名鉄瀬戸線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄瀬戸線
読みめいてつせとせん
運営名古屋鉄道(名鉄)
区間栄町駅 - 尾張瀬戸駅
公式サイト瀬戸線
Wikipedia-logo.pngウィキペディア名鉄瀬戸線の項目があります。

名鉄瀬戸線(めいてつせとせん)は、名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。瀬戸市尾張旭市名古屋市守山区の3自治体にとって最も重要な鉄道路線である。

歴史[編集]

1905年明治38年)に瀬戸電気鉄道(瀬戸電)として開業し、1939年昭和14年)に名鉄瀬戸線となった。瀬戸産の陶磁器を輸送したり、資材を運搬することを主目的として建設された。1978年(昭和53年)には名古屋側の終着駅が堀川駅から栄町駅に変更され、名古屋の中心繁華街である栄に進出した。以前の堀川駅方面への線路は、名古屋城の外堀の中を通っていた。都心乗り入れによって廃止となったお濠区間の周囲は、現在でもの保護などのためにほとんど開発されておらず、階段などの遺構を見つけることは容易である。

瀬戸線の都心乗り入れに関しては、最初は現在の名城線との乗り入れなども検討されていたが、名古屋市と名鉄の対立などから、名鉄が持っていた現在の鶴舞線日進駅周辺の敷設免許を名古屋市に譲り、その見返りに名鉄による瀬戸電都心乗り入れを許可するといった流れで建設された。

特徴[編集]

愛知県名古屋市東区の栄町駅瀬戸市尾張瀬戸駅を結んでおり、名古屋市東区・中区・北区・守山区、尾張旭市、瀬戸市を通る。名古屋市営地下鉄東山線名城線JR中央本線名古屋ガイドウェイバス志段味線(ゆとりーとライン)、愛知環状鉄道線と接続している。主要駅には栄町駅や大曽根駅、尾張瀬戸駅などがある。

この路線は、ほかの名鉄路線とは一切接続せず、孤立している。よって、名鉄名物である逝けば分かるさダイヤがこの路線で発生した例はほとんど存在しない。

また、現段階では行き違い線が存在しないため、種別を問わず先に発車した列車が終着駅に先着する。現在、喜多山駅の立体交差化事業と同時に改良工事を行っている。

水野駅(みずのえき)の自動放送における発音上のアクセントは「ず」にかかる。また、広告の「駅からダッシュで14秒、いまい歯科」が有名である。

かつて瀬戸電気鉄道という名称であり、語感も良いことから、今でもこの路線を「せとでん」の名で呼ぶことがある。

使用車両[編集]

3300系一編成を除いて車両は2008年(平成20年)以後に導入された4000系であり、名鉄の路線の中では経過年数の浅い列車が多い路線である。検車区が住宅密集地の尾張旭に移設され、塗装設備の設置が不可能であったために全車をステンレス車へ更新した。それまでの瀬戸線の車両は、名鉄最古の吊りかけ駆動方式で製造された名鉄6750系電車など、本線系統と比べると見劣りするものが多かった。

  • 4000系
  • 3300系

駅一覧[編集]

駅名 準急 急行 接続路線 所在地
栄町駅 名古屋市営地下鉄東山線栄駅
名古屋市営地下鉄名城線栄駅
名古屋市東区
東大手駅   名古屋市中区
清水駅   名古屋市北区
尼ヶ坂駅  
森下駅   名古屋市東区
大曽根駅 JR中央本線
名古屋市営地下鉄名城線
名古屋ガイドウェイバス志段味線
矢田駅  
守山自衛隊前駅 名古屋ガイドウェイバス志段味線 名古屋市守山区
瓢箪山駅  
小幡駅  
喜多山駅  
大森・金城学院前駅  
印場駅   尾張旭市
旭前駅  
尾張旭駅  
三郷駅  
水野駅   瀬戸市
新瀬戸駅 愛知環状鉄道線瀬戸市駅
瀬戸市役所前駅  
尾張瀬戸駅  

外部リンク[編集]