多治見市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多治見市(たじみし)は、岐阜県南東部に位置する東濃の中心都市である。人口は約11万2000人。陶磁器の国内生産量の約5割を誇る美濃焼の産地である。愛知県名古屋市までJR中央本線で約30分であり、名古屋市のベッドタウンとして発展している。

概要[編集]

岐阜県でJR中央本線が通る市町村の中で最大の都市。名古屋市へのアクセスが良く平地も広いため、名古屋市のベッドタウンとして発展した。また、大企業の工場誘致にも力を入れている。

内陸の盆地であるため夏は高温になることが多く、2007年8月16日には日本の歴代最高気温40.9℃を記録した。その後記録は塗り替えられたが、夏が暑いことに変わりはない。冬は気温が低く寒いが、積雪量は少ない。

特産品[編集]

  • 美濃焼