ペギー葉山

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアペギー葉山の項目があります。

ペギー葉山(ぺぎーはやま、1933年12月9日 - 2017年4月12日)は、日本歌手タレント。夫は俳優の根上淳。本名は森 繁子[1][2]。旧姓は小鷹狩 繁子

概要[編集]

1933年に東京市四谷区(現東京都新宿区)で生まれる。4歳違いの3人姉妹の末っ子であった。小鷹狩(こたかり)家の先祖は、広島藩主の浅野家家老職を務めたことがある。父母ともクリスチャンであった。父母の賛美歌といとこのピアノが音感教育となる。青山学院中等部在学中に声楽を習う。青山学院女子高等部2年の時、映画「我が道を往く」のビング・クロスビーの歌に感動し、クラシックからポピュラー・ジャズに転向する。

青山学院女子高等部(現・青山学院高等部)を卒業し、終戦後は米軍キャンプでジャズ歌手として活動を始めた。進駐軍のキャンプでのライブをきっかけに、1952年に「ドミノ/火の接吻(Kiss of fire)」で歌手デビューする。1954年に「第5回NHK紅白歌合戦」に初出場し、「月光のチャペル」を歌う。1956年ドリス・デイのヒット曲を日本語にした「ケ・セラ・セラ(Que Sera, Sera)」をリリースし、その年の「第7回NHK紅白歌合戦」に出場(3回目)する。

1959年NHK高知放送局開局記念番組で、ご当地ソング「南国土佐を後にして」を歌って欲しいとの要望があった。中国に出兵した高知県の部隊が、望郷の思いを込め、戦地で作った歌であるが[3]、その民謡調に困惑して当初は依頼を断ったが、関係者の熱意により歌う決心をした。結果的に大ヒットし、レコードは100万枚を越える空前の大ヒットとなる[4]。「第10回NHK紅白歌合戦」に出場(6回目)する。この曲は「第40回NHK紅白歌合戦」(14回目の出場)でも歌われる。

1961年、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の歌をペギー葉山が日本語作詞をつけた「ドレミのうた」をリリース。1964年、「学生時代」がロングセラーとなる。1965年、俳優の根上淳と結婚する。1968年に長男を出産。2007年、社団法人・日本歌手協会会長に就任した(2010年まで)。2014年に名誉会長に就任する。

2017年4月12日、肺炎のため死去[5]。83歳没。

人物[編集]

  • 青山女子学院の卒業式のとき先生に呼ばれ、お説教と思ったら、「時々ラジオで歌っていたようですが、学業と両立してよく頑張った、これからも頑張ってください」と言われた[6]

歌った曲[編集]

アルバム[編集]

テレビ出演[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

著作[編集]

  • わが心に歌えば(主婦と生活社・1975年10月
  • 代々木上原めおと坂(夫/根上淳との共著・立風書房・1987年4月
  • 歌う看護婦 夫を在宅介護 愛とバトルの二千日(光文社2004年9月

受賞[編集]

注とリファレンス[編集]

  1. 【自伝「ペギー葉山」】「今度こそ男子誕生」の祈りも虚しく私が生まれ
  2. Wikipedia日本語版では本名を「森シゲ子」とするが、間違いのようである。
  3. 望郷の歌「南国土佐を後にして」国際留学生協会
  4. 人物録 ペギー葉山NHK
  5. ペギー葉山さん死去産経新聞、2017年4月12日
  6. 273号 注目の人・歌手ペギー葉山さんWendy-net、MS Wendy
  7. 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、61頁。ISBN 4390116010

外部リンク[編集]