年4月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160411132457/http://mainichi.jp/articles/20160330/k00/00m/040/040000c 2016年7月2日閲覧。 
  3. “リレー方式 時短効果さらに限定”. 毎日新聞. (2016年2月25日. https://mainichi.jp/articles/20160225/k00/00m/040/160000c 2018年1月25日閲覧。 
  4. 肥前山口駅 - 武雄温泉駅間は単線のため、特急列車もしばしば行き違いのために運転停車をする。また使用車両は885系とそれ以外で曲線通過性能に差がある。
  5. 当初の計画では、前述の通り佐世保市の早岐駅を経由するルートであったが、時間短縮のために現在のルートに変更された。変更が公表された際に佐世保市関係者は反発したものの、「長崎新幹線早期開業を優先することが県全体の利益になる」という長崎県の説得を受け入れた。
  6. 『新幹線は必要か』(毎日新聞長崎版・コラム:2007年6月25日付)