富山県

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア富山県の項目があります。

富山県(とやまけん)は、日本都道府県の一つ。

概要[編集]

県庁所在地は富山市。面積は4,247.62km²(県境が未確定な部分がある)。新潟県長野県岐阜県石川県と隣接している。かつての越中国の部分に当たる。県庁所在地である富山市は広い総面積に対し、可住地面積比率は38.2%で、市域の約6割が林野地となっているなど、自然豊かな市区町村である。また、環境未来都市、国際会議観光都市国連エネルギー効率改善都市レジデント・シティに選定されている。市内の多くは立山黒部ジオパークに、南東部は中部山岳国立公園に指定されている。同市は2011年よりインドネシアバリ島小水力発電施設の設置事業を推進するなど、国際的な環境事業に力を入れており、2017年2月2日には日本の中核都市としては初めて国際協力機JICAと人材交流や技術協力などの協定を結んでいるなど滋賀県を上回る環境先進県としても過言ではない。同市は県のプライメイトシティとして機能している。

実態[編集]

しかし、その一方で閉鎖的で幼稚な自県自慢主義者が日本一多い県だと他県からは評価されている。それ故に低能バカであるにもかかわらず自分こそ正義だと思い違いしている自己愛性人格障害者が日本一多い県でもあるといった指摘もある。蔑称は「"クソ"山県」、「フラフラ県」、「アホ山県」など。 自己愛性人格障害者が最多の如く頑固で粘着質であり、他県(特に隣県の石川県、新潟県)の失敗はいつまでもねちねちと攻撃する習性があるが、自県の失敗は論点すり替えと屁理屈によって常に正当化し続けるといったダブルスタンダードな姿勢が顰蹙を買っている。 それらの証拠に当県発祥の工具メーカー不二越の会長の本間博夫が、同社が2017年7月5日に開いた同年5月中間決算の会見に於いて、「富山県生まれの人は極力採用しない」との趣旨の発言をしていたことが明らかになり、それに反発する富山労働局は「公正な採用選考の観点から不適切」との見解を示しており[1]、本間は同年7月25日付で、謝罪のコメントを同社ウェブサイトに掲載した[2]

他県からは「出しゃばりで、ともかくどこでも目立ちたがる。クソみたいな婉曲を行ったり、立山という山の世界遺産(文化遺産)登録を目指したり、「きときと」をはじめとした方言を、『広辞苑』に収めたり、やりたい放題である」といった指摘がある。

尚、当県は人情の「に」の字も知らない屁理屈野郎の集団なので、他者攻撃になっている自覚すらせずに平気で他者攻撃を繰り返す屑集団でもある。 また、当県は異常なくらいの気象ヒステリー県[3]であり、「台風自体が社会に与える影響は香港での逃亡犯条例改正案を巡る大規模デモの何百兆倍」、「プラスチックごみの廃棄は戦争犯罪の何百倍稚拙だ」などといった気違いじみた妄言を平気で立てるのが特徴。

石川県に対しては石川県議会で富山の水害復旧が放置された上に必要経費を石川側に独占されたことを逆恨みしており旧越中国全域を分離独立させる形で現在の富山県を成立させ、石川県への挑発を目論んでいる。しかし、石川県自体クソ都道府県には違いないが、富山県よりはまだましだと思っている人々が多いようで、殆どうまく行っていない。

地理[編集]

市区町村[編集]

合併などを経て市区町村の数は15。これは都道府県の中では最も少ない。

富山地区[編集]

新川地区[編集]

高岡地区[編集]

歴史[編集]

明治時代に入って廃藩置県によって富山藩の領域の大部分が富山県となる。

経済・産業[編集]

産業[編集]

富山県は古来より米所であった。特筆すべき資源として、豊富な水資源とそれを利用した水力発電がある。富山県は明治から昭和にかけてこの電力を生かして第一次産業から第二次産業、つまり日本海側屈指の工業地域(北陸工業地域)へと産業転換を果たした。第三次産業の情報処理業はインテックなど企業向けが中心である。一方で美術アートデザイン)への関心が比較的高く、多くの美術館や、地方としては珍しいアニメ制作会社P.A.WORKS)がある。

第一次産業[編集]

農地は減少傾向にあるが、耕作地における水田率は全国1位 (95.9%)。明治時代から続く砺波地区やその後に発展した入善地区おいてはチューリップの栽培が盛んであり、異彩を放っている。北部に占める富山湾の恩恵により、漁業も盛んであったが、近年は定置網漁を除く、その他の漁業は衰退の傾向にある。しかし、国民のグルメ指向と輸送時間の短縮化により、従来は移送が不可能であったシロエビなど、今まで売れなかった商品が注目されている。

  • 農業:米、砺波のチューリップ、福光の干し柿、入善のジャンボ西瓜(黒部西瓜)
  • 漁業 - 富山湾は「天然のいけす」と呼ばれるほど豊かな漁場で[4]、漁業や魚介類を使う水産加工・食品産業(鱒寿司など)が発達している。他県に無い特色としては伝統的なブリ定置網漁、日本唯一の群泳海域を持つホタルイカ漁、保存技術の発達で可能になったシロエビ漁など。また、元々は捨てられていたゲンゲ(幻魚)は網に掛かったものが食用とされている。カニ籠漁は魚津が発祥である。
  • 林業 - 山の大半が国立公園のため、あまり盛んではない。

生活・交通[編集]

警察[編集]

消防[編集]

単独設置
組合設置

交通[編集]

空港[編集]

道路[編集]

道路整備率は75.7%(2006年)と全国で最高水準にある[5]。その一方で混雑率は大都市圏よりずっと低く(1,079台/124時間)[5]、全国で最も快適に自動車生活を送れる地域の一つである。

文化[編集]

スポーツ[編集]

野球[編集]

野球の独立リーグであるBCリーグ(ベースボール・チャレンジ・リーグ)に初年度の2007年シーズンから参加。富山県のチームとしては、富山サンダーバーズが存在する。

富山県を舞台とした作品[編集]

ここでは記事のある作品だけを扱う。詳しくは富山県を舞台とした作品一覧参照。

アニメ[編集]

漫画[編集]

交通[編集]

鉄道線[編集]

2015年3月13日までは、JR北陸本線が東西を貫いていた。翌日、北陸新幹線が開業し、並行在来線となった北陸本線はJRから経営分離され、富山県内はあいの風とやま鉄道線となっている。

観光地[編集]

姉妹州省・提携州省・姉妹都道府県[編集]

このほか、後述するように製薬産業が盛んな共通点で協力するため、スイスバーゼル=シュタット準州バーゼル=ラント準州と交流協定を結んでいる[6]

脚注[編集]

  1. 不二越 「富山の人は極力採用せず」 地元機械メーカー会長 毎日新聞 2017年7月15日
  2. 不二越会長 「富山採らぬ」謝罪 HPで 毎日新聞 2017年7月26日
  3. 前述のように自然豊かで常に自然の猛威と向き合っている自治体である反動からか
  4. 天然のいけす富山湾を知る富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」(2018年10月11日閲覧)。
  5. 5.0 5.1 国土交通省 道路統計年報
  6. 「バーゼルと医薬品で交流協定」日経産業新聞』2,018年8月28日(医療・ヘルスケア面)2018年10月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]