米倉涼子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米倉 涼子(よねくら りょうこ、昭和50年(1975年8月1日 - )は、日本女優ファッションモデル神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。特技はクラシックバレエ。身長は168センチ、血液型はB型。

経歴[編集]

平成4年(1992年)に第6回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞を受賞する。平成12年(2000年1月TBS系の恋の神様で女優としてデビューを果たした。その後、テレビ朝日系の黒革の手帖をはじめとした多くのドラマで主演を果たすなど女優としての地位を築いてゆく。平成24年(2012年)秋からテレビ朝日系のドクターX〜外科医・大門未知子〜で主演を務める。同年にアメリカブロードウェーミュージカルCHICAGOで初主演を務め、平成29年(2017年)夏にも主演として2度目の出演を果たした。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • ソトロケ(1999年、よみうりテレビ)
  • 明石家マンション物語(2001年、フジテレビ)
  • 明石家ウケんねん物語(2001年、フジテレビ)
  • THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 司会
  • 第43回日本レコード大賞(2001年、TBSテレビ) - 司会
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2010年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー
  • EARTH fiendly スペシャル「米倉涼子ドイツ未来街道を行く森と古城&エコライフを訪ねる旅」(2012年10月21日、BS朝日) - ナビゲーター
  • 米倉涼子・悪女伝説を訪ねて〜コンスタンツェ・モーツァルト〜(2013年4月6日、BSフジ) - ナビゲーター
  • ZIP!(日本テレビ、半熟ことば)
  • 米倉涼子 フランス 美食の旅〜ワインと料理 マリアージュの奇跡〜(2014年3月16日、BS朝日) - ナビゲーター
  • 米倉涼子のなんでもやります! 私ニューヨークでも失敗しないのでSP(2014年10月5日、テレビ朝日)
  • 米倉涼子のミュージカルライフ〜ブロードウェイ生活と「ピピン」との出会い〜(2015年7月26日、BSフジ)
  • 小さなレストランの挑戦〜米倉涼子を魅了した三ツ星の味〜(2015年8月8日、北海道放送制作、TBS系列) - ナビゲーター[3]

映画[編集]

吹き替え[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

  • ワコール「マジカルトップブラ」(1995年)
  • 花王「ジェンヌ」(1997年)
  • 東芝「carrots」(1998年)
  • カネボウ化粧品
    • アリィー」(2000年 - 2002年)
    • 「SALA」(2001年 - 2004年)
    • 「レヴュー」(2001年 - 2002年)
    • 「ヴィタロッソ」(2002年 - 2004年)
    • 「オルフェ」(2002年 - 2004年)
  • フィットハウス(2000年 - 2002年)
  • 大塚製薬「ポカリスエットステビア」(2000年)
  • フレッシュアイ(2000年)
  • リンクカード(2000年)
  • 横浜市「元気な街横浜」(2000年)
  • 日清食品
    • 「麺の達人」(2001年)
    • 「アジアンヌードル」(2005年)
    • 「フォー・はるさめ」(2005年 - 2006年)
  • 丸井「ru」(2001年 - 2003年)
  • シード「コンタクトレンズ」(2001年 - 2003年)
  • ジアス(2001年 - 2003年)
  • LG電子ジャパン「エアコン」(2001年 - 2002年)
  • NTT DoCoMo 関西(2001年)
    • 「503i」
    • 「503iS」
  • 富士フイルム「nexia Q1」(2001年)
  • JOMO(現:ENEOS)「JOMOカードプラス」(2002年)
  • アサヒ飲料「中国緑茶 凛」(2002年)
  • 明治製菓(現:明治
    • 「アーモンド・マカダミア」(2002年 - 2003年)
    • 「レガ」(2002年)
    • 「クイックス」(2003年 - 2004年)
    • 「うすまきアーモンド」(2004年)
    • 「リッチフラン」(2005年)
    • 「テオブロ」(2005年)


作品[編集]

写真集[編集]

  • tough(2000年、朝日出版社)

出版[編集]

  • 米倉涼子 ryoko yonekura(2002年、ダイヤモンド社)
  • 米倉涼子2003ファッションBOOK(2002年、光文社)
  • 米倉涼子 digi+KISHIN(2004年、朝日出版社)

DVD[編集]

  • 米倉涼子 digi+KISHIN(2003年、小学館)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 2007年の来日公演を紹介するTV番組のインタビューにおいて、同演目はニューヨークで初めて3回見て以来のファンであり、いつか主演してみたいと語っていた。
  2. 矢田亜希子佐藤江梨子と共演し、背広姿が話題となる
  3. 2004年度の954ベースボールエンジェルスとして出演

出典[編集]

外部リンク[編集]