JR東日本E233系電車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアJR東日本E233系電車の項目があります。
よみ
もの
エンペディアのプロジェクト「よみもの」に巣食う独自研究者や感想発表者たちが、『JR東日本E233系の前照灯のLED化』を執筆しています。

E233系とは、JR東日本の通勤及び近郊列車用の車両。

開発経緯[編集]

この車両が導入された路線は東海道線の最初の2編成を除き、全て在来車の置き換えが目的である。

特徴[編集]

特徴としては、一つ機器が壊れても運転終了まで自走できるよう、機器が二重になっている事が上げられる。 209系以降軽量化が重視されてきたが、2005年に発生したJR福知山線脱線事故により車体に厚みが増した。それにより強度が強化された反面、重量は増えた。 また運転席にはスクラップゾーンとサバイバルゾーンを新たに設け安全面が上昇した。

その他[編集]

一部の車両でLED前照灯になっているのが確認されている。

導入路線・運用区間[編集]

出典[編集]