近畿日本鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia-logo.pngウィキペディア近畿日本鉄道の項目があります。

近畿日本鉄道(きんきにっぽんてつどう)は、近畿地方や、三重県愛知県を拠点とし路線網をおく鉄道会社大手私鉄)である。日本一路線距離が長い鉄道会社である(508.1km)。近鉄(きんてつ)と呼ばれる。

路線網[編集]

路線名 路線記号 軌間 区間 路線距離
km
備考
近鉄難波線 A 1435mm (標準軌) 大阪上本町駅 - 大阪難波駅 2.0 この2路線の駅番号は大阪難波駅から奈良駅まで通算している。
近鉄奈良線 布施駅 - 近鉄奈良駅 26.7
近鉄京都線 B 京都駅 - 大和西大寺駅 34.6 この2路線の駅番号は京都駅から橿原神宮前駅まで通算している。
近鉄橿原線 大和西大寺駅 - 橿原神宮前駅 23.8
近鉄生駒線 G 王寺駅 - 生駒駅 12.4
近鉄天理線 H 平端駅 - 天理駅 4.5
近鉄田原本線 I 新王寺駅 - 西田原本駅 10.1 近鉄の他路線とは離れているが、西田原本駅構内に橿原線との連絡線がある。
近鉄けいはんな線 C 長田駅 - 学研奈良登美ヶ丘駅 18.8 生駒駅から学研奈良登美ヶ丘駅までは奈良生駒高速鉄道 (第三セクター) が保有。
近鉄大阪線 D 大阪上本町駅 - 伊勢中川駅 107.6 近鉄で一番路線が長い。
近鉄名古屋線 E 伊勢中川駅 - 近鉄名古屋駅 78.8
近鉄信貴線 J 河内山本駅 - 信貴山口駅 2.8
近鉄湯の山線 K 近鉄四日市駅 - 湯の山温泉駅 15.4
近鉄鈴鹿線 L 伊勢若松駅 - 平田町駅 8.2
近鉄山田線 M 伊勢中川駅 - 宇治山田駅 28.3 この3路線の駅番号は近鉄名古屋駅から賢島駅まで通算している。
近鉄鳥羽線 宇治山田駅 - 鳥羽駅 13.2
近鉄志摩線 鳥羽駅 - 賢島駅 24.5
近鉄南大阪線 F 1067mm (狭軌) 大阪阿部野橋駅 - 橿原神宮前駅 39.7 この2路線の駅番号は大阪阿部野橋駅から吉野駅まで通算している。
近鉄吉野線 橿原神宮前駅 - 吉野駅 25.2
近鉄道明寺線 N 道明寺駅 - 柏原駅 2.2
近鉄長野線 O 古市駅 - 河内長野駅 12.5
近鉄御所線 P 尺土駅 - 近鉄御所駅 5.2
近鉄生駒鋼索線 Y 1067mm (狭軌)
鋼索線
鳥居前駅 - 生駒山上駅 2.0 実際の運行は宝山寺駅で分断されている。
近鉄西信貴鋼索線 Z  信貴山口駅 - 高安山駅 1.3

特徴[編集]

駅名標[編集]

  • 鋼索線とけいはんな線を除き、現在は白地ベースのものが使用されている。中央部に焦げ茶色の太い横線が入り、その上に漢字及びひらがなで、横線の部分にはアルファベットで駅名が表記される。アルファベットはヘボン式ローマ字で表記されている。右上には A15 のように駅ナンバリングが入る。また、横線の下には両隣の駅名が漢字とアルファベットで表記され、駅ナンバリングも入っている。矢印は横線の中に、進行方向に則り表示されている。ただし、以下に該当する場合はこれに従う。
    • 駅名に 「近鉄」 が含まれる場合、「近鉄」 が小さく表示される。例えば近鉄奈良駅の場合、「近鉄奈良」 と表記されている。
    • 駅名に 「河内」 など旧国名や 「大阪」 など都道府県名が含まれる場合、旧国名及び都道府県名が小さく表示される。例えば大阪難波駅の場合、「大阪難波」 と表記されている。
    • 上記2例とも、ひらがな及びアルファベットでは全ての文字が同じ大きさで表示される。ただし、「近鉄」 ・旧国名及び都道府県名との間に、アルファベットはハイフンが、ひらがなは半角スペースが入る。例えば近鉄日本橋駅の場合、アルファベットは 「Kintetsu-Nippombashi」 、ひらがなは 「きんてつ にっぽんばし」 と表記されている。
    • 一部の駅で学校名など副駅名が導入されている。この場合、ひらがな表記と横線の間に、小さく副駅名が表記される。なお副駅名は丸カッコで囲まれている。例えば河内小阪駅の場合、ひらがな 「かわち こさか」 と横線の間に(大阪商業大学大阪樟蔭女子大学前)と表記される。
    • 大阪上本町駅の地上乗り場 (大阪線) の駅名標では、大阪難波方面の部分に難波線の路線記号Aが入り、隣に漢字で 「近鉄日本橋 大阪難波 方面 (地下のりば) 」 、下にはアルファベットで 「For Kintetsu-Nippombashi Osaka-Namba (Underground Platform) 」 と表示されている。
  • けいはんな線でも白地ベースのものが使用されている。ただし他路線と違い、下部に深緑とライムグリーンのラインが入っている。若干深緑のラインが太めである。そのラインよりも上のところに漢字で駅名が表示され、その直下にひらがなで小さく、アルファベットは深緑のラインの中にすべて大文字で表記される。漢字の右上には駅ナンバリングが入るが、他路線に比べて小さめである。両隣の駅名も入り、アルファベットは深緑のラインの中に小さく表記される。ただし、以下に該当する場合はこれに従う。
    • 駅名に 「学研」 が入る場合、「学研」 が小さく表示される。例えば学研北生駒駅の場合、「学研北生駒」 と表示されている。ただし、他路線と違いひらがなの部分には空白は入らず、普通に 「がっけんきたいこま」 と表示されている。
    • 2006年延伸開業区間の白庭台駅 - 学研奈良登美ヶ丘駅間は、バックに薄く駅のシンボルマークが入る。

