中央本線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア中央本線の項目があります。
箇条書きウィキのChakuwiki中央本線の噂項目などがあります。

中央本線(ちゅうおうほんせん)は、東京都東京駅愛知県名古屋市金山駅長野県経由で結ぶJRの鉄道路線。全線を直通する列車は2021年1月現在存在しない。

概要[編集]

沿革[編集]

東京京都の両京間を結ぶ官設鉄道東海道沿いの建設で決着後の1892年(明治25年)に制定された鉄道敷設法(旧法)に沿って建設された。その際、甲府以東で甲州街道に沿って甲武鉄道が開通していた八王子から笹子峠越えで建設するか、鎌倉往還に沿って東海道本線(当時)の御殿場駅から分岐させて御坂峠越えで建設するかで考え方の相違があり、諏訪以西も中山道沿いか中馬街道(飯田・西三河経由)沿いかで争いがあったが、結局、1911年に現在ルートで完成。難所の塩尻峠は回避して、いわゆる「大八廻り」と呼ばれる辰野経由ルートになったが、1983年にみどり湖経由の短絡ルートが開通した。

路線データ[編集]

軌間-1067mm
規格-
電化方式-全線直流電化
線路数-
営業キロ-
閉塞方式-
貨物営業 -全区間で事業許可。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

最高速度[編集]

  • 東京駅 - 八王子駅間:95km/h(E233系0番台で組成した列車 100km/h)[ソース求む!]
  • 八王子駅 - 塩尻駅間:優等列車130km/h、189系の優等列車120km/h、185系の優等列車110km/h、普通列車100km/h[ソース求む!]
  • 塩尻駅 - 中津川駅間:優等列車120km/h、普通列車95km/h[ソース求む!]
  • 中津川駅 - 名古屋駅間:特急130km/h、快速・普通列車110km/h[1][ソース求む!]

路線[編集]

東京駅~高尾駅[編集]

詳細は「中央快速線」を参照

高尾駅~甲府駅[編集]

この区間の特急は「かいじ」が主力。普通列車は大月駅まで一部の快速電車が東京駅から各駅停車で直通するが、主に6両編成の211系が高尾駅(一部は豊田駅立川駅)折り返しで運用され、両数は6両編成[2]がメイン、本数も少なくなる。また、ホリデー快速「ビューやまなし」号も土休日中心に運行されたが、2021年3月改正以降の運行予定は未定である。

甲府駅~塩尻駅[編集]

高尾〜甲府間および塩尻〜松本間を含めて 「中央東線」 と呼ばれることもある。
釜無川国道20号中央自動車道と並行する。小淵沢駅小海線塩尻駅篠ノ井線に接続する。特急「かいじ」は甲府駅竜王駅折り返しとなるが、その先は 「あずさ」 がこの区間を通り篠ノ井線松本駅まで直通、高尾駅始発の普通列車も一部において小淵沢駅または松本駅まで直通するが、高尾駅14時02分発の441Mは松本駅を通り長野駅まで直通する。大糸線からの直通列車も富士見行下り1本がある。

岡谷駅~辰野駅~塩尻駅[編集]

詳細は「辰野支線」を参照

塩尻駅~中津川駅[編集]

  • 沿線は山間部で、まだ若い渓谷地帯であり、河川の上流域にあたり、水流に削られた僅かな平地を縫うように進む。景勝地も多く、ダムも多い。ほぼ中山道(現国道19号)が並行しているほか、奈良井駅までは奈良井川が、薮原駅からは木曽川に沿っている。沿線は中山道宿場町が点在し、駅が近接していて、現在も宿泊できる旅籠が多い。
  • 塩尻駅からは東海旅客鉄道 (JR東海) が管轄する区間のため、駅名標などもJR東海の仕様になっている。そのため 「中央西線」 と呼ばれることもある。普通列車篠ノ井線または松本駅に直通する。
  • 特急しなの」を運行している。塩尻〜南木曽間の普通列車の本数は2時間に1本程度。行楽時の土休日は快速「ナイスホリデー木曽路」が中津川以西直通で運行されていた。
  • 十二兼駅以北は単線区間が多く、複線区間の南木曽駅以西は多少本数が増え、名古屋方面への直通普通列車も運行されている。

中津川駅 - 金山駅[編集]

中津川駅付近から中央自動車道が、瑞浪駅付近から庄内川(土岐川)が並行する。
恵那駅明知鉄道多治見駅太多線大曽根駅名古屋鉄道瀬戸線名古屋市営地下鉄名城線鶴舞駅名古屋市営地下鉄鶴舞線金山駅東海道本線名古屋市営地下鉄名古屋鉄道名古屋本線と連絡する。高蔵寺駅で連絡する愛知環状鉄道勝川駅で連絡する東海交通事業城北線は元々国鉄瀬戸線として建設していたもので、貨物バイパス目的で高蔵寺〜勝川間で複々線用地も確保されていた。
快速列車多治見以東は各駅停車)、普通列車の本数も増加する。瑞浪以西ではかつて名古屋圏で唯一の4扉車だった103系が運用されていた。
すべての旅客列車が名古屋駅に直通するが尾頭橋駅には停車しない。

