多摩都市モノレール

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多摩都市モノレール
Tama Monorail Line symbol.svg
Tama monorail 1000 in Tachikawa-kita.jpg
多摩都市モノレール1000系電車
立川北駅付近)
基本情報
日本国旗.png日本
所在地東京都
種類跨座式モノレール(日本跨座式)
起点上北台駅
終点多摩センター駅
駅数19駅
路線記号TT
開業1998年11月27日
所有者多摩都市モノレール
運営者多摩都市モノレール
使用車両1000系電車
路線諸元
路線距離16.0 km
線路数複線
電化方式直流1,500 V
閉塞方式車内信号式
保安装置ATC
最高速度65 km/h

多摩都市モノレール(たまとしものれーる)とは、東京都立川市に本社を置く「多摩都市モノレール株式会社」が多摩センター駅から上北台駅を運営する。「多摩モノレール線」の名称を使用している。

歴史[編集]

  • 1982年 (昭和57年)に、東京都長期計画においてモノレール整備案が出された[1]
  • 1986年 (昭和61年)4月8日に第三セクターの会社(多摩都市モノレール株式会社:本社立川市)が設立される。東京都のほか、沿線の八王子・立川・日野・東大和・多摩の五市と西武・京王・小田急の私鉄などが出資している。
  • 1998年11月、上北台立川北5.4kmが開業する[2]
  • 2000年1月、立川北多摩センター10.6kmを延伸開業。
  • 2005年3月、始めて経常黒字となる。
  • 2009年3月、始めて単年度黒字となる。
  • 2014年8月、全車両照明のLED化。

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
TT19 上北台駅 - 0.0 東大和市
TT18 桜街道駅 0.7 0.7  
TT17 玉川上水駅 0.8 1.5 SS 西武拝島線 (SS33)
TT16 砂川七番駅 1.0 2.5   立川市
TT15 泉体育館駅 0.5 3.0  
TT14 立飛駅 0.6 3.6  
TT13 高松駅 0.6 4.2  
TT12 立川北駅 1.2 5.4 JC 中央線青梅線 (五日市線) (JC 19)
JN 南武線 (JN 26) ⇒ 立川駅
TT11 立川南駅 0.4 5.8
TT10 柴崎体育館駅 0.7 6.5  
TT09 甲州街道駅 1.5 8.0   日野市
TT08 万願寺駅 1.3 9.3  
TT07 高幡不動駅 1.2 10.5 KO 京王線京王動物園線 (KO29)
TT06 程久保駅 0.8 11.3  
TT05 多摩動物公園駅 1.0 12.3 KO 京王動物園線 (KO47)
TT04 中央大学・明星大学駅 1.1 13.4   八王子市
TT03 大塚・帝京大学駅 0.9 14.3  
TT02 松が谷駅 0.8 15.1  
TT01 多摩センター駅 0.9 16.0 KO 京王相模原線 (KO41)・OT 小田急多摩線 (OT06) 多摩市

延伸計画[編集]

費用対効果の高い多摩センター駅から町田駅と、鉄道路線のない武蔵村山市方面の上北台駅から箱根ヶ崎駅が延伸される可能性が高い区間である。延伸するためには軌道下に幅25m以上の都市計画道路の整備が必要となる。箱根ヶ崎路線は約7㎞の大部分で新青梅街道を導入空間とするが、2023年度中に全区間で道路拡幅工事が完成するため、先行して着手すると見られている。町田路線は延伸想定区間13kmのうち導入区間確保済が約7km、拡幅が必要となる区間が約2km、整備未着手の区間が約4kmとなっている。

町田への延伸は2018年6月に市長が2032年に実現したいと発表している[3]。その他、多摩センター駅から南大沢駅を経由して八王子駅へ至る延長約17キロメートルの路線は「今後整備について検討すべき路線」とされている(交通政策審議会「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」平成28年4月20日)。あきる野市稲城市府中市方面へ至る路線の構想(多摩モノレール是政延伸構想など)がある。

経営状況[編集]

初期投資による膨大な借入金返済負担が重く、平成20年度には資金繰りの危機を迎えたが、その後は毎年連続して黒字を達成し、2017年度は10億8400万円の純利益(黒字)を計上している。また利益剰余金は2019年に79億円に達している。2012年に約500億円あった長期借入金は毎年20億円を返済し、2017年度末には373億円、2019年には303億円まで減った。安定経営に入ったということができる。

参考文献[編集]