タモリ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアタモリの項目があります。
タモリ
本名森田 一義[1](もりた かずよし)
ニックネームタモリさん
タモさん[1]
タモちゃん
生年月日1945年8月22日(75歳)[2]
出身地日本国旗.png日本 福岡県福岡市南区市崎[3]
血液型O型[4]
身長161 cm[5]
言語日本語
方言共通語
博多弁
最終学歴福岡県立筑紫丘高等学校卒業
早稲田大学第二文学部西洋哲学専修除籍
師匠赤塚不二夫
芸風漫談
物真似形態模写) など
事務所オフィス・ゴスミダ→フリーランス田辺エージェンシー
活動時期1975年 -
同期ザ・ハンダース(現在は解散)
嘉門タツオ
現在の代表番組レギュラー番組
ミュージックステーション
タモリ倶楽部深夜
ブラタモリ
スペシャル番組
世にも奇妙な物語 春・秋の特別編
ミュージックステーションスーパーライブ
ミュージックステーションスペシャル ウルトラFES
タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&Bossスペシャル
NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク
過去の代表番組テレビ番組
笑っていいとも!
笑っていいとも!増刊号
今夜は最高!
タモリのボキャブラ天国
ジャングルTV 〜タモリの法則〜
タモリの音楽は世界だ!
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
エチカの鏡〜ココロにキクTV〜
ヨルタモリ
タモリと鶴瓶 他多数
ラジオ番組
タモリのオールナイトニッポン
タモリの週刊ダイナマイク
ブリタモリ大百科事典
だんとつタモリ おもしろ大放送!
タモリのヨッ!お疲れさん 他多数
作品CD
「タモリ」
「タモリ2」
「タモリ3 - 戦後日本歌謡史 -」
「ラジカル・ヒステリー・ツアー」
「タモリのワーク・ソング」
「狂い咲きフライデイ・ナイト」 他多数
著書
「タモリのおじさんは怒ってるんだぞ!」
タモリのTOKYO坂道美学入門」 他多数
他の活動日本坂道学会(副会長) 日本変態協会 (会長)
配偶者既婚
親族伊佐山ひろ子(遠戚)
公式サイトTANABE AGENCY.Co.Ltd.
受賞歴
*1981年 - 第10回「ベストドレッサー賞スポーツ芸能部門受賞

タモリ1945年8月22日 - )は、日本男性お笑いタレント漫談家司会者

概要[編集]

本名は、森田 一義(もりた かずよし)。

福岡県立筑紫丘高等学校を経て、早稲田大学第二文学部西洋哲学専修除籍。

お笑い芸人として活動しており、1980年代からは司会者としても活動するようになる。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

現在の出演番組[編集]

レギュラー番組[編集]

単発・不定期番組[編集]

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

映像作品[編集]

音楽作品[編集]

アルバム
NO. ジャケットタイトル 形態・発売日 品番・発売元 備考
1st タモリ LP:1977年03月20日 ETP-72227(東芝EMI/Alfa) 毛沢東風中国人・マッカーサー風アメリカ人・ヒトラー風ドイツ人・寺山修司風日本人のモノマネによる「四カ国親善麻雀」が収録されているが、元々は寺山修司ではなく昭和天皇の物真似であった。発売になったのは修正版。2007年発売版では「CMブラジャー・ミシン」(ブラザー工業風のラジオCM風パロディ)のセリフの一部がカットされて収録されている(乳がん患者への配慮と思われる)。
LP:1980年(再発) ALR-4013(アルファ)
CD:1995年06月16日(初CD化) ALCA-9159(アルファ)
CD:2007年12月20日(CD再発)

※初回のみ紙ジャケ仕様

MHCL-1238(Sony Music Direct)
2nd タモリ2 LP:1978年12月20日 ETP-80060(東芝EMI/Alfa) 講師として中洲産業大学芸術学部西洋音楽理論の森田一義助教授の音源が収録されている。
LP:1980年(再発) ALR-4007(アルファ)
CD:1995年06月16日(初CD化) ALCA-9160(アルファ)
CD:2007年12月20日(CD再発)

