愛知環状鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
社章

愛知環状鉄道(あいちかんじょうてつどう)は、愛知県に本社を置く鉄道事業者。愛知県岡崎市から豊田市瀬戸市を経由して春日井市を結ぶ愛知環状鉄道線を運行する第三セクター方式の事業者である。略称は愛環(あいかん)。


概要[編集]

1986年9月に会社設立。1988年1月31日に岡崎〜新豊田間のJR岡多線を継承し、新豊田〜高蔵寺間を新規に建設して鉄道線を開業。

沿線にはトヨタ自動車の工場を始めとして、トヨタ関係の企業が多く立地する。また都市化が進んだ地域を走っているので利用者が多く、第三セクター鉄道では数少ない黒字経営の事業者であるが、県立高校普通科の学区が瀬戸市と豊田市の市境で分かれることもあり、沿線に全県学区の総合学科の公立高ができるまで通学輸送は活発ではなかった。

全区間のうち、三河豊田駅付近は廃止された名鉄挙母線の路盤を転用。また、北岡崎駅から名鉄挙母線の貨物線を引き継いだユニチカの貨物線が分岐しており、2010年4月に貨物輸送事業が廃止されるまで貨物輸送が継続された。なお、当初の岡多線開業目的であるトヨタ自動車の自動車鉄道輸送は、国鉄時代の1984年に終了している。

愛知万博輸送[編集]

愛知環状鉄道といえば、2005年の愛知万博輸送について外すことは出来ない。メイン会場となった長久手会場の至近を通過する唯一の普通鉄道である愛知環状鉄道は、万博開催時に多数の利用客が押し寄せることが予想され、万博開催前に一部区間の複線化、高蔵寺駅でJR東海中央本線との連絡線建設、岡崎駅-六名駅間で東海道本線上り線と線路を共有していた区間の線路増設などを行った。

また、2004年10月10日から2005年9月30日まで、万博会場に最も近い八草駅を「万博八草駅」に改称し、そこから愛知高速交通(リニモ)やシャトルバスと連絡する体制を築いた。

万博開催期間中、名古屋駅からの直通列車である「エキスポシャトル」を設定し、毎時3往復の列車を4両編成で運転した。これらの増発によって乗務員が不足するため、近畿日本鉄道JR東海から出向を受け入れた。

愛知環状鉄道線[編集]

車両[編集]

  • 2000系

2003年に運用を開始。JR東海313系電車のほぼ丸コピ。

乗り入れ車両[編集]

すべてJR中央本線に直通する。しかも両数は驚異の10両編成。

過去の車両[編集]

  • 100系

開業時に用意された車両。片運転台の100・200形と増結用で両運転台の300形が存在した。2005年の万博輸送終了後に引退し、一部はえちぜん鉄道へ譲渡された。

駅一覧[編集]

駅名 接続路線 所在地
岡崎駅 JR東海道本線 岡崎市
六名駅  
中岡崎駅 名鉄名古屋本線岡崎公園前駅
北岡崎駅  
大門駅  
北野桝塚駅  
三河上郷駅   豊田市
永覚駅  
末野原駅  
三河豊田駅  
新上挙母駅 名鉄三河線上挙母駅
新豊田駅 名鉄三河線(豊田市駅
愛環梅坪駅  
四郷駅  
貝津駅  
保見駅  
篠原駅  
八草駅 愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)
山口駅   瀬戸市
瀬戸口駅  
瀬戸市駅 名鉄瀬戸線新瀬戸駅
中水野駅  
高蔵寺駅 JR中央本線 春日井市