国鉄EF64形電気機関車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR東日本のEF64。廃車回送などを牽引し、ファンからは死神として恐れられている。

国鉄EF64形電気機関車(こくてつEF64がたでんききかんしゃ)とは、日本国有鉄道が開発・設計した直流の勾配線区向け電気機関車である。

概要[編集]

EF62とほぼ同じ性能だが、EF62の軸配置が軽量化のためにC-Cとしたところ、軌道への悪影響があったため、B-B-Bとした。重連対応のために前面貫通扉が設けられた。運転台窓と前照灯には庇が設置されている。軽量化目的と電気暖房普及に呼応のために暖房用の蒸気ボイラー(SG)に替え、電気暖房対応とした。

登場[編集]

0番台

1964年EF13EF16など旧型機の置き換えを目的に「横軽非対応版EF62」の位置付けで0番台がデビュー、1976年までに79両が登場した。当初はEF16の代替で奥羽本線で客車用EG(電気暖房装置)装備で運用され、気動車特急「つばさ」の板谷峠補機にも使用されたが、同線交流化後は甲府以西の電化が進んだ中央東線篠ノ井線に転出。中央西線電化延伸に際し、ED61の転改造の代替として、EG非装備の貨物機も増備された。

1000番台

1980年には、老朽化が進むEF58EF15に加え、上越国境でEF16が補機として運転していた上越・高崎線の勾配区間の単連運転化を目的にフルモデルチェンジ車の1000番台が登場し、53両が製造された。あけぼの北陸といった寝台特急も牽引し、一部はED16の代替で青梅線、加えて0番台と共に伯備線でも運用された。

現状[編集]

JR貨物では、後継であるEH200形の登場よって廃車が進んでおり、2021年改正で首都圏での定期運用が消失。電気機関車では6年毎に全般検査が必要であるが、JR貨物2022年に施行された1046号機をもってEF64形の全般検査を終了すると発表しており、2028年までにはJR貨物から引退することになる。

JR東日本では、最後まで残っていた0番台の37号機が除籍されて0番台が全廃された。JR東日本所属機でも、客車牽引寝台特急の廃止に伴って廃車が加速している。臨時列車牽引や、廃車回送・新車配給用の1000番台が数両在籍している。しかしこちらも後継となる事業用電車がデビューしており、予断を許さない。

JR東海JR西日本所属車もあったが、いずれも2000年代に引退している。

関連項目[編集]