車内放送[編集]

現在は車掌がタブレット端末で操作を行い、車内に自動放送を流している。この形態は2016年3月頃から順次近鉄の各車両に広まったほか、その後は直通先の阪神電気鉄道京都市交通局に所属する車両でも同じような放送が流せるようになっている。

通常は、駅を発車した後に日本語で 「次は、(例)八戸ノ里、八戸ノ里です。」 とアナウンスされ、続いて英語で 「The next stop is Yaenosato. Station number, A-09.」 とアナウンスされる。到着時には日本語で 「八戸ノ里、八戸ノ里です。」 、続いて英語で 「This is Yaenosato. Station number, A-09.」 とアナウンスされる。ただし、駅名標と同様に以下に当てはまる場合はそれに従う。

  • 駅名に 「近鉄」 がつく場合、「近鉄」 を省略して案内する。例えば近鉄丹波橋駅の場合、「次は、丹波橋、丹波橋です。」 とアナウンスされ、英語も同様に 「The next stop is Tambabashi. Station number, B-07.」 とアナウンスされる。
  • 駅名に旧国名や都道府県名がつく場合、日本語では2回目に駅名を言う際に旧国名や都道府県名を省略する。例えば奈良県の大阪上本町駅の場合、「次は、大阪上本町、上本町です。」 とアナウンスされる。ただし、英語では 「The next stop is Osaka-Uehommachi. Station number, D-03.」 とアナウンスされる。
  • 終点の場合、その駅の線路構造により放送が違う。線路が行き止まりになっていない大阪難波駅の場合、「まもなく、大阪難波、難波です。この電車は、この駅までです。」 とアナウンスされる。ただし、線路が行き止まりとなっている名古屋駅の場合 「名古屋、名古屋、終点です。」 とアナウンスされる。なお、どちらも前駅発車後の放送は 「次は名古屋、名古屋です。この電車は、次までです。」 とアナウンスされる。

運行形態[編集]

以下は、駅名に 「近鉄」 がつく場合はそれを省略する。(例:近鉄名古屋駅→名古屋駅)

特急[編集]

小田急電鉄南海電気鉄道と同様、原則として専用の車両を用いて運行され、全車指定席である。なお、小田急の特急ロマンスカー 「はこね」 や南海本線の特急 「サザン」 とは違い、通常の特急列車に列車名はつかない。

大阪 - 名古屋間 (名阪特急)[編集]

大阪難波・上本町 - 名古屋間で運行。東海道新幹線と競合関係にあり、本数では新幹線に劣るが、料金の安さや難波直通の利便性では名阪特急が優勢である。

停車駅によって、大阪・鶴橋駅と名古屋駅の間は原則として津駅にしか停車しない甲特急と、大和八木駅や四日市駅にも停車する乙特急の2タイプがある。また、2012年3月19日までは鶴橋駅と名古屋駅の間はどの駅にも一切停車しない列車もあり、俗に名阪ノンストップ特急と呼ばれていた。また、方向幕には行き先の上に赤でNONSTOPと表記されていた。

原則として、大阪線と名古屋線が接続する伊勢中川駅には止まらず、駅近くの連絡線を通過する。乗務員は津駅で交代する。なお、名阪ノンストップ特急は連絡線走行中に交代していたが、国土交通省からの指摘によりこのような運用は廃止された。

大阪・名古屋・京都 - 伊勢志摩方面 (阪伊特急・名伊特急・京伊特急)[編集]

大阪難波・名古屋・京都駅と賢島駅を結ぶだけでなく、阪伊特急と名伊特急に関しては名阪特急の補完の役割も務めている。このため、一部の阪伊特急及び名伊特急は伊勢中川駅で接続するダイヤが組まれている。また、名伊特急と京伊特急は、どちらも新幹線の止まる名古屋駅及び京都駅を発着しているため、新幹線との接続も念頭に入れている。

2016年伊勢志摩サミット開催前後は鵜方駅まで短縮して運行されていた。

大阪・京都 - 奈良方面 (阪奈特急・京奈特急)[編集]

他の特急系統に比べると短距離で停車駅も比較的多く、奈良線・京都線内の通勤輸送や都市間輸送を担っている。また、京都駅が新幹線停車駅であり、二つの古都・京都と奈良を結んでいるが故に京奈特急に関しては観光輸送も担っている。

南大阪線 (吉野特急)[編集]

大阪阿部野橋駅から吉野方面の輸送を担っているが故に春の桜シーズンは利用者が多い。なお、南大阪線内の随所には急カーブがあり、吉野線内には急勾配がある関係上、他系統と比べて速度が遅い。最高速度は時速110kmである。

脚注[編集]