Enpedia:サンドボックス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ここはテスト編集を行う場所です。



投稿ページ[編集]

  • ASDFGHJKL
  • Gboard
  • CASIOのローマ字入力
  • ローマ字入力の記録表
  • トーク:D
  • トーク:L
  • トーク:QWERTY
  • DFGHJKL
  • だ行
  • ら行
  • R
  • アルファベット
  • Y
  • W
  • ローマ字入力
  • 反転
  • 音感
  • インターネットスラング
  • ゴールデンイエロー
  • 山吹色
  • FFFF00
  • ターコイズ
  • 色 span
  • ブライトネス
  • 輝度

トーク:yellow[編集]

●トーク:イエロー

Webcolorの黄色(#FFFF00)は、光の明るさを持った黄色、全く赤みがからない輝かしい黄色で、固有色名で表すとレモン色に近い。山吹色には近くない気がする。見た目としては確かに「わずかに緑みの黄色」である。簡単にいえば明るい黄色。やや薄く見えるため、派手さ・目立ちやすさが少しでも欠けていて、黄色系統の表現力が落ちている。光の三原色RGBの比率を1:1:0の割合で混合した色に該当する。この色の波長は580nmである。

インターネットスラング[編集]

インターネット上のBBS(電子掲示板)やSNS、電子メールなどで発生し、インターネットで使用されるスラングであり、主としてインターネット利用者を中心に通用する特殊な言語表現である。スラングとは、特定の社会や階層、仲間の間のみ使われる卑俗な俗語。卑語。俗語。隠語。 例として、タ+ヒ=タヒ(死)、ネ+申=ネ申(神)があり、一つの漢字を複数の漢字やかなに分解するものが見られる。「死」のインターネットスラングである「タヒ」は、漢字の「死」の横棒が1本無いため、「死」の見せかけの意味である。

運命[編集]

提示部では、第2主題が提示される直前に、ハ短調の主和音(ド.ミb.ソ)からCm6(♭5)「ド.ミ♭.ソ♭.ラ」の和音に移行し、それが変ホ長調のドッペルドミナントとして機能し、変ホ長調の属和音に解決して、第2主題がハ短調の平行長調の変ホ長調で現される。対して再現部では、対応する箇所で、ハ短調の主和音(ド.ミb.ソ)から同じCm6(♭5)に移行するが、ソ♭が異名同音のファ#で表記され、「ド.ミ♭.ファ#.ラ」となり、今度はそれがハ長調のドッペルドミナントとして機能し、ハ長調の属和音に解決して、第2主題がハ短調の同主調、ハ長調で再現される。

だ行[編集]

  • DHI=でぃ
  • DHU=でゅ
  • DWU=どぅ
  • DHI=でぃ
  • DHU=でゅ
  • DWU=どぅ

山吹色[編集]

色見本をまとめてみますと、こうなります。

  • 山吹色
  • BRIGHT YELLOW
  • ウェブカラーのYELLOW=#FFFF00
  • GOLDEN YELLOW(画像検索の場合)
  • GOLDEN YELLOW(JIS慣用色名)
  • BRIGHT GOLDEN YELLOW
  • CHROME YELLOW
  • YELLOW
  • 黄橙色

スマホのローマ字入力の記録表[編集]

*CA=か *CU=く *CO=こ *CI=し *CE=せ *QU=く *LA=ぁ *LI=ぃ *LU=ぅ *LE=ぇ *LO=ぉ *LYA=ゃ *LYI=ぃ *LYU=ゅ *LYE=ぇ *LYO=ょ *LL+母音=っ+小文字 *QA=くぁ *VA=ゔぁ *VU=ゔ *SWA=すぁ *SWI=すぃ *ZWA=ずぁ *ZWI=ずぃ *TWU=とぅ *DWU=どぅ *WYI=ゐ *WYE=ゑ *WI=うぃ *WU=う *WE=うぇ *WO=を *WHA=うぁ *WHI=うぃ *WHU=う *WHE=うぇ *WHO=うぉ *YI=yい *YE=いぇ *KWA=くぁ *KWI=くぃ *KWU=くぅ *QWA=qわ *QWI=qうぃ *QWU=qう *XN=ん *XX+母音=っ+小文字 *XTSU=っ *XTU=っ *LTU=っ *LTSU=っ *XA=ぁ *XI=ぃ *XKA=ヵ *XCA=xか *XKE=ヶ *TCH+母音=t+ちゃ行 *MM=っm *文章の中における「ん」を「M」=m *NN=ん *MB(+Y,+W)+母音=m+ば行 *MP(+Y,+W)+母音=m+ぱ行 *MM+母音=っ+ま行 *THA=てゃ *THI=てぃ *THU=てゅ *THE=てぇ *THO=てょ *DHA=でゃ *DHI=でぃ *DHU=でゅ *DHE=でぇ *DHO=でょ *TWA=とぁ *DWA=どぁ *HWA=ふぁ *TSA=つぁ *TSI=つぃ *TSE=つぇ *TSO=つぉ

ノート:DFGHJKL[編集]

QWERTY配列の英字中段の「ASDFGHJKL」の「D~L」の部分およびアルファベット順に並べた子音字である「BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ」の「D~L」の部分。アルファベット順(ABC順)に並べたアルファベット全体は「ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ」で、母音字は「A,E,I,O,U」の5文字で、それ以外は子音字で、子音字はアルファベット全体から母音字「A,E,I,O,U」の5文字を引いたもので、子音字をアルファベット順(ABC順)に並べると、「BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ」となり、その中の「D~L」は、「DFGHJKL」で、QWERTY配列の英字中段の「ASDFGHJKL」の「D~L」の部分(DFGHJKL)と完全に一致していることがわかる。

