Enpedia:プライバシー・ポリシー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
  • 注意: このページの情報は一部が古くなっています。
  • #Cookie の取り扱いについて : Google Adsense (広告配信サービス)にて Cookie が用いられています。
  • これらの一部はコミュニティによる方針としての承認を受けていません。
  • 定義等については、Enpedia:免責事項 に定められているものを用います。
  • このページでは、Enpediaにおけるプライバシー・ポリシー(個人情報の取り扱い方針)について、記載します。
  • 個人情報とは、個人の特定が可能となりうる情報を指します。具体的には、氏名、電話番号、メールアドレス、住所等です。
  • また、個人情報の取得が可能となりうる情報も、個人情報として含まれる場合があります。

接続

  • 当サイトへアクセスした際に、ウェブサーバーに対して送られる情報(閲覧対象のページ情報、IPアドレス、時刻、参照元情報(リファラ)、ユーザーエージェント等)は、サーバー管理者のみ閲覧可能であり、それらの情報が意図的、過失を問わず、公開された、もしくは漏洩した場合においても、サーバー管理者、特別権限保持者、登録利用者、及び編集者は、一切の責任を負いません。意図的に公開される場合においても、対象となる利用者への同意なく開示されうる可能性もありますことを、予めご了承ください。
  • 当サイトへの接続時、利便性・操作性の向上等のために、アクセス解析によって、Enpedia のスタッフなどが、それらの情報にアクセスする場合があります。また、アクセス解析によって得られた情報は、個人が特定されない形で公開される場合があります。

操作と履歴

  • 当サイト上にて、何らかの記録やページの履歴に残る操作(アカウントの作成、新規投稿、ページの編集、ファイルのアップロード、ページやファイルの移動、削除、ブロック、保護等)を行った際、IPアドレスとユーザーエージェント、時刻、操作対象、操作実行者の情報(以下、これら5つを操作時接続情報と記す)が、データベースへと記録されます。また、操作時接続情報の一部(操作対象、操作実行者、時刻)は、一般に閲覧可能な状態で記録されます。
  • アカウントを登録せず、もしくはアカウントへのログインを行わずにそれらの操作を行った際、操作実行者の情報へ利用者名の代わりに、IPアドレスが記録されます。IPアドレスの一般公開を望まない場合、アカウントを作成し、そのアカウントにログインの上で操作を行ってください。故意、過失を問わず、ログインを行わない状態にて何らかの操作をおこなったことによってIPアドレスが公開の記録や履歴に記録された場合でも、特別権限保持者、登録利用者、及び編集者は、一切の対処を行う義務を負いません。
  • アカウントを作成し、そのアカウントにログインした状態で操作を行った場合でも、Enpediaのスタッフチェックユーザー(利用者調査者)等、一部の利用者は、全ての操作時接続情報へのアクセスが行えます。これらの情報は、当プライバシー・ポリシーに定める範囲内において、それらの権限を持つものが開示・公開することができるものとします。

アカウント情報

  • アカウント作成時に記録される操作時接続情報は、Enpediaのスタッフ、及びチェックユーザー等の一部の利用者により、閲覧可能です。
  • アカウントパスワードは、データベース内で暗号化されて保存されるため、元のパスワードをスタッフやチェックユーザー、その他の特別権限保持者、登録利用者、及び編集者が知ることはできません。それらの管理は、アカウント作成者自身の責任において、厳重に管理してください。パスワードを漏洩させた、もしくは漏洩した場合、特別権限保持者は、そのアカウントからの操作を一切受け付けない処置をとることができるものとします。
  • アカウント登録時、もしくは個人設定に入力された、パスワードを除く情報、及びウォッチリストに追加されたページ名は、メールアドレスを含み、一部のEnpediaスタッフによって閲覧・変更・削除することができます。それらの情報の開示・公開は、後述の規定に当てはまる場合を除き、行いません。

操作時接続情報の取り扱い規定

  • 本条項では、Enpediaスタッフ、及びチェックユーザー(利用者調査者)等がチェックユーザー(利用者調査)機能(以下、チェックユーザー機能と記す)を用いて閲覧・取得することのできる、公開の制限された情報の取り扱いについて規定します。また、データベースから直接閲覧した場合でも、本条項にて規定された情報である場合、それらにも適用します。
  • この条項への違反が確認された場合、当該利用者はそれらの権限を剥奪される、もしくは永久にEnpediaへの参加を禁じられる可能性があります。
  • この条項の改訂には、必ずスタッフの承認を必要とします。
  1. チェックユーザー機能の使用が認められる場面については、Enpedia:チェックユーザーの方針 にて定めるものとします。
  2. チェックユーザーによって得られる(データベースからの閲覧を含む)、一般には公開されない操作時接続情報(アカウント登録済み利用者のIPアドレス、及びそのIPアドレスより得られたリモートホスト、ユーザーエージェント、XFF等)について、外部へ公開・開示する場合、下記の何れかに当てはまる場合に限ります。
    1. 捜査等の目的により、裁判所、警察、検察等の司法機関からの正式な開示要請があった場合、当該機関への開示。
    2. 最上位スタッフによる承認があった場合、当該スタッフによって承認された範囲に限った情報の開示・公開。
    3. スタッフの方針に定められた、決定権行使に関する規定の合意によって承認された範囲内での開示・公開。
    4. 公開・開示対象となる利用者によって同意が得られた範囲内での開示・公開。

記録された情報について

  • Enpediaでは、記録された全ての情報について、厳重に管理するようにしていますが、何らかの障害等やセキュリティホールによって、記録された情報が改ざん、漏洩、消失した場合でも、一切の責任を負いません。
  • アカウントについて、登録された時点において、登録者の意思において自由に削除することはできません。また、スタッフやその他特別権限保持者、登録利用者、及び編集者は、それらの削除に応じる義務は負わないものとします。

Cookie の取り扱いについて

  • 当サイトでは、登録済みの利用者としてログインする際に Cookie を用いてログインした端末を特定します。
  • 当サイトでは、アクセス解析を用いています。そのため、アクセス解析のための Cookie がクライアントに保存される場合があります。
[未承認]
  • 上記以外では Cookie は利用していません。

非公開情報の削除

  • 非公開の個人情報が記載された場合、Enpediaスタッフの判断、もしくはEnpedia内の方針に基づき、特別権限保持者は、それらを一般に公開された状態から隠すことができますが、特別権限保持者は、それらの情報を閲覧することができ、また、完全な削除は原則的に行えません。
  • Enpediaの公式問い合わせ先に送られたお問い合わせ内容は、問い合わせ対応担当チームのメンバーがいつでも閲覧可能な状態で保存されますが、それらの情報が登録された場合、原則的に削除することはできません。