えちごトキめき鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

えちごトキめき鉄道(えちごときめきてつどう)とは、新潟県内にあったJR西日本北陸線の市振〜直江津とJR東日本 信越線の妙高高原〜直江津を引き継いだ会社

概要[編集]

新潟県並行在来線株式会社として創立。今の会社名は公募で決まった。 信越北陸新幹線の並行在来線を引き継ぐ。 会社名が ひらがな と カタカナを ふんだんに使用している他 名由来は えちごが新潟県の旧国名 越後から、 トキは 県鳥の朱鷺、 ときめき の とき をあしらってる。 そして ときめきだが これについては よくわからないが かつて県内にある黒崎町を走っていた新潟電鉄に ときめき駅があったこともあり 県政には ときめき に対する執着があるのかもしれない。 北陸線が県跨ぐごとに県境で分割統治されているのは 各々県の足並みが揃わなかったからとされ、 この先行事例に東北新幹線の八戸延長開業による東北線 盛岡八戸のうち県境に近い目時で分割され、 岩手県側は IGRいわて銀河鉄道に、青森県にある目時駅を含む側は 青い森鉄道に各々分割統治されるている。 この流れから富山県と新潟県の県境に最も近い新潟県側の市振は えちごトキめき鉄道の領土となっている。 しかし富山県側にある越中宮崎駅は あいの風とやま鉄道の領土だというのに同社の 電車は 朝晩しか乗り入れず、 殆どを えちごトキめき鉄道の列車が越中泊駅まで運行している。

路線[編集]

  • 糸魚川海岸線(日本海ひすいライン)
市振を起点とし、直江津に至る元北陸線であるが市振駅を始終発着する路線はなく、当駅を通る列車は 全て あいの風の越中泊まで乗り入れている。
車両は 糸魚川〜梶屋敷にある 交直デッドセクションがあるためにJR西日本時代は交直両応機器を搭載した列車を運行としていた。
しかし 人が少なめで列車が高価なため安価なディーゼルカーを導入した。なおデッドセクションの糸魚川側が交流で直江津側が直流となっている。
糸魚川で新幹線に接続可能なことがある。
  • 妙高山ろく線(妙高はねうまライン)
妙高高原を起点とし、直江津に至る元信越線である。元北陸線と同じく 県境で分割統治され、信越線の長野県側は しなの鉄道の領土となっている。妙高高原では しなの鉄道と連絡できることがある。JR東日本時代は 長野〜直江津を直通する列車が多くあったが今では妙高高原で全て折り返しとなっている。ただJR時代の時刻スジを そのまま使用してるためトキ鉄と しな鉄の乗り継ぎ可能な便はJR時代の長野直江津直通便スジに相当する。
上越妙高で新幹線に接続可能なことがある。

関連項目[編集]

  • しなの鉄道 - 信越線の長野県側を引き継いだ会社。1997年10月から既に信越線の軽井沢〜篠ノ井を引き継いで運営している。
  • えちごトキめき鉄道
  • あいの風とやま鉄道 - 北陸線の富山県部分を引き継いだ会社。
  • JR信越新幹線 - 高崎から長野を経て上越妙高に至るJR東の高速鉄道路線。
  • JR北陸新幹線 - 米原から金沢を経て長岡に至るJR西とJR東の高速鉄道路線。