肥薩おれんじ鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肥薩おれんじ鉄道(ひさつおれんじてつどう)は、熊本県八代市にある八代駅から鹿児島県薩摩川内市にある薩摩川内駅を結ぶ鉄道を所有する第三セクター会社。


概要[編集]

2002年10月31日に設立された鹿児島線 八代〜薩摩川内を引き受けるための熊本と鹿児島の2県に跨る第三セクターである。 現在のところ新幹線開業に伴い開業した三セクで2県跨ぐ長距離路線は当社のみ。当社線開業以降に開業した三セクは県境を越えるものの県境分割であり越境したところに自社管理駅はない。(例えばIGRいわて銀河鉄道の終点は青森県にある目時駅だが青い森鉄道の管轄。) 2004年3月13日にJR九州新幹線開業に伴いJR九州から八代〜薩摩川内間を引き受け開業したが、 もともと利用客が少数かつ微量だが利用減少してるため当初から赤字つづきであった。 もっとも鹿児島線の薩摩川内〜西鹿児島(現:鹿児島中央)は分離されずJR九州に残留されたため関係各所から""苦いとこは捨て甘いとこだけ持っていくな!""と批判が相次いだ。もし ここが当社になったら少しはマシとされた。利便性高めるため熊本〜鹿児島中央まで快速スーパーオレンジを走らせている。 当社線は全線電化であるもののJR貨物列車だけのために維持しているため利用が少数なこともあって節約のため自社列車は全てディーゼルカーによる運行である。 これは、社長が2015年3月14日に開業のえちごトキめき鉄道の社長であったため同社線にも生かされている。

また2011年3月に新幹線は博多まで伸びたがJR鹿児島線の博多〜八代は分離されずJR九州に残った。

[編集]

JR線でなく第三セクター会社線なため青春18きっぷ は 当然ながら効力はない。 そのため八代から鹿児島へは遠回りなJR肥薩線しか気軽に利用できなくなった(そもそも こっちが旧鹿児島線なのだが)。

だが当社では青春18きっぷ 提示で当社線を利用できるフリーパスを2000円くらいで販売しているため 当社線を利用するときは 当社線の駅、電車内でフリーパスを使用することとなる。

列車は殆どがワンマン運転で後ろ乗り前降り精算方式なため これはバスのようなものである。 ただし駅員のいる駅では全ドアが開閉する。