国鉄キハ58系気動車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。
保存されているキハ58たち

国鉄キハ58系気動車(こくてつきは58けいきどうしゃ)とは、日本国有鉄道が開発、製造した気動車である。なお、「キハ58系」とは、キハ58と同じ車体構造を持つ気動車のことを便宜的に現場やファンが呼んだもので、日本国有鉄道の正式名称ではない。

登場に至った経緯[編集]

国鉄キハ55系気動車によって各地に登場した気動車準急は、客車急行を上回る速度と快適性が好評で各地に新設、増発が望まれた。さらに、この車両を用いた急行列車も登場したが、戸袋窓部にロングシートがあること、二等車の設備がリクライニングシートではなく、回転クロスシートであることなど、急行列車として使用するにはやや見劣りがした。そこで国鉄153系電車と同じ車体構造を持つ形式として登場したのが本形式である。

概要[編集]

車体長は国鉄キハ55系気動車と同じくエンジン数に関係なく21300mm、車体幅が広げられて裾が絞り込まれるなど、急行形電車とほぼ同じ車体構造を持つ気動車である。ただし、パノラミックウィンドウとユニットサッシ、一等車の蛍光灯のカバーの設備は建造費を抑える面から見送られ、平面窓と一段上昇窓となった。台車もコイルバネである。一等車も急行形電車と同じ構造である。半室食堂車は作られなかった。屋根は張り上げ屋根となった。後にキハ58-1100番台、キハ28-1000番台としてパノラミックウィンドウ車が出ている。

国鉄分割民営化後、JR各旅客鉄道会社に継承されたが、2020年までに廃車。現在は元JR西日本車の1両がいすみ鐵道に在籍している。そのため、この車両が廃車になると同時に廃形式になる

新造車[編集]

キロ26[編集]

北海道用の一等車である。客用窓を二重窓にするため、急行形電車、気動車では唯一の一段上昇窓となっている。室内はリクライニングシートが26脚並んでいる。

JR北海道には2両を継承したが、1両はアルファコンチネンタルエクスプレスの改造種車となり、残る1両も1988年に廃車となっている。

キロ27[編集]

信越本線用の一等車である。サロ152と同様な車体構造で、客用窓は二組で一つの一段下降窓である。
信越本線横川駅-軽井沢駅碓氷峠アプト式ラックレールに接触しないように空気バネの台車とディスクブレーキを装備したが、1963年10月の粘着運転移行後は本来の目的を喪失したまま他線区の急行運用に就いた。1980年までにすべて廃車され現存しない。

キロ28[編集]

本州以南用の一等車である。台車以外はキロ27と同様な車体構造である。後年、屋根が通常の高さとなったモデルチェンジ車も作られた。冷房化改造の際は自車のみ給電の4DQが設置されたが、さらに3両分給電の4VKエンジンに置き替えられ、その車両は車番に2000を加えられさた。

国鉄時代に大半が廃車または後述の国鉄キユニ28形気動車に改造されたほか、四国総局と九州では車両はそのまま後述のキロハ28やキハ28 5000、もしくはキハ28 5200に改番された車両もある。東海旅客鉄道西日本旅客鉄道には21両が継承されたが、西日本にてキロハ28に4両が改造されたほか、2008年に最後までJR東海に残った保留車2303が廃車となり廃形式となっている。

キロ58[編集]

勾配区間の続く中央本線用に製造された。DMH17Hエンジンを床下に2基設置したため便所用水タンクを屋根上に設置した。後年、冷房化改造の際は4VKエンジンを設置できず、4DQのままとした。わずか8両のみ製造され、うち3両がキニ58に改造された。残る5両もJRに継承されず廃車になった。

キハ27[編集]

床下にDMH17系エンジンを1基搭載する二等車である。北海道仕様となっており、客用窓が二重窓で、通路が板張りなど、酷耐寒耐雪装備となっている。後年、運転台窓がパノラミックウィンドウとなったモデルチェンジ車が登場した。

最後まで快速ミッドナイト用の500・550番台6両が冷房化改造を受けて残っていたが、これらについても2001年3月31日までに全車廃車となり現存しない。

キハ28[編集]

