JR福知山線脱線事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JR福知山線脱線事故(JRふくちやませんだっせんじこ)とは、平成17年(2005年4月25日午前9時18分頃に兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口駅から尼崎駅間で、快速電車は制限速度70キロの急カーブに約116キロで進入して脱線し、線路脇のマンションに激突して乗客106名と運転士が死亡し、562名が負傷した事故のことである。

この事故でJR西日本の元相談役ら歴代社長など3名が業務上過失致死傷罪で強制起訴されたが、平成29年(2017年)6月に最高裁は「現場カーブの危険性が高いとは認識できなかった」として検察官役の指定弁護士上告棄却し、いずれも無罪とした1審2審判決が確定した。

事故当該車両[編集]

207系は、前4両編成+後3両編成であり、前4両はZ16編成、後3両はS18編成であった。

午前9時18分頃、福知山線の塚口駅~尼崎駅間のカーブに列車が脱線しマンションに激突した。1両目はマンションの駐車場、2車両目は「く」の字に曲がっていた。

事故の背景[編集]

当時のJR西日本では21世紀に入った頃からスピードアップを目指し、ダイヤ改正を行ってきた。余裕のないダイヤが組み込められ運転士には非常にハードだった。1、2分の遅れが生じていた。また阪神淡路大震災以降の経営方針では「安全」の文字がわずか一文字など安全面が欠けていた。 事故の背景にはもう一つあった。それは「日勤教育」というものだった。ミスをした運転士は常務から外され、訓練を行い安全面での上昇、ヒューマンエラーの防止などを行うが、当時のJR西日本ではそれらは行わず、鳥のフンの掃除やミスをした原因を永延にレポートに書かせるなどのいわゆるパワハラが常に行われていた(ナショナルの番組より)。また数分会議に遅れただけでも日勤教育が行われていたという。

事故当日[編集]

事故が発生する前、停車予定だった駅を数メートルオーバーランしていた。走行中は制限時速を大幅に超えており、一回目はATSが鳴った。

ATSの装置[編集]

当時カーブにはATS、自動列車停止装置が付けられていなかった。

法の改正[編集]

この事故を受け法律が改正され、カーブのつくレールにはATSを付けることが義務付けられた。

列車の色の変更[編集]

当時207系電車では青のラインだったが、遺族の配慮により山吹色に変更になった。

外部リンク[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故