  • アルファベット順(ABC順)に並べたアルファベット全体 = ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • 子音字は、アルファベット全体から「母音字:A,E,I,O,U」を引いたもの。アルファベット順(ABC順)に並べた子音字 = BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ
  • QWERTY配列の英字中段 = ASDFGHJKL
Q
W
E
R
T
Y
U
I
O
P
A
S
D
F
G
H
J
K
L
Z
X
C
V
B
N
M

共通部分=DFGHJKL

ASDFGHJKL[編集]

QWERTY配列の英字中段。「D~L」の部分が、アルファベット順(ABC順)に並べた子音字である「BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ」の「D~L」の部分と全く一緒である。同様に、QWERTY配列の英字中段からSを除くと、「ADFGHJKL」となり、Dの1つ左はAで、Aはアルファベット順ではDの3つ前であり、アルファベット順に近い並びが連続している。つまり、QWERTY配列の英字中段がA~Lのアルファベット順に近い並びであり、QWERTY配列の英字中段の「D~L」の部分は、アルファベット順に並べたキーボード配列から母音のみ移動させたもので、そのまま共通部分の「DFGHJKL」が残ったと考えられる。

QWERTY配列の英字中段からSを除くと、「ADFGHJKL」となり、アルファベット順に近い並びに見える。

Q
W
E
R
T
Y
U
I
O
P
A
S
D
F
G
H
J
K
L
Z
X
C
V
B
N
M

いい日旅立ち[編集]

カバーしたアーティスト
  • 徳永英明
  • 岩崎宏美
  • 西野カナ
  • スキマスイッチ
  • 夏川りみ
  • つるの剛士
  • I WiSH(川嶋あい)
  • 石川さゆり
  • 桑田佳祐
  • 森山良子
  • 高畑充希
  • 後藤真希
  • 中森明菜
  • 谷村新司
  • 森恵
  • 倖田來未
  • 秋川雅史
  • 岩佐美咲
  • 相川七瀬
  • 井上あずみ
  • 渡辺美里
  • 岩崎良美
  • 島津亜矢
  • 手嶌葵

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー。。。=[編集]

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー ーナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏 杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏―ナマ杏ナマ杏 杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

フォニックス ウィキペディア[編集]

アルファベットには、いろんな発音が混ざることから、どのような役割があるのかを意味している。

英語の発音やローマ字での発音の規則性を理解することができる。

ローマ字での発音とよく似ている。基本的にはアルファベット単体の発音を意味している。

言語の発音を表す記号を「発音記号」という。

A B C D E F G
ア(a) ブ(b) ク(k) ドゥ(d) エ(e) フ(f) グ(g)
H I J K L M N
ハ(h) イ(i) ジュ(dʒ,ʒ) ク(k) ル(l) ム(m) ヌ(n)
O P Q R S T U
オ(o) プ(p) クァ(kwa) ゥル(r) ス(s) トゥ(t) ウ(ʊ)
V W X Y Z
ヴ(v) ウォ(w) クス(ks) ヤ(j) ズ(z)

アルファベット[編集]

アルファベット(alphabet)とは、ある言語を表記するために用いられる文字を集めたもの。各文字が子音と母音の2つの音素を表す表音文字。現代日本ではラテン文字のみを指すことが多いが、他にも複数の種類がある。アルファベットは、順番に「ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ」の26文字ある。大文字と小文字の2種類がある。特に英語、ローマ字で用いられている。「英字」と書かれることもある。母音字はA,E,I,O,Uの5文字、子音字は全部でB,C,D,F,G,H,J,K,L,M,N,P,Q,R,S,T,V,W,X,Y,Zの21文字。子音字の一部で、WとYは半母音字。要するに、わかりやすく言うと、子音字全体は、アルファベット全体から母音字「A,E,I,O,U」の5文字を引いたものである。大文字は文や固有名詞の冒頭、特に強調する場所など、特別な場合のみ用いられ、通常は小文字を用いる場合が多い。文字入力のキー配列は「QWERTY配列」とアルファベット順(ABC順)である「ABC配列」の2種類である。英語(外来語)の発音において、綴り字と発音を正しく結び付けて、アルファベットの発音のかたまりとなる読み方の名称を「フォニックス」という。アルファベットで子音と母音を組み合わせて日本語を書き表したものを「ローマ字(英:Romaji)」という。ローマ字表記。「ローマ字入力(英:Romaji input)」とは、キーボードでローマ字綴りを使って日本語入力をする方法で、キー入力時にアルファベットで子音と母音を組み合わせて日本語入力をすることである。ローマ字綴りを入力することによって、かな文字に変換されて画面上に表示される。ローマ字入力のキーは、英語入力のときも共通で、キーが同じである。「ローマ字」と「ローマ字入力」は、本当は違うものである。ローマ字の種類には、ローマ字表記、訓令式、ヘボン式、日本式、ローマ字入力、ローマ字入力のオプションもある。ヘボン式(英:Hepburn romanization)とは、英語の発音・フォニックスを優先させるために重視した表記法である。英語風の書き方で、正式なローマ字綴りである。日本政府がパスポート、多くの国際交流の場、公的な身分証明書で使う表記法である。