大阪府

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

大阪府(おおさかふ)とは近畿地方にある日本都道府県。府庁所在地は大阪市

概要[編集]

東京都神奈川県に次いで全国3位の人口を擁する西日本の中心である。その一方で面積は香川県に次いで2番目に狭い。また、全国の約9.7%にあたる21万人の外国人が居住している。また日本第二の都市圏であるため府民の東京に対するライバル意識は強い。大阪を中心とした関西が落語や漫才といった独自の文化の発信地であることも影響しているといえる。

面積は全国で2番目に小さい。以前は現最小の香川県よりも小さかったが、埋め立てを繰り返している内に抜いてしまった。

大阪の地名の由来についてはもともと、現在の大阪城周辺が「小さな坂」であったことから「小坂」(おさか)と呼ばれていたのが、いつからか大坂と呼ばれ、さらに「土偏」は「土に返る」ということで死をイメージするので、幕末から明治にかけて次第に「大阪」が用いられるようになったという[1]

歴史[編集]

旧令制国の河内国和泉国摂津国の一部に相当する。古代は海路で九州や大陸から大和国に向かう際の近畿地方の玄関口として栄え、律令制下では摂津には国司ではなく特別に摂津職が置かれた。平安時代には大陸との交流が少なくなり一時衰退したが、中世に入るとが商人らが独自に自治を行う自治都市となり繁栄を極めた。また、豊臣秀吉大坂城を築き本拠とした時期は全国の政治・経済の中心地となった。関ヶ原の戦い以降、政治の中心は徳川氏が首府とした江戸に移っていったが、大坂には諸大名の蔵屋敷が置かれるようになり、三都の一つとされると共に、「天下の台所」と呼ばれ全国の流通の中心となった。元禄期には京都と並んで元禄文化の担い手を多く輩出した。 1868年の明治維新の際、幕府の天領だった大坂は他県より一足早く府県制が敷かれ、大阪府が設置される。これ以降も全国の産業の中心としての役割を担っており、関東大震災後には一時東京府の人口を超えて日本一の大都市となったが、その後東京一極集中が進むにつれてその地位は相対的に低下した。太平洋戦争では大阪大空襲により壊滅的な被害を受けたが順調に復興を果たし、1970年には日本万国博覧会(大阪万博)が開催された。

主な自治体[編集]

政令指定都市[編集]

[編集]

町村[編集]

文化[編集]

スポーツ[編集]

よく阪神タイガースが大阪の球団だと誤解されるが本拠地は兵庫県である。ただし「大阪タイガース」と名乗っていた時期もあり、府内にもファンが多いのは事実である。

プロ野球

オリックスバファローズ

Jリーグ

ガンバ大阪
セレッソ大阪

その他[編集]

大阪府のトイレットペーパーに「水に流れやすい」「贈り物にぴったり」という言葉をかけて「つまらないもの」と名付けられたものがある。

「大阪都構想」[編集]

中心都市の大阪市は人口820万人の政令指定都市であり非常に権限が強いことから常々大阪府と意向が衝突し、二重行政の弊害が指摘されてきた。具体的には水道事業や公共施設を府市が競うように各々で整備し、統一的な運用が困難であったことなどである。このため大阪市の一部の権限を大阪府が吸い上げ、東京都のように特別区を設置してこの弊害を解消しようとする動きが度々あった。これが「大阪都構想」である。一方大阪市は逆に市の権限を強めて二重行政を解消する「スーパー政令市(または特別市)構想」を提唱してきた。双方の思惑が一致せずこの構想は進んでいなかったが、近年都構想推進派の橋下徹が知事(のちに市長)に就任して以来急速に構想が具体化してきている。

脚注[編集]

  1. 谷川『知らなかった!都道府県名の由来』P173

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]