いすみ鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがいすみ鉄道の項目をおカタく解説しています。

いすみ鉄道(いすみてつどう)は国鉄特定地方交通線の木原線を引き継いで、沿線自治体などが出資する第三セクターの鉄道会社である。

沿革[編集]

  • 1988年(昭和63年)3月24日、東日本旅客鉄道(JR東日本)は木原線を廃止し、いすみ線が開業した。
  • 平成19年12月、社長公募が行われ、吉田平社長が就任した。
  • 2009年(平成21年)5月、吉田社長が千葉県知事選出馬のため辞任したため、社長を再公募。2009年(平成21年)6月に鳥塚亮社長が就任した。
  • 2018年(平成30年)の任期満了を以て鳥塚亮社長が退任したため、平成30年7月に社長公募を行い、11月7日に公募3代目として古竹孝一新社長が就任した。

会社概要[編集]

  • 会社設立:1987年(昭和62年)7月7日
  • 営業開始:1988年3月24日
  • 本社:千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264
  • 資本金
    • 授権資本:4億円
    • 払込資本:2億6,900万円
  • 社長:古竹孝一
  • 路線:26.8km(上総中野~大原)
  • 駅数:14駅
  • 従業員数:25名
  • 所有車両:いすみ300(2両)、いすみ350(2両)、キハ20(1両)、キハ28(1両)、キハ52(1両)