名古屋市営地下鉄

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名古屋市営地下鉄(なごやしえいちかてつ)は、愛知県名古屋市に本社を置く、名古屋市交通局が運行する公営地下鉄。

概要[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

主に名古屋市交通局が運行している名古屋市地下鉄。戦後、復興事業の一環として道路と並行して整備された東山線が始まりで、その後、市内に路線網を拡大していった。

沿革[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

第1次計画の策定 (1936年)[編集]

名古屋市は、第一次世界大戦後、急激に発展し、昭和9年には人口が100万人を突破。当時の交通機関の主役であった路面電車は、混雑ぶりが顕著であったため、市議会でのなんやかんやの結果、東京と大阪ですでに建設されていた地下鉄を作ろう、地下鉄しかない、地下鉄がないと死んでしまう!!という機運が高まり、建設計画がたてられた。7路線52kmの計画で、現在の東山線のもとかと思われる、新池(東山らへん)と、中村を結ぶ路線が出現している。それ以外にも、現在存在する路線と同じあたりを走る区間がいくつか見受けられる。

しかし、この計画は当時の1億3000万円と莫大な金額が必要であったこと、市内の民間バスの買収に多額の資金が必要だったことなどから、地下鉄建設は一時的に見送られることとなった。

第2次計画の策定 (1940年)[編集]

日中戦争の拡大とともに名古屋市は日本有数の軍需工業地帯となった。そのため、急激に人口が増加し、通勤輸送が地獄と化していた。そして、名城線が形になっていたり鶴舞線か桜通線かよくわからないがなんかそれっぽい路線が出来たり、名港線・上飯田線が誕生したり東山線の端が経路未定になったりした4路線29kmの第2次計画が策定された。

しかし、鬼畜米英をやっつける聖戦のために、この計画も実現には至らなかった。

第3次計画の策定 (1947年)[編集]

太平洋戦争のせいで名古屋市が廃墟になったが、「ま、復興すっか。」みたいなことになり、都市計画を作った。その中に地下鉄の計画がまた持ち上がり、現在の元となる第3次計画が持ち上がった。6路線55km、今と若干違うが大分そっくりである。これに基づき、建設が開始されることになった。


路線一覧[編集]

6つの系統が存在する。

H東山線
区間:高畑藤が丘
昼間の本数は毎時12本程度。両数は6両。
M名城線
区間:金山大曽根八事金山での環状運転
昼間の本数は金山〜栄〜大曽根間は名港線からの直通列車も含めて毎時12本程度、大曽根〜新瑞橋〜金山間は毎時6本程度。両数は6両。
E名港線
区間:名古屋港金山 (名城線金山ナゴヤドーム前矢田大曽根間に乗り入れ)
昼間の本数は毎時6本程度。両数は6両。
T鶴舞線
区間:上小田井赤池(名鉄犬山線上小田井犬山[1]間、名鉄豊田・三河線赤池豊田市[2]間に乗り入れ)
昼間の本数は毎時8本程度。両数は6両。
S桜通線
区間:中村区役所前徳重
昼間の本数は毎時6本程度。両数は6両。
K上飯田線
区間:上飯田平安通(名鉄小牧線上飯田犬山間に乗り入れ)
昼間の本数は毎時4本程度。[3]両数は4両。

追記[編集]

  • 上飯田線は7号線、桜通線は6号線である。東山線は1号線、名城線・名港線が2・4号線 (区切りが違う) なのだが、5号線は存在しない。これは建設されなかった路線、所謂未成線である。

注釈[編集]

  1. 犬山までとは別に扶桑岩倉柏森3駅までの乗り入れというダイヤもある。
  2. 詳細には、梅坪豊田市間は名鉄三河線なのであるのだが、名古屋市営地下鉄では必ず名鉄豊田線豊田市駅まで乗り入れという前提らしいので、このような書き方となった。
  3. 地下鉄では目を疑うようなレベルの過疎っぷりだが、名鉄のローカル路線と考えれば割といい線言っているのではないだろうか。

関連項目[編集]

日本の主な鉄道事業者
JR
JR旅客JR北海道 - JR東日本 - JR東海 - JR西日本 - JR四国 - JR九州
JR貨物
大手私鉄
関東地方東武鉄道 (東武) - 京成電鉄 (京成) - 西武鉄道 (西武) - 京王電鉄 (京王) - 小田急電鉄 (小田急) - 東急電鉄 (東急) - 京浜急行電鉄 (京急) - 東京地下鉄 (東京メトロ) - 相模鉄道 (相鉄)
中部地方名古屋鉄道 (名鉄)
近畿地方近畿日本鉄道 (近鉄) - 京阪電気鉄道 (京阪) - 阪急電鉄 (阪急) - 阪神電気鉄道 (阪神) - 南海電気鉄道 (南海)
九州地方西日本鉄道 (西鉄)
準大手私鉄
関東地方新京成電鉄 (新京成)
近畿地方北大阪急行電鉄 (北急) - 泉北高速鉄道 (泉北高速) - 山陽電気鉄道 (山陽) - 神戸高速鉄道
公営鉄道
東北・北海道地方札幌市営地下鉄 - 札幌市電 - 函館市電 - 仙台市営地下鉄
関東地方都営地下鉄 - 東京都電車 - 横浜市営地下鉄
中部地方名古屋市営地下鉄
近畿地方京都市営地下鉄 - 神戸市営地下鉄
九州地方福岡市営地下鉄 - 熊本市電 - 鹿児島市電