※初回のみ紙ジャケ仕様

MHCL-1239(Sony Music Direct)
3rd タモリ3

- 戦後日本歌謡史 -

LP:1981年9月10日 TAMORI-3(アルファ) 実際には『タモリ2』発売以前より録音されており、当初はこの内容が『タモリ2』になるはずであった。戦後の名曲をパロディーにしているため著作権上の疑義が指摘され、初回プレス分の3万5000枚だけを新星堂で限定発売し直ちに絶版という運命をたどる[11]。未CD化。
4th ラジカル・ヒステリー・ツアー LP:1981年05月01日 27AH-1237(CBS/SONY) サザンオールスターズ桑田佳祐、THE SQUARE(現:T-SQUARE)の安藤まさひろ(本名の安藤正容名義で)と当時メンバーであった久米大作が楽曲を提供。安藤、久米の提供曲はTHE SQUAREがバック演奏を担当している。CD化の際にシングル「タモリのワーク・ソング」AB面を追加収録。

中野サンプラザなどで全国ツアーを行った。

CD:2007年12月20日(初CD化)

※初回のみ紙ジャケ仕様

MHCL-1240(Sony Music Direct)
5th HOW ABOUT THIS LP:1986年09月21日 VIH-28272(ビクター) 大マジなジャズ・アルバム。LPとCDで一部収録曲が異なる。
CD:1986年09月21日 VDR-1276(ビクター)
その他
  • 「タモリさんが作った歌」
  • 「ラーガ・バガヴァット」
  • 赤塚不二夫の生涯を追ったドキュメンタリー映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016年公開)の主題曲。作詞とボーカルを担う[12][13]

書籍・ゲーム[編集]

ゲーム
  • 「森田一義アワー 笑っていいとも!ボードゲーム」(1985年)
  • 「森田一義アワー 笑っていいとも!タモリンピック」 スーパーファミコン専用ゲームソフト(1994年、アテナ)
  • 「タモリのSuperボキャブラ天国 CARD GAME ヤングアダルト向カルタ的 豪華美麗カードゲーム」
    (発売元:タカラ、販売元:セントラルホビー)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 2009年4月より、レギュラー番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)・『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)の番組スポンサーであったが、2010年3月、いいとも!での提供が終了、2010年9月にはタモリ倶楽部のスポンサーも降板した。

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 タモリ”. CDジャーナル. 2020年6月18日確認。
  2. タモリ”. お笑いナタリー. ナターシャ. 2020年6月18日確認。
  3. 『タモリ学』連動企画 大タモリ年表#1”. マトグロッソ. 2020年6月18日確認。
  4. タモリのプロフィール”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年6月18日確認。
  5. サンドウィッチマンに東野幸治「思ったより背がちっちゃい」 伊達「2人ともよく言われる」”. スポーツ報知. 報知新聞社. 2020年6月18日確認。
  6. 寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月29日確認。
  7. 日本放送協会 放送文化賞”. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月18日確認。
  8. タモリ、「モンスト」CMで“アドリブ力”さく裂 きゃりーとフリートークも”. ORICON (2018年9月28日). 2018年10月6日確認。
  9. メルカリ、タモリさんの新CMを9月5日(土)より2篇同時公開”. PR TIMES (2020年9月4日). 2020年9月10日確認。
  10. “SmartNews、新CMキャラクタータモリさん出演のテレビCMを明日より放映開始”. PR PRESS. (2016年7月22日. http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000007945.html 2016年7月26日閲覧。 
  11. レコード・コレクターズ2007年9月号
  12. タモリが主題曲を担当、赤塚不二夫のドキュメンタリー映画が公開決定”. お笑いナタリー (2016年2月5日). 2016年2月6日確認。
  13. 赤塚不二夫生誕80周年企画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』

外部リンク[編集]