日本国有鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
社章。Japanese National Railwaysの略である「JNR」の文字がデザインしてある。
シンボルマーク(Iマーク)

日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう)とは、日本国有鉄道法に基づき日本国有鉄道が経営していた公共企業体である。いわゆる三公社五現業の一つである。通称は国鉄(こくてつ)。1987年に分割民営化され、事業は旅客鉄道会社、貨物鉄道会社、その他の関連会社に引き継がれて、国鉄時代の債権債務は国鉄清算事業団に引き継がれた。

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが日本国有鉄道の項目をおカタく解説しています。

概要[編集]

鉄道開業以来、鉄道省などの政府官庁によって経営されていた鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国の事業体として1949年(昭和24年)6月1日に発足した。すなわち、日本国有鉄道は当時の運輸省の外郭団体であった。

国鉄末期はサービスが悪いというイメージが定着していた。大手私鉄に比べて「ダイヤが不便・車両が古い・駅が古い・照明が薄暗い」などが当たり前になっており、特に接客態度が悪いことが客の間で不満となった。また副業を直接行うことが制限されたため百貨店や不動産業などを手掛けられず、私鉄沿線と比べて豊かさに乏しいイメージが強かった。

1987年4月1日国鉄再建法により分割民営化された。

民営化されるとJR東日本JR西日本はサービスが大幅に改善され、さらに主なターミナル駅を中心に「ルミネ」など百貨店やショッピングセンターを運営するようになった。
また、京浜間や阪神間などで私鉄と対等の所要時間になり車両も私鉄より設備が良くなったが、名岐間でJR東海の一方的な優勢状態となり、国鉄分民化前より車両レベルが落ちた名鉄富山地方鉄道福井鉄道といったJR並行民鉄の一部で負の面が現れ、バブル崩壊後はJR東日本でセミクロスシートが減少するといった一部鉄道ファンに低評価な施策が行われている。

発足以前の鉄道事業官庁[編集]

  • 工部省鉄道寮
  • 内閣鉄道局
  • 内務省鉄道庁
  • 逓信省鉄道局
  • 帝国鉄道庁
  • 内閣鉄道院
  • 鉄道省 (1920年 - 1943年)
  • 運輸通信省 (1943年 - 1945年)
  • 運輸省 (1945年 - 1949年)

開発車両[編集]

日本国有鉄道の車両を参照。

関連項目[編集]