毎日新聞

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毎日新聞(まいにちしんぶん)は、毎日新聞社が発行する新聞のひとつである。東京で最初の日刊紙発行。蔑称は変態新聞在日新聞反日新聞等。主張は反日新聞と揶揄されているのとは対照的に至って中道リベラルである。発行部数としては読売新聞朝日新聞にやや離されており、ブロック紙の中日新聞(東京新聞ほかを含む)を下回っている。

歴史[編集]

1872年明治5年)2月21日。日報社は東京日日新聞(毎日新聞の前身)を浅草で創刊[1]

1875年(明治8年)、新聞の戸別配達を開始、世界初であった。

明治9年(1876年)、日報社、『中外物価新報』の印刷発行を三井物産から受託する。

明治44年(1911年)、大阪毎日新聞社は日報社を合併する。同年、大阪毎日新聞と東京日日新聞が合併し、全国紙に向かう。

1943年昭和18年)、大阪毎日新聞、東京日日新聞の題号を毎日新聞に統一した。

昭和41年(1966年)、東京本社を有楽町からの竹橋(パレスサイドビルディング)に移転した。

昭和52年(1977年)、株式会社毎日と株式会社毎日新聞社に会社を分離し、登記上の本店を大阪から東京に移転した。

会社概要[編集]

  • 会社名:株式会社 毎日新聞社
  • 英字名:The Mainichi Newspapers Co.,Ltd
  • 創刊:1872年(明治5年)2月21日
  • 資本金:41億5000万円
  • 代表者:代表取締役社長 丸山昌宏
  • 事業内容:日刊新聞の発行、雑誌や書籍の発行、デジタルメディア事業の展開、スポーツや文化事業の企画開催、その他各種の事業
  • 発行部数:全国 朝刊 2,824,325部[2]

特徴[編集]

  • 全国紙では唯一、ほぼ全記事が取材記者の氏名を記載している。ウェブ版でも同じ。
  • 旧石器捏造事件、大相撲八百長問題など、スクープの実績も多いが、その取得過程や報道による影響が問題とされたこともしばしばある(西山事件大淀病院事件など)。

不祥事[編集]

  • 1989年6月1日、グリコ・森永事件の重要参考人の事情聴取があった事を報道したが、内容が虚偽であることが発覚した。この影響で岩見隆夫編集局長(当時)が引責辞任し、10日に「行き過ぎた紙面と自戒」と捏造を認めて謝罪した。
  • 2003年5月1日、中東を取材していた写真部の記者・五味宏基が無断でクラスター爆弾の不発弾を持ち帰ろうとしてヨルダンのクィーンアリア空港で爆発して空港職員が死亡する事件を起こした。五味は現地で逮捕され、実刑判決を受けたが、6月17日に恩赦で帰国。帰国後に懲戒解雇された。当時アメリカで話題になっていた爆弾テロ犯の名前と引っ掛けて、日本のネットでは「ゴミボマー」と渾名されて非難された。
  • 2005年12月28日、年末にJR羽越線で竜巻が原因で発生した車両転覆事故に対し、「風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ」とする論調の社説を掲載、論説委員の個人的感情による精神論が過ぎると批判を受けた。
  • 2008年に英語報道サイト「Mainichi Daily News」内のコラム「WaiWai」において不正確・卑猥な記事を長期間掲載していたことが問題化、同コラムは閉鎖された。この事件から前述した「変態新聞」との揶揄が広まっている。
  • 航空部に所属していた取材ヘリコプターが、1984年に兵庫県明石市で朝日放送がチャーターしたヘリコプターと、1994年に大阪府泉佐野市で朝日新聞の取材ヘリコプターと、それぞれ空中衝突事故を起こし、相手側のヘリコプターの乗組員6人が死亡している。
  • ここで列挙された以外にも偏向報道捏造、感情的な社説等が物議を醸した事例はたくさんある。

参考文献[編集]