床下にDMH17系エンジンを1基搭載する二等車である。後述のキハ58と同一車体ながら、側面の吸水口が1つのみである。ちなみに、信越本線用には「キハ27」の別番台ともいうべき1エンジンの2等車は投入されなかった。
冷房化改造の際にディーゼル発電機の4VKも設置された車両は車番に2000をプラスした。1968年からは運転台窓がパノラミックウィンドウとなったモデルチェンジ車も作られた。1980年10月1日改正では四国総局管内のキロ28はすべてキハ28 5000、もしくはキハ28 5200に改番された。

2022年5月現在もJR西日本から譲渡された2346の1両のみがいすみ鉄道で活躍しているが、同年11月27日の定期運用終了と翌23年2月初頭の引退が発表された。この車両が引退するとキハ58系は完全引退となる。

キハ56[編集]

床下にDMH17Eエンジン2機を持つ北海道用の気動車である。キハ22と同様、客用窓が二重窓、通路が板張りなど、酷耐寒耐雪装備となっている。後年、運転台窓がパノラミックウィンドウとなったモデルチェンジ車が登場した。

2002年までにすべて廃車となり廃形式となっている。

キハ57[編集]

床下にDMH17Eエンジン2機を持つ信越本線用の気動車である。
信越本線横川駅-軽井沢駅碓氷峠を越える際、この区間に設置されているアプト式のラックレールに抵触しないように、空気バネ台車とディスクブレーキを装備した車両である。1963年10月の粘着運転移行後は本来の目的を喪失して、各地に転属し、転属先では急行指定席の乗り心地向上に役立てた。

国鉄時代に殆どが廃車され、国鉄分割民営化後は2両のみがJR四国に継承されたが、こちらも1991年までに廃車となっている。

キハ58[編集]

本州以南用に作られた本形式の基幹形式である。日本の気動車としては最も多く作られた。後年、長大編成用400番台や、修学旅行用800番台、運転台窓がパノラミックウィンドウとなったモデルチェンジ車も作られた。その後冷房化改造されたが、すべての車両には及ばなかった。国鉄時代、及びJR東海では国鉄80系気動車の発生品の台車(キハ57に装着されたDT31の亜種であるDT27あるいはDT31A)に換装した車両も現れたが、形式は国鉄時代はそのまま、東海旅客鉄道では5000番台に区分されている。(国鉄時代にグリーン車リクライニングシートに換装されて5000番台に置き替えられた車両とは番号が重複)

最後まで75がJR東日本に残っていたが、2020年11月に廃車されており、これと同時にJR線からキハ58系自体が廃系列となっている。

キハ65[編集]

詳細は「国鉄キハ65形気動車」を参照

キハ91等で試験された500馬力の新型エンジンであるDML30を採用した車両である。旧来のDMH17Eエンジンは180馬力しかなく、中央本線では一等車も2エンジンにせざるを得なかった。
次の問題は冷房化で、当時、機関駆動を利用した直結形の空調装置は普及しておらず、外部から電源の取れない気動車では、自車で冷房化のための電源を別途賄うしかなかったが、2エンジンの車両は床下に発電スペースがなく気動車急行の冷房化は困難であった。もともと1エンジンの一等車の冷房化は進んだが、このままでは二等車の冷房化は進まなかった。そこで開発されたのが本形式である。気動車急行の冷房化のために製造され、台車の関係で折戸採用など独自仕様だった。
余談だが、昔の模型雑誌には「12系のトイレ部分をカット、キハ58の先頭台ブロックをつければキハ65へ!」というものがあった。国鉄12系客車に相似した車体である。

国鉄分割民営化後には東海旅客鉄道西日本旅客鉄道四国旅客鉄道九州旅客鉄道に全車が継承された。冷房車であることから各地で急行列車にも引き続き使用された。トイレがないことや折戸であり通勤化改造が困難なことなどから運用上不都合が生じ、平成に入ると波動用への改造が進行した。最後までJR九州に36が残っていたが、これも2013年に廃車されてキハ58より先に廃形式となった。

キユ25[編集]

