近鉄名古屋線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近鉄名古屋線
近鉄5800系DG12編成.jpg
名古屋線の最新鋭通勤車5800系DG12編成
基本情報
所在地三重県愛知県
起点伊勢中川駅
終点近鉄名古屋駅
駅数44駅
開業1915年9月10日
全通1938年6月26日
運営者近畿日本鉄道
路線諸元
路線距離78.8 km
軌間1,435 mm標準軌
線路数複線

近鉄名古屋線(きんてつなごやせん)は、近畿日本鉄道(近鉄)の鉄道路線愛知県名古屋市中村区近鉄名古屋駅から、三重県北中勢の主要都市を経由し、三重県松阪市伊勢中川駅に至る路線である。伊勢中川駅で近鉄大阪線及び近鉄山田線に接続する。最高速度は120km/h。

概要[編集]

近畿日本鉄道の幹線路線のひとつで、沿線には名古屋市、愛知県弥富市、三重県桑名市四日市市鈴鹿市津市松阪市などがあり、三重県北中部の諸都市を結ぶ主要な交通手段である。

近鉄の幹線の中では輸送密度が低い路線ではあるが、最盛期からの落ち込みが少ない路線であり、国鉄分民化後にJR東海が対抗した関西本線普通や快速みえとの競争にも優位に立っており、東海道新幹線開通以降に東日本からの乗換客を誘導する施策は現在も有効に機能している。

近鉄大阪線に次ぐ路線距離を持つ。1938年(昭和13年)に全通した後も、改軌による大阪線との軌間統一、複線化、線形改良など様々な近代化施策が行われており、当駅から大阪府大阪市三重県伊勢市鳥羽市志摩市を結ぶ近鉄特急が運行されている。

駅一覧[編集]

出典:[1]

駅番号 駅名 接続路線 所在地
E01 近鉄名古屋駅 JR : 東海道新幹線CA東海道本線CF中央本線CJ関西本線...名古屋駅
名古屋鉄道 : NH名鉄名古屋本線IY名鉄犬山線TA名鉄常滑線...名鉄名古屋駅
名古屋市営地下鉄 : H東山線S桜通線...名古屋駅
名古屋臨海高速鉄道 : AN あおなみ線...名古屋駅
愛知県 名古屋市 中村区
E02 米野駅  
E03 黄金駅
E04 烏森駅  
E05 近鉄八田駅 JR : CJ関西本線...八田駅
名古市営地下鉄 : H東山線...八田駅
E06 伏屋駅   中川区
E07 戸田駅  
E08 近鉄蟹江駅 海部郡蟹江町
E09 富吉駅  
E10 佐古木駅 弥富市
E11 近鉄弥富駅 JR : CJ関西本線、名鉄尾西線...弥富駅
E12 近鉄長島駅 三重県 桑名市
E13 桑名駅 養老鉄道養老線
JR : CJ関西本線 (CJ07)
三岐鉄道北勢線西桑名駅
E14 益生駅  
E15 伊勢朝日駅   三重郡朝日町
E16 川越富洲原駅   三重郡川越町
E17 近鉄富田駅 三岐鉄道:三岐線 四日市市
E18 霞ヶ浦駅
E19 阿倉川駅  
E20 川原口駅  
E21 近鉄四日市駅 近畿日本鉄道K 湯の山線 (K21)
四日市あすなろう鉄道内部線あすなろう四日市駅
E22 新正駅  
E23 海山道駅  
E24 塩浜駅  
E25 北楠駅  
E26 楠駅  
E27 長太ノ浦駅 鈴鹿市
E28 箕田駅  
E29 伊勢若松駅 近畿日本鉄道:L 鈴鹿線 (L29)
E30 千代崎駅  
E31 白子駅  
E32 鼓ヶ浦駅  
E33 磯山駅  
E34 千里駅   津市
E35 豊津上野駅  
E36 白塚駅  
E37 高田本山駅  
E38 江戸橋駅  
E39 津駅 JR:紀勢本線
伊勢鉄道伊勢線
E40 津新町駅  
E41 南ヶ丘駅  
E42 久居駅  
E43 桃園駅  
E61 伊勢中川駅 近畿日本鉄道:D 大阪線 (D61)・M 山田線 (M61) 松阪市

歴史[編集]

関西本線参宮線亀山を迂回したため、鉄道路線がなかった港町白子と津を結ぶために1915年に伊勢鉄道(初代、後の伊勢電気鉄道)によって1067mm軌間の蒸気鉄道として開業。1924年に四日市駅に延伸し、翌年、熊沢一衛が社長に就任すると強気の策に出て、1926年に高速運転を志向した電化、1929年に桑名への延長、1930年には、香良洲、徳和経由で伊勢市の大神宮前駅まで開業させた。こうして名古屋進出目前だった1930年前半に「熊沢バブル」が崩壊。1936年、江戸橋〜桑名間が参宮急行電鉄(参急)に買収され、香良洲・徳和経由の路線は徐々に支線化した。

伊勢中川〜江戸橋間(久居経由)は、軽便の中勢鉄道(伊勢川口〜岩田橋を運営)の路線権を活用した参宮急行電鉄によって1435mm軌間の電化路線として開業。江戸橋以北買収後1067mm軌間に改軌して直通した。

