森光子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア森光子の項目があります。

森 光子(もり みつこ、1920年5月9日 - 2012年11月10日)は、日本女優歌手マルチタレント司会者。元夫はリチャード・ウエムラ、岡本愛彦

プロフィール[編集]

概要[編集]

本名は村上 美津(むらかみ みつ)。

京都府立第一高等女学校(現・京都府立鴨沂高等学校)中退。

東宝東宝芸能)、吉田名保美事務所などを経てオフィス・モリに所属。

1935年、映画『なりひら小僧 春霞八百八町』で女優としてデビュー。

主な出演作品は『時間ですよ』シリーズ、『天国の父ちゃんこんにちは』シリーズ、『じゃがいも』シリーズ、『おしろい花』、『花吹雪はしご一家』、『せい子宙太郎』、『敵か?味方か?3対3』、『熱愛一家・LOVE』、『なぜか初恋・南風』、『かくれんぼ』、『田中丸家御一同様』、『お玉・幸造夫婦です』、『川の流れのように』、『放浪記』など。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


出演[編集]

舞台[編集]

  • がしんたれ
    1960年(昭和35年)10月、芸術座
    この舞台で演じた林芙美子役が脇役ながらも高い評価を受け、『放浪記』の主役の芙美子役に抜擢される。
  • 放浪記
    出演回数は2008年12月の中日劇場で1995回、主役を演じた年数45年は日本記録。
    2009年5月9日の自身の誕生日、東京・帝劇で前人未到の上演2000回を達成。千秋楽時点で2017回。
  • おもろい女
    1978年初演。芦屋雁之助とのコンビで、戦前活躍した漫才コンビであるミスワカナ・玉松一郎を演じる。1979年には文化庁芸術祭大賞を受賞し、『放浪記』と並ぶ森の舞台での代表作となった。なお、2004年4月に雁之助が死去したことから、この年の公演からは段田安則が新パートナーとなる。
    上記のとおり、実際の初代ワカナ[注釈 1]は戦前に共に慰問に行ったなどのことから森が師と仰いだ女芸人であり、本作でも「若き日の森光子」役の女優が登場し、ワカナ役の森と絡むなどのくすぐりがある。最後となった2006年までの上演回数は通算463回。
  • 雪まろげ
    森が旧知の作家小野田勇に「嘘つき女がやってみたい」と話し、書かれたもの。初演は1980年。「北海道編」「山陰編」といった続編も含めた2009年までの通算上演回数は471回にのぼり、「放浪記」「おもろい女」に続く第三の代表作。
    森がメディア出演の際に時折披露していた、「津軽弁で歌う『津軽海峡・冬景色』はこの舞台のワンシーンである。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

歌番組[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

役職[編集]

著書[編集]

  • 『女優 森光子 大正・昭和・平成 -八十八年 激動の軌跡-』(集英社、2009年1月)ISBN 9784087813883
    森本人の語り下ろしによりその半生を振り返る自伝。ビートたけし王貞治ら親交の深い著名人31人からのメッセージ、対談。『放浪記』舞台とその裏側の写真(篠山紀信撮影)、事務所秘蔵の戦前・戦中の森の写真により構成。
  • 『女優・半世紀の挑戦 あきらめなかった いつだって』(PHP研究所、2011年5月)ISBN 9784569781471
    2008年9月18日NHK-BShiで放送された『100年インタビュー 森光子』を単行本化したもの。
  • 篠山紀信写真集 『女優魂 森光子『放浪記』二〇一七回の記録』(扶桑社、2015年5月)

評伝[編集]

  • 杉本礼 『森光子 汗と涙のカーテンコール』 テーミス、2006年1月
  • 真鍋秀夫 『女優森光子 大スターその光と影』 元就出版社、2005年10月
  • 小松成美 『全身女優 私たちの森光子』 KADOKAWA、2015年5月
  • 川良浩和 『森光子 百歳の放浪記』 中公新書ラクレ、2020年3月

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1 1965年
6月
A面 有田川 有吉佐和子 林伊佐緒 BS-222
B面 母恋いみかん 矢野亮
2 1965年
9月
A面 沙羅の門 水上勉 渡辺岳夫 BS-268
B面 強いようでも女は女 矢野亮 林伊佐緒
ビクター
3 1973年
4月21日
A面 東京下町あたり 阿久悠 山下毅雄 高田弘 AMON-1028
B面 煙突の見える町
4 1977年
8月10日
A面 ほろ酔い 杉紀彦 丹羽応樹 小六禮次郎 SV-6270
B面 涙を拾って あかのたちお
5 1979年
4月5日
A面 湯の町放浪記 阿久悠 市川昭介 石田勝範 SV-6566
B面 夜ふかし気分 川口真
6 1992年
6月3日
01 花のいのちは短くて 山添花秋 市川昭介 池多孝春 VIDL-10243
02 さすらい
ポニーキャニオン
7 1995年
11月1日
01 カーテンコール 秋元康 筒美京平 萩田光雄 PCDA-00800
02 星が降るまでここにいましょう 鈴木キサブロー
ジャニーズ・エンタテイメント
8 2005年
10月5日
01 月夜のタンゴ 竹内まりや 山下達郎 V.Lavallen JECN-0075
02 月夜のタンゴ〜タツロー・バージョン〜 山下達郎
03 もみがら枕の子守唄 荒木とよひさ 浜圭介 萩田光雄
9 2010年
1月6日
01 人生革命 森光子 Mark Davis PCCA-90004
02 人生半ばです 羽場仁志 船山基紀

アルバム[編集]

  • Mitsuko Mori
    • PCCA-00792(1995年9月1日、4枚組) - 3枚目と4枚目は、1枚目と2枚目のカラオケ盤
    • PCCA-00793(1995年10月4日、2枚組) - カラオケ盤がない
    • PCCA-03031(2010年1月6日、2枚組) - 再発売
  • 森光子のふるさとの歌をたずねて (民謡12曲の歌とナレーション)
    • TECE-3144 (2012年12月28日)- 1972年発売LP(CF-12)からCD復刻発売
  • 歌と想い出  (懐メロ14曲の歌とナレーション)
    • TECE-3145 (2012年12月28日)- 1972年発売LP(CF-18)からCD復刻発売

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1965年 沙羅の門 関西テレビ系テレビドラマ「沙羅の門」主題歌
1973年 東京下町あたり TBS系テレビドラマ「時間ですよ」主題歌
1979年 湯の町放浪記 TBS系テレビドラマ「熱愛一家・LOVE」挿入歌
1995年 カーテンコール 日本テレビ系「いつみても波瀾万丈」EDテーマ
2005年 月夜のタンゴ 舞台「ツキコの月 そして、タンゴ」主題歌
2010年 人生革命 舞台「新春・人生革命」主題歌
2014年 カーテンコール フジテレビ系テレビドラマ「森光子を生きた女」主題歌

「森光子」を演じた女優[編集]

  • 仲間由紀恵 - 『森光子を生きた女 〜日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった〜』、2014年5月9日放送、フジテレビ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 初代の没後に襲名した二代目ワカナは、森とも親交のあった同い年のミヤコ蝶々だった。なお、ミスワカナは4代目までおり、いずれも玉松一郎の相方を務めた。
  2. 司会5回は女性の最多記録である。
  3. 司会4回は松坂慶子に抜かれるまで女性の最多司会だった。また、3年連続司会を経験した女性は森のみ。

出典[編集]

外部リンク[編集]