詳細は「郵政省キユ25形気動車」を参照

郵政省の私有車である。気動車としては唯一の私有車で、全室郵便車である。車内はオユ10と同様で、仕分室のほか、郵袋の置く郵袋室がある。当初から冷房化されていた。初期型2両、後期型2両が製造され、4両とも四国総局に配備された。

1986年6月の郵便輸送廃止により車齢わずか15 - 20年程度で4両とも除籍されたが、廃車後は1が松山市内でレストランとして活用されている。

改造車[編集]

キユニ28[編集]

詳細は「国鉄キユニ28形気動車」を参照

国鉄10系気動車の老朽化に伴い、キロ28の台枠、台車を流用して製造された郵便荷物合造車である。車体はキハ40系気動車と同様なものを新製した車体更新車である。塗色は当初登場した1~6は一般色、7以降は首都圏色となった。後に1~6も首都圏色となる。冷房装置の流用はなかった。

荷物輸送廃止により用途を失い、国鉄分割民営化までにすべて廃車されている。

履歴表
番号 配置区 旧番号 改造工場 改造年月日 廃車
キユニ28 1 名ミオ キロ28 199 名古屋 1978.02.25 1987.02.25
キユニ28 2 名ミオ キロ28 132 名古屋 1978.03.31 1986.12.27
キユニ28 3 名ミオ キロ28 200 名古屋 1978.03.31 1986.12.27
キユニ28 4 天ナラ キロ28 119 名古屋 1978.03.31 1987.01.12
キユニ28 5 広ヒロ キロ28 70 幡生 1978.03.02 1987.02.10
キユニ28 6 広コリ キロ28 176 幡生 1978.03.10 1987.02.02
キユニ28 7 名ミオ キロ28 85 名古屋 1979.03.31 1986.12.01
キユニ28 8 広コリ キロ28 129 幡生 1979.02.20 1986.09.15
キユニ28 9 福トカ キロ28 57 幡生 1979.03.17 1986.09.15
キユニ28 10 水ミト キロ28 529 幡生 1979.08.20 1987.02.10
キユニ28 11 水ミト キロ28 501 幡生 1979.08.28 1987.02.10
キユニ28 12 水ミト キロ28 67 幡生 1979.11.13 1987.02.10
キユニ28 13 水ミト キロ28 33 名古屋 1979.07.27 1986.12.27
キユニ28 14 名ミオ キロ28 34 幡生 1979.10.26 1986.12.27
キユニ28 15 福トカ キロ28 20 幡生 1979.10.05 1986.12.27
キユニ28 16 福トカ キロ28 49 幡生 1980.01.06 1986.12.27
キユニ28 17 広アサ キロ28 12 幡生 1980.02.26 1987.02.10
キユニ28 18 秋カタ キロ28 145 郡山 1981.04.18 1987.02.10
キユニ28 19 秋カタ キロ28 146 郡山 1981.07.09 1987.02.10
キユニ28 20 秋カタ キロ28 106 名古屋 1981.01.28 1987.02.10
キユニ28 21 天イセ キロ28 37 名古屋 1980.11.29 1987.01.12
キユニ28 22 四カマ キロ28 47 多度津 1981.05.29 1987.02.10
キユニ28 23 広ヒロ キロ28 153 幡生 1981.03.31 1987.02.02
キユニ28 24 鹿カコ キロ28 38 幡生 1980.12.13 1987.02.10
キユニ28 25 天イセ キロ28 121 高砂 1981.12.11 1987.01.12
キユニ28 26 天ナラ キロ28 54 高砂 1982.03.31 1987.02.10
キユニ28 27 名ナコ キロ28 81 名古屋 1982.09.21 1987.02.10
キユニ28 28 仙コリ キロ28 36 高砂 1983.02.08 1987.02.10

キニ28[編集]

キロ28からの改造によって登場した荷物気動車である。エンジン、台枠、台車を流用し、キハ47に準じた車体を新製した車体更新車である。車体後部に便所、洗面所がある。

キニ58[編集]

