日本貨物鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが日本貨物鉄道の項目をおカタく解説しています。
日本貨物鉄道のロゴ

日本貨物鉄道株式会社(にっぽんかもつてつどう、:Japan Freight Railway Company)とは、貨物業務を専門とする日本の鉄道会社。略称として、JR貨物JRFなどがある。

概要[編集]

1987年4月1日国鉄分割民営化によって日本国有鉄道より貨物業務を引き継いで設立した。貨物業務を主としているため、経営基盤は弱いとされている。そのため、現在に至るまで鉄道建設・運輸施設整備支援機構国鉄清算事業本部が全株式を保有しており、株式上場の目処はたっていない。

当社が所有する鉄道路線は少なく、JR旅客鉄道線やJRから転換した第三セクター鉄道路線で第2種鉄道事業者として貨物営業を行っている。

沿革[編集]

昭和62年(1987年)に国鉄が民営化した際に発足したJR貨物などが担う事業のことである。食品・化学薬品自動車部品などをコンテナに入れて運ぶコンテナ輸送のほかに、石油セメントなど専用の貨車で運ぶ車扱輸送がある。日本全国の各地に貨物駅が存在し、最長の運行区間は札幌貨物ターミナル駅札幌市白石区[注釈 1])から日本海縦貫線経由での福岡貨物ターミナル駅福岡市東区[注釈 2])への2140キロである。最大で26両連結で10トントラックの65台分の貨物を1度に遠くまで運べるうえ、二酸化炭素の排出量も少ないというメリットもある。JR貨物は中国韓国との間で運航するフェリーなどと連携して国際物流も手掛けている。

保有車両[編集]

ここでは民営化後に登場した車両のみ取り上げる。

貨物牽引用機関車[編集]

EF210形

詳細は「JR貨物EF210形電気機関車」を参照

愛称はECO-POWER 桃太郎1996年より運用されている、直流電気機関車。東海道・山陽系統やセノハチの後補機用の1300t牽引機。平坦線区向け。

安中貨物を牽引するEH500。
EH500形

詳細は「JR貨物EH500形電気機関車」を参照

愛称はECO-POWER 金太郎1997年より運用されている、交直両用電気機関車。九州地区や東北地区で運用される。

DF200形

詳細は「JR貨物DF200形ディーゼル機関車」を参照

愛称はECO-POWER RED BEAR1992年より運用されている、電気式ディーゼル機関車。北海道や関西本線で運転されている。

高崎線を走るEH200
EH200形

詳細は「JR貨物EH200形電気機関車」を参照

愛称はECO-POWER ブルーサンダー2001年より運用されている、直流電気機関車。坂道向けのため、力が強い。

EH800形

詳細は「JR貨物EH800形電気機関車」を参照

2012年より運用されている、交流電気機関車。複電圧式であり、青函トンネルとの新幹線共用区間も走行できる。

EF510形

詳細は「JR貨物EF510形電気機関車」を参照

愛称はECO-POWER レッドサンダー2001年より運用されている、交直両用電気機関車。日本海縦貫線を主として走行している。

またかつて北斗星カシオペアを牽引していた車両は、現在JR東日本から譲渡され塗装はそのまま活躍している。

貨物牽引入替兼用機関車[編集]

DD200形

詳細は「JR貨物DD200形ディーゼル機関車」を参照

2019年より運用されている、電気式ディーゼル機関車。構内入替も貨物牽引も可能。

入替専用機関車[編集]

HD300形

詳細は「JR貨物HD300形ハイブリッド機関車」を参照

2012年より使用されている、ハイブリッド機関車。構内入替に特化している。鉄道友の会のローレル賞も受賞した。

DB500形

詳細は「JR貨物DB500形ハイブリッド機関車」を参照

2016年より使用されている、液体式機関車。HD300形より車体が小さく、規模の小さい貨物駅などで構内入替を行っている。

貨物電車[編集]

M250系

詳細は「JR貨物M250系電車」を参照

愛称はスーパーレールカーゴ2004年より使用されている、直流貨物電車。佐川急便の専用高速貨物列車として、東京貨物ターミナル安治川口間で運行中。

かつて保有していた車両[編集]

EF200形
民営化直後、JR貨物が開発した機関車。牽引力を高め需要に応えようとしたが、フルパワーを出した時に変電所の機能を停止させるという不祥事により増備は22機に留まり、出力も抑えられた。2019年にEF210形に置き換えられ引退。現在は広島運転所に保存されている。
EF500形
EF200形と同じく、民営化直後に登場した機関車。交直流機関車の置き換えを目的としたがこちらは消費電力の問題から早々に引退された。この時の教訓はEF510形に生かされた。現在は日立製作所に保存されている。
ED500形
上記2つと同じく民営化直後に登場した機関車。青函トンネルで使うものとして開発されたが軸重が軽く、空転を起こした為、早々に日立製作所に返品された。現在は解体済み。

その他[編集]

鉄道愛好家で作家の宮脇俊三は、分割民営化直後のJRグループ各社代表との対談で、青函航路をJR貨物が運営し、危険物輸送が出来ないかを提言していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. JR千歳線平和駅近くにある。
  2. 西日本鉄道貝塚駅近くにある。
本社・支社本社 - 北海道支社 - 東北支社 - 関東支社 - 東海支社 - 関西支社 - 九州支社
工場苗穂車両所 - 鷲別機関区輪西派出 - 郡山車両所 - 大宮車両所 - 川崎車両所 - 名古屋車両所 - 広島車両所 - 小倉車両所
車両基地鷲別機関区 - 五稜郭機関区 - 仙台総合鉄道部 - 東新潟機関区 - 高崎機関区 - 大井機関区 - 新鶴見機関区 - 塩尻機関区 - 愛知機関区 - 富山機関区 - 吹田機関区 - 岡山機関区 - 広島車両所 - 幡生総合鉄道部 - 門司機関区
運転区札幌機関区 - 五稜郭機関区 - 青森総合鉄道部 - 秋田総合鉄道部 - 仙台総合鉄道部 - 郡山総合鉄道部 - 東新潟機関区 - 黒磯機関区 - 田端機関区 - 大井機関区 - 千葉機関区 - 新鶴見機関区 - 塩尻機関区 - 静岡総合鉄道部 - 稲沢機関区 - 富山機関区 - 敦賀機関区 - 吹田機関区 - 岡山機関区 - 広島機関区 - 幡生総合鉄道部 - 門司機関区 - 福岡総合鉄道部 - 鳥栖総合鉄道部 - 大分総合鉄道部