JR西日本207系電車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JR西日本207系電車は、西日本旅客鉄道1991年に開発した鉄道車両(直流電車)。

概要[編集]

国鉄分割民営化後、西日本旅客鉄道初となる新形式通勤型電車。VVVFインバーター制御の導入(初期車両0番台についてはチョッパ制御)や最高速度120km走行が可能となるなど、新機軸が満載だった。

車体構造[編集]

軽量ステンレス構造。前面のみ普通銅製。車体幅が広げられ、裾がしぼまれた。

車内[編集]

車内では化粧版仕上げとなっている。座席は青色だったが、2010年頃より緑色に取り換えられている。

運用線区[編集]

代走で和田岬線でも運行されることがある。

運用[編集]

7連のF1編成については限定運用が組まれていたが、321系登場後は共通運用となった。2012年以降は3連+4連の分割編成も321系と完全な共通運用となっている。

リニューアル[編集]

0番台と1000番台は製造から20年以上を経過した2014年頃からリニューアルを行っている。内容は以下の通り。

  • 前照灯をHID4灯化。2018年以降はLEDに変更されている。
  • 車体を補強。
  • 前面を321系風のデザインに変更し、スカートを交換
  • 案内表示器のLED化
  • VVVF装置の一部部品更新
  • 車椅子スペースの設置

など。JR西日本は2017年時点でF1編成を更新の対象から外している。

また、1000番台のVVVFはIGBTに更新されたが、元の筐体を活かしているため、非同期音は甲高いものとなったものの、同期音は元の東芝GTOの音という何とも不思議なVVVFとなった。

YouTube 動画リンク

さらには、2020年以降は東芝GTOのままリニューアルされた1000番台の編成が現れた。三菱PTrのままの0番台更新編成が登場してほしくはないが…。

YouTube 動画リンク

関連項目[編集]

その他[編集]

207の車番は、分割民営化前の日本国有鉄道が先行。1編成が作られ、国鉄分割民営化後はJR東日本に継承され、常磐線直流電化区間で使用された。本形式と同じくVVVFインバータ制御で外観は国鉄205系電車に似ている。本形式登場後は900番台と通称されたが、別形式扱いされることもあった。2009年度に廃車された。