北陸鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア北陸鉄道の項目があります。

北陸鉄道(ほくりくてつどう)とは、石川県金沢市割出町に本社を置くバス・鉄道事業者である。略称は北鉄(ほくてつ)。

概要[編集]

金沢市および金沢市近郊で路線バスを運行している。以前はほぼ県内全域にバス路線を有していたが、現在金沢市および金沢市近郊以外の地域での運行については分社化による子会社への路線移管が進んでいる。その他、県外各地へ高速バスを運行している。

鉄道事業も行っており、北鉄金沢駅内灘駅を結ぶ浅野川線と野町駅と鶴来駅を結ぶ石川線の2路線がある。 かつては国鉄の七尾線羽咋駅および北陸本線松任駅、寺井駅、小松駅、粟津駅、動橋駅、大聖寺駅の計7駅に接続する路線と金沢市内に軌道線を有していたが、1955年昭和30年)以降利用者減少により相次いで路線の廃止・縮小が行われた。金沢市内線を廃止した翌年の1968年(昭和43年)には、鉄道路線の全廃の意向を表明したものの地元住民や自治体の反対にあっている。1987年(昭和62年)4月の金名線廃止以降現在の2路線のみとなったが、石川線では2009年(平成21年)11月1日付で鶴来 - 加賀一の宮間が区間廃止されている。

かつて県内各地に路線を有していたのは、もともと別会社であったものを1943年(昭和18年)に国策の戦時統合により併合させられたことによる。社風の異なる会社が合併したことにより戦後の高度成長期にストライキが頻発し列車、バスの運行が行われないなどの問題もおこった。その後会社として機能不全の状態に陥ったため、国の通達により名古屋鉄道の子会社となり支援をうけることとなった。そのため現在も筆頭株主は名古屋鉄道である。

バス事業[編集]

金沢市および金沢市近郊で路線バス、加賀地域(小松空港、加賀温泉郷)および能登地域に特急バス、県外各地に高速バスを運行。

鉄道事業[編集]

以下の2路線は互いに繋がっていないが、路線バスにより野町 - 北鉄金沢間の接続が可能である。

外部リンク[編集]