総武快速線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
E217.jpg

総武快速線 (そうぶかいそくせん、英:Sobu line Rapid Service) は、総武本線のうち、東京駅錦糸町駅千葉駅の快速線のことを指す。駅ナンバリングはJO

概要[編集]

東京駅方面は横須賀線、千葉駅方面では内房線外房線成田線総武本線と直通運転を行っている。また、錦糸町から総武緩行線・中央快速線を経由する特急「あずさ」も運行されている。

東京駅~錦糸町駅の間は地下を通り、錦糸町駅から千葉駅まで中央・総武緩行線と並走の線路別複々線となる。ただし、成田エクスプレス等特急列車が多いため、市川駅などでしばし待避を行う。そのため、区間によっては各駅停車と所要時間がほぼ変わらないこともある。[要出典]

沿革[編集]

前史[編集]

快速線増設前、1968年成田線・総武本線の千葉〜成田間、内房線の千葉〜木更津間電化に伴い、現在の総武緩行線を使って、101系を用いて、中野発着で御茶ノ水〜千葉間で通過駅のある快速電車が運行されていた。

複々線化後[編集]

  • 1972年7月15日 - 錦糸町〜津田沼間で快速線が増設され、113系を用いて総武快速線電車が運行開始。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


駅一覧[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


使用車両[編集]

快速列車[編集]

現在
グリーン車が連結されている。
過去

特急列車[編集]

現在
しおさいや臨時特急に使われている。
成田エクスプレスで使用されている。
千葉駅まで乗り入れるあずさに使用。
過去

関連項目[編集]

その他[編集]

脚注[編集]


JO 横須賀線総武快速線の駅一覧
(久里浜 - 大船間 : 横須賀線、大船 - 東京間 : 東海道本線、東京 - 千葉間 : 総武線
久里浜 - 衣笠 - 横須賀 - 田浦 - 東逗子 - 逗子 - 鎌倉 - 北鎌倉 - 大船 - 戸塚 - 東戸塚 - 保土ケ谷 - 横浜 - 新川崎 - 武蔵小杉 - 西大井 - 品川 - 新橋 - 東京 - 新日本橋 - 馬喰町 - 錦糸町 - 新小岩 - 市川 - 船橋 - 津田沼 - 稲毛 - 千葉(>>成田成東君津上総一ノ宮方面