Enpedia:サンドボックス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

サンドボックスは編集の練習場所です。編集の仕方についてはヘルプ:編集の仕方をご覧ください。


GPWSとは、多くの商用飛行機などに搭載される警報装置で、低すぎる高度などを警告し、墜落を防ぐためのもの。

よく調べてないけどモードが7こくらいあって、警報音もそれぞれ違う。

異常な速度で地表に接近している時は、"Sink rate"(たいてい降下率異常、と和訳される)という警告を発する。それでも降下を続けると、"Whoop! Whoop! Pull up"(和訳は調べてないけど上昇せよとかそんなん)という警報音に変わり、危機が迫っていることを知らせる。音は合成音声(機種により異なる)。

昔は切り立った崖などに対応できないとかの弱点があったので、GPSと組み合わせたEGPWSが登場するなど、航空事故抑止のため日進月歩進化している。

車輪とかを出してると、着陸態勢と認識されて警報が出なかったりする。不運だと墜落に至る。警報が出ても、対処が遅れたり、不運だと墜落に至る。

日本人には日本航空123便墜落事故のボイスレコーダーに残された警報音が有名。一部にはトラウマとなっているようだが、パイロットはトラウマとか気にしている場合じゃなくすばやく対応できるよう訓練しないといけない