駅一覧[編集]

東京〜高尾間
中央快速線中央・総武緩行線を参照。
高尾〜塩尻間
高尾駅-相模湖駅-藤野駅-上野原駅-四方津駅-梁川駅-鳥沢駅-猿橋駅-大月駅-初狩駅-笹子駅-甲斐大和駅-勝沼ぶどう郷駅-塩山駅-東山梨駅-山梨市駅-春日居町駅-石和温泉駅-酒折駅-甲府駅-竜王駅-塩崎駅-韮崎駅-新府駅-穴山駅-日野春駅-長坂駅-小淵沢駅-信濃境駅-富士見駅-すずらんの里駅-青柳駅-茅野駅-上諏訪駅-下諏訪駅-岡谷駅-みどり湖駅-(-川岸駅-辰野駅-信濃川島駅-小野駅-)塩尻駅
JR東海区間(中央西線)
塩尻駅-洗馬駅-日出塩駅-贄川駅-木曽平沢駅-奈良井駅-薮原駅-宮ノ越駅-原野駅-木曽福島駅-上松駅-倉本駅-須原駅-大桑駅-野尻駅-十二兼駅-南木曽駅-田立駅-坂下駅-落合川駅-中津川駅-美乃坂本駅-恵那駅-武並駅-釜戸駅-瑞浪駅-土岐市駅-多治見駅-古虎渓駅-定光寺駅-高蔵寺駅-神領駅-春日井駅-勝川駅-新守山駅-大曽根駅-千種駅-鶴舞駅-金山駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ただし、セントラルライナーの最高速度は130km/hであった。
  2. 大月駅から先、一部の列車は3両編成になるものもある。


JC 中央線快速の駅一覧
東京 - 神田 - 御茶ノ水 - 四ツ谷 - 新宿 - 中野 - 高円寺 - 阿佐ケ谷 - 荻窪 - 西荻窪 - 吉祥寺 - 三鷹 - 武蔵境 - 東小金井 - 武蔵小金井 - 国分寺 - 西国分寺 - 国立 - 立川(>>青梅方面) - 日野 - 豊田 - 八王子 - 西八王子 - 高尾(>>大月方面
  
(三鷹 - 御茶ノ水間 : 中央本線、御茶ノ水 - 千葉間 : 総武本線
三鷹 - 吉祥寺 - 西荻窪 - 荻窪 - 阿佐ケ谷 - 高円寺 - 中野 (>>地下鉄東西線) - 東中野 - 大久保 - 新宿 - 代々木 - 千駄ケ谷 - 信濃町 - 四ツ谷 - 市ケ谷 - 飯田橋 - 水道橋 - 御茶ノ水 - 秋葉原 - 浅草橋 - 両国 - 錦糸町 - 亀戸 - 平井 - 新小岩 - 小岩 - 市川 - 本八幡 - 下総中山 - (地下鉄東西線) 西船橋 - 船橋 - 東船橋 - 津田沼 - 幕張本郷 - 幕張 - 新検見川 - 稲毛 - 西千葉 - 千葉
  


JR東日本の鉄道路線
新幹線東北新幹線 - 上越新幹線 - 北陸新幹線(高崎 - 上越妙高)
東海道線東海道本線東京 - 熱海) - 山手線 - 赤羽線 - 南武線 - 鶴見線 - 武蔵野線 - 横浜線 - 根岸線 - 横須賀線 - 相模線 - 伊東線
中央線中央本線(東京 - 塩尻) - 青梅線 - 五日市線 - 八高線 - 小海線 - 篠ノ井線 - 大糸線(松本 - 南小谷)
東北線東北本線 - 常磐線 - 川越線 - 高崎線 - 上越線 - 吾妻線 - 両毛線 - 足尾線 - 水戸線 - 真岡線 - 水郡線 - 日光線 - 烏山線 - 仙山線 - 仙石線 - 石巻線 - 気仙沼線 - 大船渡線 - 北上線 - 釜石線 - 田沢湖線 - 山田線 - 岩泉線× - 花輪線 - 八戸線 - 大湊線
総武線総武本線 - 京葉線 - 外房線 - 木原線 - 内房線 - 成田線 - 鹿島線 - 久留里線 - 東金線
磐越線磐越東線 - 磐越西線 - 只見線 - 会津線
奥羽線奥羽本線 - 米坂線 - 長井線 - 左沢線 - 男鹿線 - 五能線 - 津軽線
羽越線羽越本線 - 白新線
陸羽線陸羽東線 - 陸羽西線
信越線信越本線 - 飯山線 - 越後線 - 弥彦線
※在来線の通称線名は除外した。
全区間を他社移管 一部区間を他社移管 ×廃止