日本貨物鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが日本貨物鉄道の項目をおカタく解説しています。
日本貨物鉄道のロゴ

日本貨物鉄道株式会社(にっぽんかもつてつどう、:Japan Freight Railway Company)とは、貨物業務を専門とする日本の鉄道会社。略称として、JR貨物JRFなどがある。

概要[編集]

1987年4月1日国鉄分割民営化によって日本国有鉄道より貨物業務を引き継いで設立した。貨物業務を主としているため、経営基盤は弱いとされている。そのため、現在に至るまで鉄道建設・運輸施設整備支援機構国鉄清算事業本部が全株式を保有しており、株式上場の目処はたっていない。

当社が所有する鉄道路線は少なく、JR旅客鉄道線やJRから転換した第三セクター鉄道路線で第2種鉄道事業者として貨物営業を行っている。

沿革[編集]

昭和62年(1987年)に国鉄が民営化した際に発足したJR貨物などが担う事業のことである。食品・化学薬品自動車部品などをコンテナに入れて運ぶコンテナ輸送のほかに、石油セメントなど専用の貨車で運ぶ車扱輸送がある。日本全国の各地に貨物駅が存在し、最長の運行区間は札幌貨物ターミナル駅札幌市白石区[注釈 1])から日本海縦貫線経由での福岡貨物ターミナル駅福岡市東区[注釈 2])への2140キロである。最大で26両連結で10トントラックの65台分の貨物を1度に遠くまで運べるうえ、二酸化炭素の排出量も少ないというメリットもある。JR貨物は中国韓国との間で運航するフェリーなどと連携して国際物流も手掛けている。

保有車両[編集]

機関車

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


その他[編集]

鉄道愛好家で作家の宮脇俊三は、分割民営化直後のJRグループ各社代表との対談で、青函航路をJR貨物が運営し、危険物輸送が出来ないかを提言していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. JR千歳線平和駅近くにある。
  2. 西日本鉄道貝塚駅近くにある。