名古屋市営地下鉄桜通線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名古屋市営地下鉄桜通線(なごやしえいちかてつさくらどおりせん、名古屋市高速度鉄道第6号線)は、名古屋市営地下鉄の路線。中村区役所駅 - 徳重駅を結ぶおよそ15Kmの地下鉄路線である。

概要[編集]

名古屋の地下鉄としては運行開始がもっとも遅いため、全体的にが深い位置にある。中心市街地では桜通りを走っているため、桜通線と名づけられた。とはいえ、実際に桜通り直下を走っているのは全体の半分にも満たないほんの一部だけである。

この路線は、名古屋駅から栄駅の間が混雑する東山線のバイパスなどとして開通したものの、他の区間は拠点となる駅がなく、ラインカラー同様赤字である[1]となっている[2]。また、こういった経緯より、路線図などを見ると、なんと読むのか一瞬ウッとなるような難読の駅が多い。

ラインカラーは色。第三軌条方式を採用。沿線には学校が多い。

駅一覧[編集]

全駅名古屋市に所在。駅名左の■の色は可動式ホーム柵などに使われるテーマカラー

駅番号 駅名 駅間
キロ
営業
キロ
接続路線 所在地 ホーム形状
S01 中村区役所駅 - 0.0   中村区 島式
S02 名古屋駅 0.9 0.9 名古屋市営地下鉄:東山線(H08)
東海旅客鉄道東海道新幹線東海道本線中央本線関西本線
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線(AN01)
近畿日本鉄道E 名古屋線近鉄名古屋駅:E01)
名古屋鉄道名古屋本線名鉄名古屋駅:NH36)
S03 国際センター駅 0.7 1.6  
S04 丸の内駅 0.8 2.4 名古屋市営地下鉄:鶴舞線(T06) 中区
S05 久屋大通駅 0.9 3.3 名古屋市営地下鉄:名城線(M06)
S06 高岳駅 0.7 4.0   東区
S07 車道駅 1.3 5.3  
S08 今池駅 1.0 6.3 名古屋市営地下鉄:東山線(H13) 千種区
S09 吹上駅 1.1 7.4  
S10 御器所駅
(昭和区役所)
1.0 8.4 名古屋市営地下鉄:鶴舞線(T12) 昭和区
S11 桜山駅
市立大学病院
1.1 9.5   瑞穂区
S12 瑞穂区役所駅 0.9 10.4  
S13 瑞穂運動場西駅 0.7 11.1  
S14 新瑞橋駅 0.7 11.8 名古屋市営地下鉄:名城線(M23)
S15 桜本町駅 1.1 12.9   南区
S16 鶴里駅 0.9 13.8  
S17 野並駅 1.1 14.9   天白区
S18 鳴子北駅 1.1 16.0  
S19 相生山駅 0.9 16.9   緑区
S20 神沢駅 1.4 18.3  
S21 徳重駅 0.8 19.1  

脚注[編集]

  1. しかし、実は乗客だけなら名鉄瀬戸線よりも多いことをお忘れなくっ。
  2. 実際には、ラインカラーとは無関係。の...はず.....。。

関連項目[編集]