名古屋進出は、「熊沢バブル」の後始末として設立された関西急行電鉄(関急電)によって行われ、1938年に桑名〜近鉄名古屋間が開通し、現在の近鉄名古屋線が形成された。

参急と関急電は1941年に合併して関西急行鉄道となったが、1942年に支線の新松阪以南が廃止されて名古屋〜伊勢間の直通が一時中断された。1944年には近畿日本鉄道の路線となった。

改軌による名阪連絡は戦後の課題となったが、1959年伊勢湾台風が襲来して被災後、当時の佐伯勇社長が「復旧を兼ねて改軌作業を前倒ししよう。」と決断したことで、同年11月27日に名古屋線全区間の改軌を完工。同年12月には名阪直通列車を運行させ、さらに1942年以来中断していた名伊直通列車を復活させた。

車両[編集]

名古屋線は大阪線奈良線とは異なり、平坦区間が多いことから抑速ブレーキのない車両かつ低MT比の車両が優先的に用いられたが、運用や整備の都合で不便であることから、けいはんな線や南大阪線以外からの線区からの転入により順次淘汰され、抑速ブレーキのない車両は2021年現在一部の3両固定編成と1810系のみとなっている。

また、鈴鹿線湯の山線山田線鳥羽線志摩線でも名古屋線の車両が使用される。

ここでは主に通勤車を挙げるが、新車投入は1997年で止まっており、シリーズ21は1両も投入されていない。また、大阪線や奈良線と比べるとリニューアルのペースも遅れているなど車両に関してはかなり冷遇される傾向にある。

特記事項がない限りは富吉検車区に配置される。6両固定編成は配置されない。

通勤車両 (現有)[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

2021年現在の保有状況を挙げる。

2両固定編成
  • 1810系 - 2本4両のみの配置。それ以外の2両は大阪線所属。抑速ブレーキをもたない。
  • 2800系 - AX12とAX14が該当。丸屋根車両はこの2系列のみとなっている。
  • 1201系 - 山田線ワンマンに対応。10本20両全車が明星検車区の配置。
  • 9000系 - 一部編成が山田線ワンマンに対応。8本16両全車の配置。2連の界磁チョッパ制御車は2021年現在名古屋線系統に集中配置されている。
  • 1230系・1233系・1240系・1253系・1259系 - 日立製VVVFを搭載。14本28両が該当。1233系と1253系以外はワンマン対応で、明星検車区に配置される。
  • 1430系・1440系 - 三菱製VVVFを搭載。5本10両が該当。1440系はワンマン対応で、明星検車区に配置される。
3両固定編成
  • 1000系 - 5本15両全車が明星検車区に配置される。ワンマン非対応。抑速ブレーキをもたない。
  • 1010系 - 4本12両全車が明星検車区に配置される。抑速ブレーキをもたない。ク1111は名古屋線の旅客車で唯一金属ばね台車を履く。この車両を含むT11編成のみワンマン非対応。
  • 2430系・2444系 - 5本15両が該当。うち2本がワンマン対応車の2444系で、2430系2本以外は明星検車区に配置される。
  • 2800系 - AX01 - AX04, 09が該当。ワンマン非対応。
  • 2000系 - 11本33両全車が配置され、うち2本のみワンマン非対応。
  • 2050系 - 2本6両全車が明星検車区に配置される。
4両固定編成
このグループはすべて富吉検車区の配置であり、トイレを備える。
  • 1400系 - FC07編成が該当。宇治山田方先頭車にトイレを備える。
  • 2610系 - L/Cカーの3本のみの配置。宇治山田方から数えて2両目にトイレを備える。明星車は大阪線で使用されるためここでは扱わない。
  • 2800系 - AX11, 13, 15, 17編成が該当。宇治山田方から数えて2両目にトイレを備えるが、AX17編成のみ位置が異なる。
  • 1200系・2430系・2410系 - 2本8両全車が該当。宇治山田方から数えて2両目にトイレを備える。
  • 5800系 - DG12編成が該当。宇治山田方から数えて2両目にトイレを備える。
  • 5200系・5209系・5211系 - VX02, 03, 07 - 13編成が該当。両先頭車にトイレを備える。この9本のみで限定運用を組んでおり、予備車がないことから代走は大阪線所属の2610系ロングシート車で行われる。

外部リンク[編集]

近畿日本鉄道 (近鉄) の路線
大阪・京都・奈良方面A難波線 | A奈良線 | G生駒線
D大阪線
| J信貴線
B京都線
| B橿原線 | H天理線 | I田原本線
Cけいはんな線
伊勢志摩・名古屋方面E名古屋線 | L湯の山線 | K鈴鹿線
M山田線
| M鳥羽線 | M志摩線
河内・吉野方面F南大阪線 | F吉野線 | N道明寺線 | O長野線 | P御所線
鋼索鉄道Y生駒鋼索線 | Z西信貴鋼索線
  1. 路線図(名古屋線・湯の山線・鈴鹿線)”. 近畿日本鉄道. 近鉄電車ご利用案内. 近畿日本鉄道. 2022年1月5日確認。