国鉄205系電車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
205系から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア国鉄205系電車の項目があります。

205系とは、日本国有鉄道の電車。民営化後はJR東日本及びJR西日本に引き継がれた。

概要[編集]

先輩格にあたる201系はチョッパ制御で省エネを実現したが、チョッパ制御なゆえコストが高く付いた。そのため界磁添加励磁制御やステンレス車体を採用してコストダウンした。それがこの205系である。

改造車[編集]

先頭車化改造車[編集]

山手線から他路線に転属する際、編成を短くする必要があるので、中間付随車やMM'ユニットなどを改造し、生まれてきたのが205系1000[1]・1100・1200・3000・3100番台である。この車両の運転台は当時最新鋭だったE231系をベースにしており、前面行き先表示機も従来の幕式ではなくLEDを使用したものとなっている。

体質改善工事[編集]

車内にLED表示機とドアチャイムが設けられ、車外の行き先表示機も幕式からLEDに交換し、車両の寿命延長のため、車体の修繕や交換などがなされた。

路線[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

現在の使用路線[編集]

武蔵野線の205系 VVVF化改造されている
E233系5000番台投入により余剰になった京葉車両センター所属車を中心にリニューアルを施工し転用された。施工内容は黒磯方先頭車(4号車)の後位4位側へのトイレ設置、同3位側への車椅子スペース設置、側扉の半自動対応化、前面及び側面帯の貼り換えなどである[2][3]
勾配対策の装備が設けられているにもかかわらず、営業開始後初の落葉シーズンを迎えた2013年10月には日光線の勾配区間において空転による故障や登坂不能に陥り、長時間にわたる運転見合わせとなる事態が複数回生じている[4][5][6]
阪和線での運用を終了した1000番台は、吹田総合車両所奈良支所に転属され、2018年3月17日のダイヤ改正より4扉車運用の一部を置き換える形で奈良線及び大和路線木津駅 - 奈良駅間での営業運転を開始した[7]。また、阪和線時代とは異なり、103系と共通運用となっている[8]。そして2018年7月に同じく阪和線から転属してきた0番台が4両編成に減車の上吹田総合車両所奈良支所に転属され、7月26日より奈良線・大和路線での営業運転を開始した。

過去の使用路線[編集]

横浜線で使用されていた205系
205系が最初に導入された路線。
6扉車があったが、H28編成のみ組み込まれていなかった[9]
2018年2月にハエ82編成、同年5月にハエ84、ハエ85編成が廃車され、さらに同年7月にハエ81編成が運用を離脱した。残る編成はハエ83編成1本のみとなっていたが、同編成についても同月に運用を終了し、同月23日にハエ81+ハエ83とともに長野総合車両センターへ廃車回送された。これをもって、八高・川越線の205系3000番台は廃区分番台となり、また同番台の消滅により川越車両センターから205系の配置がなくなった。

出典[編集]

  1. JR西日本車両とは異なる。
  2. 日光線、宇都宮線に205系リニューアル車投入 - 鉄道ホビダス 最新鉄道情報 2012年9月27日
  3. 日光線、宇都宮線に205系リニューアル車。 - 鉄道ホビダス 編集長敬白 2012年10月2日
  4. JR日光線、故障原因は落ち葉か - 47NEWS 2013年10月17日
  5. JR日光線で車輪が空転 運転見合わせ - 47NEWS 2013年10月18日
  6. JR日光線、車輪空転で運転見合わせ - 47NEWS 2013年10月19日
  7. 205系1000番台,奈良線で営業運転を開始 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース 2018年3月18日
  8. JR西日本奈良線各駅で配布の「奈良線時刻表 2018年3月17日改正」(無料)。奈良線時刻表自体は改正毎に作成されているが、備考の部分に運用される車両形式が書かれており、2017年改正以前に配布されたものでは両数部分の記述が数字のみの場合は「103系車両で運転」(4扉車運用)、三角囲み数字の場合は「221系車両で運転」(3扉車運用)とあったが、2018年3月17日改正時刻表ではその記述が一部修正され、後者の部分は変更がないものの、前者の部分については「103系または205系車両で運転」に変更されている。なお、その時刻表に記述されている4扉車運用はすべて4両編成となっているため、205系1000番台の運用であることが検証可能である。
  9. 交友社「鉄道ファン」2013年1月号 15頁。