国民栄誉賞

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)とは、様々な分野で活躍した人物の功績をたたえるために政府が創設した賞である。

概要[編集]

従前よりある内閣総理大臣顕彰に加え、プロ野球選手歌手など、若年等の理由で叙勲褒章授与が困難な業績に向けて、首相表彰状記念品などを贈って顕彰する。昭和52年(1977年)に当時の福田赳夫首相が創設した。日本初の国民栄誉賞受賞者は、創設の年に本塁打の世界記録を達成した台湾籍の王貞治である。他に長嶋茂雄美空ひばりなど、様々な分野で業績を残した個人・団体に受賞されている。

一方で、顕彰時期や顕彰基準が曖昧なことが議論となっており、スポーツ選手ではオリンピック3連覇を果たした野村忠宏が受賞していないことが、他の受賞者との衡平性を欠くとされ、作曲家などの芸術文化面では、死後受賞が常態化していることが論議の的とされている。現に音楽家の古関正裕が作曲家の父古関裕而の逝去後の授賞の打診に対し、生前に贈られるものとの考えから断ったことを明かしている。

歴代受賞者[編集]

太字の人物は死後受賞者。

関連項目[編集]

  • 位階 - 例えば、大鵬は死後「正四位」に叙せられているが、死後受賞した国民栄誉賞より扱いが小さかった。

外部リンク[編集]