JR東海キハ85系気動車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。

JR東海キハ85系気動車(じぇいあーるとうかいキハ85けいきどうしゃ)は、JR東海の保有する特急型気動車の1形式。固定編成の本系列は「JR東海85系気動車」と表記するのが基本だが、JR東海HC85系気動車と混同する者もいるため、あえてキハをつけて区別する。

登場の経緯[編集]

名古屋地区の非電化区間ではキハ80系が飛騨古川以北の運用を止めて、走行キロを抑えながらも定期特急として使われ、全国で最後まで運用に就いていたが、流石に老朽化も進行し、新車への置き換え時期に差し掛かっていた。
そこで、JR化3年目の1989年から本系列を投入して、キハ80系の置き換えを図り、同時に路線整備をして最高速度向上も図ろうとした。

構造[編集]

保守コスト削減のため、軽量ステンレス車体を採用したが、先頭部のみ踏切事故対策のため普通鋼に白塗装とされた。

先頭車にはパノラミックウィンドウが搭載され、車内のハイデッカー仕様と相まって前面展望が良く、いわゆるワイドビューの眺望が実現した。

機器類については当時の日本としては画期的な、数十年ぶりとなる輸入エンジンのカミンズ製DMF14系を1両に2基搭載。出力は1基で350psを確保した。変速機も新潟コンバータ製のC-DW14系を採用し、直結段の多段化を図った。ブレーキ方式は電気指令式ブレーキを採用している。

台車はキハ185系由来の円錐積層ゴム式ボルスタレス台車C-DT57系を採用。1軸駆動だが、牽引装置の改良が図られている。

形式別概説[編集]

キハ85形[編集]

基幹形式。運転台付きの先頭車で、全部で42両が製造されたが、1両が事故廃車の後に代替新造されたため、全車が同時に在籍したことはない。

0番台
1 - 14の14両が在籍。非貫通型先頭車で、定員は60名。
100番台・1100番台
101 - 118の18両が製造されたが、107は落石事故により廃車。その後、119が代替新造されている。貫通型の先頭車で、定員は60名。後に107を除く全車がバリアフリー化工事を施工され、番号を+1000されて1100番台に区分され、定員も10名減少し50名となった。
200番台・1200番台
201 - 209の9両が在籍。貫通型の先頭車だが、男性用小便器を備え、定員は4名減少し56名となった。209についてはバリアフリー化を施工され、1200番台の1209に区分されている。

キハ84形[編集]

運転台のない中間車で、全部で24両が在籍。

0番台
1 - 14の14両が在籍。1と2は量産先行車両で、キハ84形フラノエクスプレスと番号が一時的に重複していた。3以降はドア配置が変更され、行先表示器も字幕式とされた。
200番台
201 - 205の5両が在籍。当初よりバリアフリーに対応する。
300番台
301 - 305の6両が在籍。車いす非対応、車販準備室なしのため、定員は72名を確保した。

キロハ84形[編集]

運転台のない中間車だが、グリーン車と普通車の合造車となっている。1 - 10の10両が在籍。

キロ85形[編集]

運転台付きの非貫通先頭車で、グリーン車となっている。1 - 5の5両在籍。

運用[編集]

まず、特急ひだに試験投入されて実績を重ね、1990年の増備と共に、キハ58系使用の急行「のりくら」を統合して、飛騨古川以北の急行を総格上げした。1991年に名鉄で狭幅限界対応のキハ8500系が登場した。
1992年には、特急南紀に全面置き換えで投入され、キハ80系をすべて淘汰し、1999年の急行「たかやま」格上げで高山本線の優等列車を当系列で総特急化した。

2001年の北アルプス廃止まで、名鉄8500系との併結運用もあった。
2012年まではホームライナーにも使用され、特急設定のない太多線での運用もあったが、2022年現在はすべて廃止されている。

特急ひだは3または4両編成を基本とし、高山 - 富山間ではキロ85組み込みの3両で、岐阜 - 大阪間ではモノクラス3両で原則運用される。

特急南紀はキハ85-1100組み込みの2両編成を基本とし、グリーン車の併結は行わない。

今後[編集]

2022年7月以降、HC85系の投入により車齢30年以上の本系列の代替が行われて廃車が進んでおり、2023年度までにすべての定期運用を終えると予測される。

近い世代の車両[編集]

関連項目[編集]

JR東海の鉄道車両
客車
特急型14系*
急行型12系*
近郊客車50系 (救援車)*
気動車
特急型キハ80 - キハ85 - HC85
急行型キハ58・キハ28*・キハ65*
一般型キハ40・キハ47・キハ48*(・2代目*)キハ11 - キハ25 - キハ75 - キハ30*
電車
特急型381系* - 371系 - 373系 - 383系 - 285系
急行型165系・167系*
近郊型111系・113系* - 115系* - 117系* - 119系* - 123系* - 211系211系0番台*0番台のみ廃車 - 213系 - 311系 - 313系
通勤型315系
事業用車
機関車EF64* - EF65* - DD51*
電車・気動車145系* - キヤ95(ドクター東海) - キヤ97
新幹線
旅客0系* - 100系* - 300系 - 700系 - N700A・N700A・N700S系
検測車923系(ドクターイエロー)
「*」がある形式は国鉄から継承。右上に「廃」と書かれた形式はJR東海には書類上存在しない。なお、JR東海内が保有する国鉄車は全廃している。
データは2022年9月1日現在のもの。