埼玉県

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

埼玉県(さいたまけん)は関東地方にある日本都道府県。県庁所在地はさいたま市浦和区)。関東地方西部の内陸県である。

概要[編集]

関東地方の中央部に位置する海と接していない内陸県の一つである。面積は約3800平方Kmで全国39位と狭い。かつては旧武蔵国の北部であったが廃藩置県の際に旧国が廃され、入間県と埼玉県が置かれた。その後北部が熊谷県となり群馬県の一部となるなどしたが、明治9年(1876年)に現在の県域が確定した。東京都の隣県であることからいわゆる「埼玉都民」が多く、県南は言うまでもなく北部から東京方面へ通勤・通学する県民は少なくない。そのため県民の県への愛着を深めるために「彩の国」という愛称を付けてPR活動を行っている。

かつては農業を主とする県であったが、首都に隣接して産業・交通・住宅など東京の外縁としての性格が強くなったことから、次第に工場団地の建設や企業立地が進み、全国有数の工業県に移行する。人口は平成29年(2017年)の段階でおよそ730万人で全国5位を誇る。埼玉県のの数は日本で一番多い40を数え、町の数は22、村は1を数える。民間の研究所が平成28年(2016年)に発表した「47都道府県別魅力度ランキング」では39位である。

医薬品や化粧水、ネギ小松菜など工業製品や農産物などで日本一の出荷額や産出額を誇る。平成26年(2014年)の医療品出荷額はおよそ7430億円、化粧水は322億円である。深谷市越谷市などが特産のネギは産出額179億円、川越市草加市などが産地の小松菜は産出額53億円である。

さいたま市岩槻区などに代表される伝統的手工芸品として雛人形五月人形があり、平成26年(2014年)の出荷額はおよそ55億円を数える。

気象庁によると、平成21年(2009年)から8年連続で快晴日数が全国1位であり、年間で60日前後を数える。

埼玉県の川幅は荒川流域の鴻巣市吉見町の間は2537メートルを誇り、JR山手線上野駅から神田駅までの2.3キロより長い。

平成18年(2006年6月に完成した首都圏外郭放水路春日部市の地下22メートルに広がり、長さは177メートル、幅78メートル、高さ18メートルの空間に67万立方メートルもの水がためられる。これは東京池袋サンシャイン60ビル1杯分に相当する。大雨で増水した中小河川の水を江戸川に排出する。

平成19年(2007年)には熊谷市で最高気温40.9度を記録しており、そのため「日本一暑い町」としてPRされている。

平成29年(2017年)の第99回全国高等学校野球選手権大会花咲徳栄高校が優勝し、埼玉県勢として初の優勝を果たした。

地理[編集]

北部に「坂東太郎」の異名を持つ利根川が流れている。県西部は秩父の山々が連なるが県全体を見ると平野面積が大きく、大半が関東平野に属している。

埼玉県の「埼玉」の名の由来は諸説があるが、有力説では県内の行田市内にある「さきたま古墳群」からという説が有力である。

主な自治体[編集]

政令指定都市行政区[編集]

[編集]

町村[編集]

文化[編集]

スポーツ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]