井山裕太

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井山 裕太(いやま ゆうた、1989年5月24日 - )は、日本の囲碁棋士九段日本棋院関西総本部所属。大阪府東大阪市出身。石井邦生九段門下。名誉棋聖二十六世本因坊名誉碁聖名誉称号資格保持者。号は本因坊文裕(ほんいんぼう もんゆう)

囲碁界将棋界通して史上初の2度の七冠達成者であり史上初の年間グランドスラム(その年の七大タイトルをすべて独占)達成者。また、囲碁界史上初の七冠達成者・六冠達成者。

七大タイトル獲得数歴代2位(歴代1位タイまであと1期)、三大タイトル獲得数歴代2位、タイトル総獲得数歴代4位記録。

天元位歴代最多獲得記録「6期」、碁聖位連覇最多タイ「6連覇」記録保持者。

史上2人目の大三冠達成者。史上3人目のグランドスラム達成者。また、七大タイトルの数々の最年少記録を保持している。2013年から5年連続棋道賞最優秀棋士賞を受賞。2011年から7年連続賞金ランキング1位

世界戦ではLG杯世界棋王戦準優勝、テレビ囲碁アジア選手権戦で優勝を果たしている。

平成30年国民栄誉賞を受賞。

概要[編集]

師匠とのネット対局を1000局以上も行い腕を鍛える。

2005年、史上最年少記録16歳4か月で全棋士出場の棋戦で優勝(阿含桐山杯)。2009年、19歳のときに名人戦リーグを勝ち抜き史上最年少で七大タイトルの挑戦権を得る。翌年、再び名人位に挑戦し七大タイトルを史上最年少で獲得し、20歳4か月で名人となる。

2013年、史上初の六冠・史上3人目の生涯グランドスラム・史上2人目の大三冠達成。

2014年、史上初の七冠を目指すも十段戦挑戦者決定戦決勝で敗れる。その後四冠に後退。しかし翌年奪われた二冠を取り戻し2016年ついに七冠を達成する。

2016年に名人位を奪われるも翌年再び取り戻し史上初の2度目の七冠を達成する。

2019年3月15日、第43期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の最終第7局で、挑戦者の山下敬吾九段を4-3で退け、棋聖7連覇を達成し、藤沢秀行名誉棋聖の6連覇を抜き、単独2位となった[1]

七大タイトルをすべて5期以上獲得している。

タイトル・棋戦優勝歴[編集]

七大タイトル[編集]

色付きは現在在位。

他の棋士との比較は、囲碁のタイトル在位者一覧囲碁の記録一覧 を参照。

タイトル 番勝負 獲得年 登場 獲得期数 連覇 名誉称号
棋聖 七番勝負
1-3月
13(37期)-19 7 7期
(歴代4位)
7
(歴代2位)
名誉棋聖
名人 七番勝負
9-11月
09(34期)-10,13-15,17 9 6期
(歴代4位)
3
(歴代6位タイ)
本因坊 七番勝負
5-7月
12(67期)-18 7 7期
(歴代3位タイ)
7
(歴代3位タイ)
二十六世本因坊
王座 五番勝負
10-12月
12(60期)-13,15-18 7 6期
(歴代4位タイ)
4
(歴代3位タイ)
天元 五番勝負
10-12月
11(37期)-13,15-18 7期
(歴代1位)
4
(歴代3位タイ)
碁聖 五番勝負
6-8月
12(37期)-17 6 6期
(歴代3位タイ)
6
(歴代1位タイ)
名誉碁聖
十段 五番勝負
3-4月
11(49期)-12,16-18 6 5期
(歴代3位タイ)
3
(歴代3位タイ)
登場回数合計47回、獲得合計41期=歴代2位、
3大タイトル獲得数19=歴代2位

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

リファレンス[編集]