渥美清

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア渥美清の項目があります。

渥美 清(あつみ きよし 1928年3月10日 - 1996年8月4日)は、日本コメディアン俳優

プロフィール[編集]

概要[編集]

本名は田所 康雄(たどころ やすお)。

巣鴨中学校を経て、中央大学商学部中退。

1950年代からコメディアンとして活動し、テレビドラマ、映画などの俳優としても活動していた。

主な代表作は『男はつらいよ』シリーズ(車寅次郎)など。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • 『渥美清 ローマンス劇場』
  • 『渥美清の男性諸君』
いずれも「一慶・美雄の『夜はともだち』」内包番組(TBSラジオ / 1976年〜1978年)

音楽番組[編集]

CM[編集]

音楽作品[編集]

シングル[編集]

  • 彼奴ばかりがなぜもてる(1962年)
  • 恋すれど恋すれど物語/もててもてて困ってしまう(1963年、SA-1040)
  • 泣いてたまるか(TBS連続テレビドラマ「泣いてたまるか」主題歌)(B面:若いぼくたち/ミュージカル・アカデミー)(1966年5月10日)
  • オー大和魂(TBS連続テレビドラマ「大和魂くん」主題歌)(B面:雨の降る日は天気が悪い)(1968年10月)
  • 男はつらいよ(フジテレビ連続テレビドラマ「男はつらいよ」主題歌、松竹映画「男はつらいよ」主題歌、アニメ『男はつらいよ〜寅次郎忘れな草〜』主題歌)(B面:チンガラホケキョーの唄)(1970年2月10日)
  • ごめんくださいお訪ねします(松竹映画「あゝ声なき友」主題歌)(B面:あゝ声なき友)(1972年3月25日)
  • さくらのバラード(歌:倍賞千恵子)(B面:寅さんの子守唄)(1972年4月10日)
  • こんな男でよかったら(B面:ひとは誰でも)(よみうりテレビドラマ「こんな男でよかったら」)(1973年4月5日)
  • いつかはきっと(掛け声:山田パンダ)(TBSテレビドラマ「ヨイショ」主題歌)(B面:遠くへ行きたい)(1974年8月25日)
  • 寅さん音頭(B面:赤とんぼ)(1975年7月5日)
  • 祭りのあと(B面:駅弁唱歌)(1975年9月5日)
  • 渥美清の啖呵売I(B面:渥美清の啖呵売りII)(1976年6月25日)
  • 浅草日記(B面:すかんぽの唄)(1977年6月25日)
  • 今日はこれでおしまい (B面:着流し小唄)(1977年10月25日)
  • DISCO・翔んでる寅さん(B面:寅さん音頭)(1979年7月25日)

アルバム[編集]

  • 渥美清が歌う哀愁の日本軍歌集(1968年12月5日)
  • 渥美清が歌う哀愁の昭和叙情曲集(1970年4月)
  • 噫々戦友の詩(きけわだつみのこえ)より(1971年)
  • 男はつらいよフーテンの寅と発します!(1971年11月)
  • 男はつらいよ名場面集(第一集)
  • 男はつらいよ名場面集(第二集)
  • 男はつらいよ名場面集(第三集)(1974年)
  • 渥美清ベストヒット28(1976年)

編著書[編集]

  • 『きょうも涙の日が落ちる 渥美清のフーテン人生論』(展望社、2003年)
  • サンデー毎日 編集部編『渥美清わがフーテン人生』(毎日新聞社、1996年)
  • 森英介編『赤とんぼ 渥美清句集』(本阿弥書店、2009年)

親族[編集]

田所健太郎
長男。株式会社ニッポン放送に所属していたラジオディレクター。主な担当番組に伊集院光のOh!デカナイト(有)チェリーベルがある。現在は株式会社ニッポン放送を退社し、フリーのラジオディレクター。
山岡和美
元ニッポン放送アナウンサー、長男の妻。

渥美清を演じた人物[編集]

テレビドラマ[編集]

ものまね(そっくりさん[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 1995年から逝去後の1997年まで、「ニッポンのタイヤが変わります」のキャッチフレーズでCM出演していた。またこのCMは放映時期の季節に合わせて、渥美の服装と背景が変化した。
  2. 幼少時代の沢田聖子と共演(父親役の渥美清が沢田を肩車するシーン)したバージョンがあった。ちなみに渥美は前出のブリヂストンのCMと同じく死去の直前に「パンシロン新胃腸薬」のCMに復帰出演していたことがある。
  3. CMのキャッチコピーは「歴史は、あっちこっちでつくられる。」。コピーライターの神様と称される仲畑貴志の手によるものである。

出典[編集]

外部リンク[編集]