JR東日本E501系電車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
E501系
JR-E Type E501 EC (2836740320).jpg
(大甕駅で撮影)
基本情報
運用者JR東日本
製造年1995年
製造数60両
投入先常磐線
水戸線
主要諸元
編成基本編成10両
付属編成5両
軌間1067 mm
電気方式直流1500V
交流50Hz20000V
制御方式VVVFインバータ制御
Wikipedia-logo.pngウィキペディアJR東日本E501系電車の項目があります。
Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちがJR東日本E501系電車の項目を面白おかしく執筆しています。
Usopedia logo new.pngウソペディアではウソペディアンたちがJR東日本E501系電車の項目をウソの才能を使って執筆しています。

E501系電車(E501けいでんしゃ)は、JR東日本が所有する交直流電車で初の通勤列車である。

概要[編集]

常磐線取手駅から先は交流電化のため従来の103系は入線出来ず、3ドアの415系による運転だった。しかし沿線開発が進み415系では混雑するようになった。それを解決するために初の交直流電車での通勤電車として製造された。

要は、これがあったから開発されたわけである。

車体[編集]

上野に乗り入れていたころの写真。

209系の車体を流用。但し交流機器が目立つ。ラインは緑と白。トイレを後から増設したため窓を埋めた跡がある。

車内[編集]

イス。硬いが人間工学的にはこのほうが疲れにくい。

オールロングシート。モケットは背もたれが緑、座面が青のもの。走ルンですの例に漏れず、イスは硬く[ソース求む!]、またドアチャイムが壊れて不協和音となっている車両がある。というか編成が違うと明らかに音が変わる。2006年以降にトイレが取り付けられた[1]

走行装置[編集]

更新前はドイツの企業・シーメンス製のVVVFインバータを搭載していた。これは発車時にメロディが鳴るもので、「ドレミファインバータ」などと呼ばれていたが、残念なことに機器更新で聞けなくなった。尚、京急2100形電車とは異なり停車時にも鳴っていた。

常磐快速線からの撤退[編集]

長らく常磐快速線で運用されていたが、転機が訪れる。つくばエクスプレスの開業、そしてそれに対抗するためのE531系の投入、そして特別快速の運行開始である。これにより上野駅発着の常磐線近郊列車はE531系のみとなり、E501系は常磐快速線から追い出されてしまった。その後はトイレを取り付け、基本編成は常磐線の土浦以北、付属編成は水戸線で運用されている。

その他[編集]

基本編成(10両)・付属編成(5両)とも4本配置・4本使用のため、検査時等の代走は基本的にE531系の付属編成が使用される。基本編成の代走にはE531系の付属編成2本連結した形で運用されるほか、E531系の基本編成が用いられることもある(この場合編成中のグリーン車は普通車扱いとなる)。[ソース求む!]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]