キロ58からの改造によって登場した荷物気動車である。エンジン、台枠、台車を流用し、キハ47に準じた車体を新製した車体更新者である。車体はキニ28とほぼ同じ構造だが、水タンクを車体後部に設置したために洗面所は小さくなり、この区画には窓はない。

国鉄分割民営化前に全廃されたが、最終的にキニ58 1のみが碓氷峠文化村で保存されている。

キロハ28[編集]

上記のキロ28に対し、半室のみを普通車に改造したもの。国鉄時代に0番台1両、JR西日本で100番台4両が落成した。

0番台は上記のキハ28 5301に再改造されて国鉄時代に廃車。100番台も2004年までに全車が廃車となり現存しない。

キハ53[編集]

200番台は東北地区の増結車のために、キハ58を両運転台に改造したもの。500番台は単行用強馬力気動車を増やすために、キハ56を両運転台に改造したもの。1000番台は七尾線末端区間の短編成運用に関し、キハ58を両運転台に改造したもの。それぞれ2両、10両、3両が改造された。1000番台のみは冷房を搭載していたが、単独での使用はできなかった。2005年までにすべて廃車されている。

この他、0番台と100番台が存在するが、こちらはキハ45に区分される。

キハ59[編集]

キハ56や58から改造されたジョイフルトレイン形式のうち、全室普通車のもの。Kenjiの廃車で全滅。

キハ29[編集]

キハ27や28から改造されたジョイフルトレイン形式のうち、全室普通車のもの。運転台のない中間車も存在した。Kenjiの廃車で全滅。

キロ59[編集]

キハ56や58から改造されたジョイフルトレイン形式のうち、全室グリーン車のもの。ほのぼのSUN-INの廃車で全滅。

キロ29[編集]

キハ27や28から改造されたジョイフルトレイン形式のうち、全室グリーン車のもの。運転台のない中間車も存在した。ほのぼのSUN-INの廃車で全滅。なお、「アルカディア」で当該形式に改造され、さらに「Kenji」で普通車に改造されたキハ28 2010は58年の長命を誇った。

キヤ28[編集]

キハ28の2102を訓練車に改造したもの。2008年廃車。

番外編:キハ70[編集]

詳細は「JR九州71系気動車」を参照

キハ58の490と436の2両はキハ71系ゆふいんの森への機器供出対象となった。

機関換装[編集]

本系列の搭載していたDMH17系エンジンは原設計が戦前と極めて古く、国鉄分割民営化後のJR東日本とJR東海にて機関換装車が現れた。JR東海では快速みえ用の3両のみにとどまったが、JR東日本では全車が対象となった。後者は当時のJR東日本会長であった山下勇(三井造船の技術畑出身)が同系の1988年のジョイフルトレインアルカディア[注 1]の先頭車(キロ59 508)の延焼事故を受け、原因究明の際に取り寄せたDMH17Hの設計図面を見ただけで戦前タイプ[注 2]のエンジンであることに驚愕し、すぐさまエンジン交換の指示を出したためである[注 3]

なお、JR東日本では変速機を種車のまま引き継いだため、エンジン出力を250psに落として運転していた。

廃車[編集]

急行列車の減少に伴い、1970年代からグリーン車の廃車が始まったが、普通車は国鉄分割民営化後も大量に新会社へ移行した。7社合わせて1198両の継承は国鉄気動車最大を誇った。しかし、電化の進展、新形式車の登場により1990年代から廃車が始まった。ロシアタイに輸出された車両も多い。

上記の通り、JRからは2020年に全廃。現役車両も2023年春のキハ28の完全引退をもって本線上では見られなくなる。

同型車[編集]

1962年からの新宿発着の急行かわぐちでの運用に際し、運行全区間が架線下DCになるものの、富士急行で国鉄のキハ58系との併結に対応したキハ58形58001 - 58003の3両が、1961 - 63年にかけて製造された。58003のみはキハ53形1000番台の冷房なし版に類似した両運転台車両だった。キハ28については富士急行が勾配線区のため1両も投入されていない。

その後、1975年に急行アルプスの総電車化と連動した急行かわぐちからの気動車撤退により3両とも廃車・有田鉄道に譲渡され、同社のキハ07を置き換えた。1980年にはエンジンを1基に削減する工事がなされたが、結局58003が主に運用に就き、58001と58002は予備車となっていた。

