八千草薫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア八千草薫の項目があります。

八千草 薫(やちぐさ かおる、昭和6年(1931年1月6日 - 令和元年(2019年10月24日)は、日本の女優。本名は谷口 瞳(たにぐち ひとみ)。昭和・平成・令和の3時代を代表する名女優・大女優であった。

来歴[編集]

大阪府大阪市出身。戦後の昭和22年(1947年)に宝塚歌劇団に入団し、「春の踊り」で初舞台を踏む。以後、清純派の娘役として活躍を始めた。昭和26年(1951年)に「宝塚夫人」で映画デビューし、この3年後に米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。同年に「宮本武蔵」でお通役を演じて一気に人気を確立すると、その後は日本とイタリアの合作映画である「蝶々夫人」をはじめ、「雪国」「男はつらいよ 寅次郎夢枕」「ディア・ドクター」など多数の映画に出演している。テレビドラマでも穏やかで従順な役や、「俺たちの旅」などで演じた「理想の母親」の印象が強かったが、昭和52年(1977年)に「岸辺のアルバム」で不倫をする妻の役を演じて話題になる。そして昭和54年(1979年)から昭和55年(1980年)にかけて放送された「阿修羅のごとく」で夫の浮気に悩む妻を演じたりしている。舞台でも「二十四の瞳」「早春スケッチブック」「階段の上の暗闘」「黄昏」など多数の代表作に出演した。ただ、「女性は浮気なんてしないというのが当時の考え方」として八千草は1度は出演を拒否したが、「岸辺のアルバム」脚本の山田太一から「本気で人を好きになればいい」と山田に背中を押される形で出演したという。

私生活では昭和32年(1957年)に映画監督谷口千吉結婚しておしどり夫婦として知られたが、子供はできなかった。

その女優生活ゆえに、平成9年(1997年)に紫綬褒章を、平成15年(2003年)に旭日小授章を受章している。他にも菊田一夫演劇賞山路ふみ子映画厚労賞など多くの受賞を受けている。

晩年まで女優として大活躍し、意欲的で優しいおばあさんの役などを演じた。平成27年(2015年)には映画・「ゆずり葉の頃」で84歳で主演を務めている。その2年後には倉本聰脚本の連続ドラマ・「やすらぎの郷」で戦前からの大スター役を好演するなど、大女優としての貫禄を見せつけていた。

しかしこの頃からに冒されており、抗癌剤などで治療しながら女優活動を続けていた。平成31年(2019年)2月肝臓癌を公表して治療に専念し、復帰を果たそうとしていた。亡くなる直前まで元気だったとされるが、令和元年(2019年)10月24日に容態が急変し、同日午前7時45分に膵臓癌のため、東京都内の病院死去した。88歳没。亡夫・谷口の13回忌のわずか5日前のことであった。

生前に戒名も決めており、夫の谷口が眠る湖南の墓に納骨される予定であるという。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

宝塚時代[編集]

  • 文福茶釜』- 小ダヌキ 役(代役)(花組)(1951年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場
  • 『文福茶釜』- 小ダヌキ 役(本役)(花組)(1951年3月8日 - 4月27日、帝国劇場
  • 『河童まつり』(花組)(1951年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 虞美人』- 桃娘 役(有馬稲子と役変わり)(花組)(1951年10月2日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 『ジャニンヌ』(花組)(1951年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 源氏物語』- 若紫 役『ブロードウェイ』(花組)(1952年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
  • ジャワの踊り子 (プナリイ・ムラティ)』- アミナ 役(雪組)(1952年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 『人間萬歳』(雪組)(1954年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • みにくい家鴨の子』『王春讃歌』(花組)(1954年3月3日 - 3月30日、宝塚大劇場)

宝塚退団後[編集]

アニメ[編集]

バラエティー・教養番組[編集]

他多数

広告[編集]

著書[編集]

  • 『優しい時間』世界文化社 1999年
  • 『あなただけの、咲き方で』幻冬舎 2015年

関連書籍[編集]

  • 「別冊太陽 宝塚タカラジェンヌ一〇〇 宝塚歌劇団八〇周年記念」(監修・解説/宇佐見正。平凡社
  • 「君美わしく 戦後日本映画女優讃」(川本三郎著。文藝春秋。川本による八千草を含む女優達のインタビュー集)

脚注[編集]

  1. 放送ライブラリー 番組ID:004589
  2. 放送ライブラリー 番組ID:004144
  3. 放送ライブラリー 番組ID:004188
  4. 再び夫婦役として杉浦直樹と共演。
  5. NHKアーカイブス(番組)|これまでの放送
  6. 原田知世、単発ドラマで“不倫の恋” 脚本は“恋愛の神様”北川悦吏子氏”. ORICON (2015年9月10日). 2015年9月11日確認。
  7. “妻夫木聡、初の父親役「いつかは自分の子どもを持ちたい」”. ORICON STYLE. (2016年7月26日. http://www.oricon.co.jp/news/2075711/full/ 2016年7月26日閲覧。 
  8. スタッフ&キャスト”. アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル. 2004年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月10日確認。
  9. 放送ライブラリー 番組ID:009826
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 10.4 10.5 10.6 八千草薫のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月10日確認。

外部リンク[編集]