名古屋市営地下鉄東山線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名古屋市営地下鉄東山線(なごやしえいちかてつひがしやません、名古屋市高速度鉄道第1号線)は、名古屋市営地下鉄の路線。高畑駅- 藤が丘駅を結ぶおよそ20Kmの地下鉄路線である。

概要[編集]

名古屋の地下鉄としては、最初にできた路線であるため、名駅伏見東山公園など、名古屋市内でも主要なスポットを多く系有する路線。[1]そのため、この路線は建設時に駅の設備や車両の横幅を経費削減のためにケチり、小さくて短い列車しか走れないことにより運行本数が多く、昼間でも短時間[2]電車が来る為、待ち時間が少なく乗車できる。

また、この路線は設立時に経費節減とか何とかにより[ソース求む!]、少し小さめの車両を使用しているが、それでも東京の大江戸線のように広告が真っ直ぐ垂らさせられないほど狭くは無く、特に違和感はない。

ラインカラー黄色第三軌条方式を採用している。

駅一覧[編集]

  • 全駅名古屋市に所在。
  • 亀島駅 - 名古屋駅間で西区を通るが、駅はない。


駅番号 駅名 駅カラー[3] 駅間
キロ
営業
キロ
接続路線 地上/地下 所在地
H01 高畑駅
(中川区役所)
10YR7.5/14 - 0.0 地下区間 中川区
H02 八田駅 7.5GY8/6 0.9 0.9 東海旅客鉄道関西本線
近畿日本鉄道E05 名古屋線近鉄八田駅
H03 岩塚駅 10R5/10 1.1 2.0   中村区
H04 中村公園駅 7.5YR7/6 1.1 3.1  
H05 中村日赤駅 5P8/4 0.8 3.9  
H06 本陣駅 5R5/12 0.7 4.6  
H07 亀島駅 10BG6/4 0.9 5.5  
H08 名古屋駅
JRゲートタワー
ジェイアール名古屋タカシマヤ前)
DIC165 1.1 6.6 名古屋市営地下鉄:桜通線(S02)
東海旅客鉄道:東海道新幹線東海道本線中央本線・関西本線
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線(AN01)
名古屋鉄道名古屋本線名鉄名古屋駅:NH36)
近畿日本鉄道:E01 名古屋線(近鉄名古屋駅
H09 伏見駅 5PB2/6 1.4 8.0 名古屋市営地下鉄:鶴舞線(T07) 中区
H10 栄駅 5YR7/12 1.0 9.0 名古屋市営地下鉄:名城線(M05)
名古屋鉄道:瀬戸線栄町駅:ST01)
H11 新栄町駅 5G7/8 1.1 10.1   東区
H12 千種駅 5P6/2 0.9 11.0 東海旅客鉄道:中央本線
H13 今池駅 5PB4/10 0.7 11.7 名古屋市営地下鉄:桜通線(S08) 千種区
H14 池下駅 N6.5 0.9 12.6  
H15 覚王山駅 2.5YR7/6 0.6 13.2  
H16 本山駅 7.5RP7/8 1.0 14.2 名古屋市営地下鉄:名城線(M17)
H17 東山公園駅 5GY8/10 0.9 15.1  
H18 星ヶ丘駅 10R5/14 1.1 16.2  
H19 一社駅 10B7/6 1.3 17.5   名東区
H20 上社駅 7.5YR5/3 1.1 18.6   地上区間
H21 本郷駅 5B7/2 0.7 19.3  
H22 藤が丘駅 5RP7/4 1.3 20.6 愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)(L01)
  • 名古屋駅と本郷駅では、駅名標は漢字表記だが、切符は「なごや」「ほんごう」と平仮名で表記される。また中村公園駅は切符には「なかむら公園」と表記されている[4]

使用車両[編集]

現行車両[編集]

過去の車両[編集]

新駅計画[編集]

名古屋駅 - 伏見駅間に「柳橋駅(仮称)」を設置する検討がされており、2027年リニア中央新幹線開業に合わせて新駅を開業させたいとしている[5][6]

脚注[編集]

  1. 余談だが、東京で最初にできた地下鉄は銀座線(東京メトロ)
  2. 毎時12本で5分毎
  3. 名古屋市交通局 入札仕様書「東山線可動式ホーム柵の整備(運輸関係分)その1」で可動式ホーム柵の軌道側(電車側)の面に掲示される駅名表示板の色指定。可動式ホーム柵の戸袋上部色とは異なる。対応するRGB値は日本塗料工業会のペイントカラー検索システムによる。
  4. 自動改札導入以前に駅員が目視で切符を判別しやすくするために導入された方式の名残りで、それぞれ名古屋港駅・本陣駅・中村日赤駅との判別を容易にしている。なお星ヶ丘駅と藤が丘駅の切符では、星ヶ丘は「丘」、藤が丘は「藤」をそれぞれ大きな文字にすることで判別を容易にしている。なお、manacaではこの表記ではなく、普通に表記される。
  5. 地下鉄東山線に新駅検討へ”. NHK (2014年3月6日). 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月6日確認。
  6. “名古屋市、幻の「柳橋駅」設置検討 地下鉄・東山線”. 中日新聞. (2014年3月7日). オリジナル2014年3月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140307160323/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014030790014521.html 2014年6月6日閲覧。 

関連項目[編集]