東京都

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
とうきょうと
東京都
日本国旗.png日本
地方関東地方
人口13,292,981(2015年時点) 人
面積1,329 km2
人口密度6,070 人/km2
公式サイトwww.metro.tokyo.jp
備考日本の首都(事実上)
Wikipedia-logo.png東京都
東京タワーから見た東京都の風景。

東京都(とうきょうと)は、日本首都[1]であり、田舎人の憧れである。大抵の田舎人は、新幹線から降りたとたんに卒倒する。関東地方に位置する東京都区部(東京23区)多摩地域(市部、西多摩郡)、島嶼部大島支庁三宅支庁八丈支庁小笠原支庁)を管轄する広域地方公共団体都道府県)の一つである。都庁所在地は新宿区東京と表記する場合もある)。

概要[編集]

昭和18年(1943年7月1日東京府東京市廃止し、東京都を設置する東京都制が施行されることで成立した。

当時は太平洋戦争期であり、戦時体制の強化を目的に、首都行政の一元化、行政の効率化を目的とした。官選の初代長官には元内務官僚の大達茂雄が就任し、食料確保と糞尿の処理が緊急の課題であった。

人口は13,363,004人(推計人口、2014年7月1日)これは日本の全都道府県で最も多く、国で換算しても68位のカンボジアの14,138,255人(2011年)に次ぐ順位となっている[2]。都庁所在地でもある東京都区部東京23区)の他、多摩地域および伊豆諸島小笠原諸島を管轄している。小笠原諸島の沖ノ鳥島南鳥島は、それぞれ日本最南端、最東端である。また、2014年現在、日本で唯一都制を敷いている都道府県である。隣接地域には神奈川県埼玉県千葉県山梨県がある。2020年には東京オリンピックが開催されるが土壌汚染問題が問題となっている。

区市町村[編集]

東京都の区域内には、基礎自治体として以下の23区・26市・5町・8村の区市町村がある。

東京都区部 足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区台東区中央区千代田区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区
多摩地域 市部 昭島市あきる野市稲城市青梅市清瀬市国立市小金井市国分寺市小平市狛江市立川市多摩市調布市西東京市八王子市羽村市東久留米市東村山市東大和市日野市府中市福生市町田市三鷹市武蔵野市武蔵村山市
西多摩郡 奥多摩町日の出町瑞穂町檜原村
東京都島嶼部 大島支庁 大島町利島村新島村神津島村
三宅支庁 三宅村御蔵島村
八丈支庁 八丈町青ヶ島村
小笠原支庁 小笠原村

歴史[編集]

今でこそ日本の首都であり、47都道府県において人口も最も多いが、安土桃山時代以前の江戸は人口も少なく非常に貧しい地域だった。後北条氏滅亡後の1590年になり、駿府から移封されてきた徳川家康がこの地を開拓、城下町の整備に尽力した。家康が天下人となってからは江戸幕府の政治の中心として整備が進み、当時名目上の首都だった京都をも上回る人口を誇る都市へと発展。18世紀には世界一の人口を誇る百万都市となり、現在に至るまで世界最大級の都市・都市圏を形成している。

経済[編集]

2009年度の東京都の都内総生産は85兆2016億円[3]であり、日本の国内総生産1/6以上を占めている。ドルの為替レートで換算すると1兆ドルを超えており、最新のニューヨーク市の市内総生産の6014億ドル(約50兆円)[4]上海市の市内総生産の1兆6872億元(約21兆円)[5]をも圧倒している。東京都は都市GDP世界1位であり、国のGDPと比較しても世界第14位前後となり、メキシコ韓国などの国とほぼ同じ経済規模を持っている[6]

人物[編集]

Category:東京都出身の人物参照

脚注[編集]

関連項目[編集]


東京都区部足立区 / 荒川区 / 板橋区 / 江戸川区 / 大田区 / 葛飾区 / 北区 / 江東区 / 品川区 / 渋谷区 / 新宿区 / 杉並区 / 墨田区 / 世田谷区 / 台東区 / 中央区 / 千代田区 / 豊島区 / 中野区 / 練馬区 / 文京区 / 港区 / 目黒区
多摩地域
市部昭島市 / あきる野市 / 稲城市 / 青梅市 / 清瀬市 / 国立市 / 小金井市 / 国分寺市 / 小平市 / 狛江市 / 立川市 / 多摩市 / 調布市 / 西東京市 / 八王子市 / 羽村市 / 東久留米市 / 東村山市 / 東大和市 / 日野市 / 府中市 / 福生市 / 町田市 / 三鷹市 / 武蔵野市 / 武蔵村山市
西多摩郡奥多摩町日の出町瑞穂町檜原村
東京都島嶼部
大島支庁大島町利島村新島村神津島村
三宅支庁三宅村御蔵島村
八丈支庁八丈町青ヶ島村
小笠原支庁小笠原村