最終的に1994年にハイモ180-101が樽見鉄道からやってくると58001と58002は廃車となったが、58003については同線が廃止されるまで使用され、さらには有田川町鉄道公園にて動態保存されている。

近い世代の車両[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. 前述のKenjiの前身のジョイフルトレイン。Kenji再改造後は2018年まで延命した。
  2. 最終設計は戦後だが、戦前の鉄道省の気動車エンジンの設計を引き継いでいる。
  3. この関係で同社のキハ52やキハ45などからもDMH17系エンジンは短期間で全滅した。


JR東海の鉄道車両
客車
特急型14系*
急行型12系*
近郊客車50系 (救援車)*
気動車
特急型キハ80 - キハ85 - HC85
急行型キハ58・キハ28*・キハ65*
一般型キハ40・キハ47・キハ48*(・2代目*)キハ11 - キハ25 - キハ75 - キハ30*
電車
特急型381系* - 371系 - 373系 - 383系 - 285系
急行型165系・167系*
近郊型111系・113系* - 115系* - 117系* - 119系* - 123系* - 211系211系0番台*0番台のみ廃車 - 213系 - 311系 - 313系
通勤型315系
事業用車
機関車EF64* - EF65* - DD51*
電車・気動車145系* - キヤ95(ドクター東海) - キヤ97
新幹線
旅客0系* - 100系* - 300系 - 700系 - N700A・N700A・N700S系
検測車923系(ドクターイエロー)
「*」がある形式は国鉄から継承。右上に「廃」と書かれた形式はJR東海には書類上存在しない。なお、JR東海内が保有する国鉄車は全廃している。
データは2022年9月1日現在のもの。
JR JR東日本の鉄道車両
客車
特急型(寝台含む)14系(14形・15形)* - 24系(24形・25形) - E26系
急行型12系*
近郊客車50系* - 旧型客車*
気動車
特急型配置無し
急行型キハ58・キハ28*・キハ65*
一般型キハ40・キハ47・キハ48*(・2代目*) - キハ52* - キハ30・35・36* - キハ37* - キハ38* - キハ45* - キハ100・キハ110 - キハE120・キハE130 - キハ143*(SL銀河用)
電車
直流
特急型183系・189系* - 185系* - 251系 - 253系(1000番台) - 255系 - E257系 - E259系 - E261系 - E351系 - E353系 - 651系(1000番台)
急行型165系・167系・169系* - 157系*
近郊型111系・113系* - 115系* - 123系* - E131系 - 211系* - E231系1000番台 - E233系3000番台
通勤型103系* - 105系* - 107系 - E127系 - E129系 - E131系 - 201系* - 203系* - 205系*(・500番台) - 207系900番台* - 209系 - 215系 - E217系 - E231系(1000番台除く) - E233系(3000番台除く) - E235系 - 301系*
交直流
特急型485系・489系*489系のみ廃車 - 583系* - 651系(0番台) - E653系 - E657系
特急型 (貴賓兼用)E655系
急行型455系・457系*
近郊型401系・403系・415系* - 417系*
通勤型E501系 - E531系
交流
特急型E751系
急行型なし
近郊型715系* - 717系* - 719系
通勤型701系 - E721系
ハイブリット車
気動車キハE200形
ハイブリッド車(蓄電含む)HB-E300系 - HB-E210系 - EV-E301系 - GV-E400形 - EV-E801系
その他車両
旅客E001形四季島専用) - HB-E300系
事業用車
機関車EF60* - EF62* - EF63* - EF64* - EF65* - EF81* - EF510 - DD51* - D51* - C58* - C62*
電車・気動車143系・145系* - E491系 - E493系 - キヤE193 - キヤE195
除雪モーターカーENR-1000
新幹線
旅客200系* - E1系 - E2系 - E3系 - E4系 - E5系 - E6系 - E7系
検測車E926形(East i)
「*」がある形式は国鉄から継承。右上に「廃」と書かれた形式はJR東日本には書類上存在しない。
データは2022年9月2日現在のもの。