グリーン車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グリーン車(ぐりーんしゃ)とは日本国有鉄道、及びその後継会社の特別車である。ただし、いくつかの私鉄第三セクター鉄道にも同様な車両が存在する。

概要[編集]

旅客車両は特別料金の不要な普通車が基本だが、豪華な室内設備を欲する旅客のために特別料金を徴収し、提供する車両のことである。

前史[編集]

鉄道が誕生する以前から、高額な運賃を旅客から徴収して豪華な室内設備を提供する公共交通機関として馬車客船があり、鉄道も同様な営業を始めた。

沿革[編集]

日本に鉄道が開通した1872年、旅客車の等級として、上等、中等、下等と設けられ、それぞれの運賃も定めた。現在のグリーン車は中等、普通車は下等に該当する。1900年に上等は一等、中等は二等、下等は三等と改称された。これは1960年まで続く。1960年東海道本線に最後まで連結されていた特別急行列車の一等展望車が二等展望車に格下げされて一等が廃止され、翌1961年に二等が一等、三等が二等に格上げされた。さらに1969年運賃等級制度を廃止して一本化し、従来の一等に乗車するときは特別料金を徴収することにした。この一等をグリーン車と名付け、二等は普通車として現在に至る。

室内設備[編集]

定期列車について述べる。
中央通路の両側に座席間隔が広い、深く倒れる2人掛けのリクライニングシートが並んでいる。これは戦後間もなく製造されたスロ60から始まった。座席間隔は1250mmとし、従来の二等車とはあまりにも室内設備の格差が大きかったために、当初は一等車スイ60として落成する予定だったが、結局、特別急行列車を除いて二等運賃以外に「特別二等料金」を徴収することにした。座席間隔はスロ53から1160mmとなって現在に至る。
これ以外の室内設備として回転クロスシート座敷がある。前者はサロ111サロ110[1]キロ25であり、サロ111とサロ110は1990年代までに廃車、キロ25は1969年中に格下げされて姿を消した。後者はサロ481 500で、客室部分が再びリクライニングシートに置き換えられた。

便所[編集]

国鉄時代の車両の便所和式便所だが、客車グリーン車と特急型グリーン車は原則として客用出入口の近くにある和式便所の反対側の車端部に洋式便所があった。スロ60は2か所の便所はいずれも洋式便所だったが、日本人利用客が不慣れだったために和式便所も設けられた。 (→列車便所

合造車[編集]

グリーン車登場以前は2・3等合造車、1・2等合造車は存在したが、グリーン車登場時には廃車や格下げによりクロハ181を除きほとんど姿を消した。1975年キロハ28が1両改造された後、1985年3月14日ダイヤ改正クロハ481が改造によって多数が登場した。

料金体系[編集]

グリーン車に乗車するときは乗車券のほか、グリーン券が必要である。急行列車に乗車するときはさらに急行券特別急行券が必要である。普通列車のグリーン料金と急行列車のグリーン料金は異なっている。いずれも距離が長くなるにつれて料金が上昇し、急行列車のグリーン料金はB寝台料金よりも高くなる。また、寝台料金同様、小児用の設定はない。特急列車のグリーン料金は急行列車と同額である。
グリーン定期券も発売されている。大人用のみで小児用は発売されていない。
いずれも1989年消費税導入以前は通行税10%を徴収していた。
グリーン券は一列車に一枚必要である[2]。ただし、東京近郊の普通列車のグリーン券はこの限りでなく、途中下車や逆方向乗車をしない限り、一枚で済む。

登場時のグリーン車とその後[編集]

特急形
クロ180-クロハ181-サロ180-サロ181-クロ481-サロ481-サロ581-キロ80-キロ180-ナロ20
急行形
サロ152-サロ163-サロ165-サロ169-サロ451-サロ455-キロ25-キロ26-キロ27-キロ28-キロ58
旧型客車
スロ51-スロフ51-スロ52-スロフ52-スロフ53-スロ54-オロ11-スロ62-スロフ62
近郊形
サロ111-サロ110

私鉄第三セクター鉄道のグリーン車[編集]

2021年1月時点で車両の在籍、料金を設けている事業者。
伊豆急行
智頭急行
土佐くろしお鉄道
2021年1月時点で料金を設けている事業者。
京都丹後鉄道
かつて車両の在籍、料金を設けていた事業者。
小田急電鉄
北越急行
名古屋鉄道
グリーン車に代わる特別車を所有している事業者
東武鉄道
黒部峡谷鉄道
名古屋鉄道
京阪電気鉄道
近畿日本鉄道
南海電気鉄道

現況[編集]

1969年に比べて、グリーン車を連結している列車が運行される路線は大幅に減少した。天北線大社線のように路線そのものが廃止された路線もある。北上線草津線奈良線和歌山線木次線姫新線芸備線吉都線のように急行列車の廃止により普通列車だけになった路線や京阪神の東海道・山陽本線や宇野線快速列車東海道本線の沼津〜静岡間の普通列車や信越本線山陰本線出雲市以西、山口線豊肥本線特急列車のように連結を止めた区間もある。背景には、高速バスなど他の交通機関への転移、利用率の減少から、普通車指定席の室内設備の向上に充てたことが挙げられる。

一方で、JR東日本の線区では、上野駅発着の高崎線常磐線宇都宮線横須賀総武快速線、計画中の中央快速線のように、通勤客がラッシュを避けたり、日中にクロスシートに確実に座れるために新規に設定されている。

客船の等級制度[編集]

日本の船舶の旅客運賃は現在でも等級制度を採用している。長距離フェリーではエコノミー、ファーストと呼ばれる用になったが、佐渡汽船では2020年現在でも2等、1等、特等と分けている。南海フェリーは普通のほかにグリーンがある。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ここではサロ153改造車。
  2. 但し、1974年9月まで全国的に一列車以上でも、グリーン料金は乗車区間通算で支払う制度だった。