福井鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福井鉄道(ふくいてつどう)は、福井県でバスや鉄軌道などを展開する交通事業者である。略称は福鉄(ふくてつ)。社名が示す通り、越前市(旧武生市)から福井市までの鉄軌道事業も営むが、バス事業が主力となっているため、鉄軌道事業は存在感が薄いとされる。

概要[編集]

現在所有する鉄軌道路線は福武線と福井駅支線であり、越前市にある越前武生駅から福井市にある福井駅と田原町駅を結び、福井市街に軌道法準拠の併用軌道区間が存在する。

かつては南越線(社武生駅から戸ノ口駅 ※ただし全廃時点では社武生駅から栗田部駅)や鯖浦線(鯖江駅から織田駅)も運行していたが、いずれも廃線となっている。
南越線は北陸自動車道の武生インターの北を通っていた。そのインターを南に挟み、北陸新幹線の南越駅(仮称)が計画されている。南越駅は新幹線のみの誰も気にしない単独駅の予定だが、もし南越線が北陸新幹線の金沢駅から敦賀駅開業時までに存続していたとしたら、南越駅は南越線と交差する部分に設置されていた可能性が高い[1]

鯖江商工会議所と、福井市出資の第三セクター「まちづくり福井」が筆頭株主。

鉄道路線[編集]

  • 福武線(越前武生 - 赤十字前 - 花堂 - 市役所 - 田原町)
今までも田原町駅構内の末端はえちぜん鉄道三国線と接しており接続できそうだったが、最近実際に接続された。
赤十字前駅の北に鉄軌分界点があり、商工会議所前駅以北は併用軌道で低床ホームとなっている。
通称、ヒゲ線。

廃線[編集]

  • 南越線(社武生 - 粟田部 - 戸ノ口)
岡本新ではスイッチバック。末期には社武生 - 栗田部に短縮された。
  • 鯖浦線(鯖江 - 水落 - 西田中 - 織田)
末期は水落〜西田中に短縮。

車両[編集]

現有車両
過去の車両
2007年以降に引退した車両
  • 200形:自社発注のステップ付き高床車。2017年、事実上引退
  • 800形:部分低床の元名鉄複電圧車。2019年、豊橋鉄道に譲渡
  • 610形:600形と同様の高床車で2両固定。2018年、廃車解体
導入予定車両
  • F2000形 - 2023年以降導入される3車体連接の低床LRV。愛称は「FUKURAM Liner(仮)」

バス事業[編集]

福井県の福井市からおおい町までの各地にバスを運行している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 1988年に開業の新尾道駅も付近に尾道鉄道線(1984年廃線)が通じ、2010年開業の七戸十和田駅も地元は南部縦貫鉄道をアクセス鉄道に用いることを前提にしていた。その一方、1988年開業の新富士駅や1990年開業のくりこま高原駅は既存鉄道を考慮せずに開業した。土建業にとって、既存鉄道との接続はどうでも良い話。
運輸事業
鉄道
バス
タクシー
運送
航空
自動車
サービス事業
ホテル
旅行
レジャー
飲食
不動産
流通事業
デパート
ストア
その他の事業
保育
介護
商社
教育
建設
環境
保険
システム
広告
警備
サービス
過去の事業
運輸
ホテル
レジャー
その他
関連施設
関連項目
他事典リンク¦ウィキペディア¦ピクシブ百科事典¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク¦Chakuwiki.miraheze.org