児玉清

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア児玉清の項目があります。

児玉 清(こだま きよし、1933年12月26日 - 2011年5月16日)は、日本の俳優タレント司会者作家。妻は元女優の北川町子。長男は元タレント、児玉清事務所代表取締役兼事務用品の販売・卸会社の株式会社チカダ代表取締役社長の北川大祐

プロフィール[編集]

概要[編集]

本名は北川 清(きたがわ きよし)。出生名・旧芸名は小玉 清(こだま きよし)。

東京都立工芸高等学校を経て、学習院大学文学部ドイツ文学科卒業。

東宝ニューフェイス第13期、東宝、フリーを経て元児玉清事務所代表取締役、事務用品の販売・卸会社の株式会社チカダ元専務取締役。

主な出演作品は『ありがとう』シリーズ、『花は花よめ』、『黄金の日日』、『武田信玄』、『HERO』、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、『龍馬伝』、『悪い奴ほどよく眠る』、『HERO』、『東リクイズ・イエス・ノー』、『パネルクイズ アタック25』、『週刊ブックレビュー』、『テレフォン人生相談』など。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • 富士通パソコンシステムズパネルクイズ アタック25」(1998年) - PlayStation版およびパソコン版のゲームソフト。児玉が映像と声で出演した。当時の出題者である相馬宏美も児玉と同様に映像と声で出演したほか、パッケージに児玉・相馬の写真が掲載されている。
  • デジキューブ「パネルクイズ アタック25」(2002年) - PlayStation 2版。ゲーム内に登場する児玉はCGで、声は児玉本人によるもの。当時の出題者である沢木美佳子も児玉と同様にCGと声で出演したほか、パッケージに児玉・沢木の写真が掲載されている(バックはパネルボード)。

バラエティ・その他のテレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

広告[編集]

その他[編集]

主な著書[編集]

  • 寝ても覚めても本の虫 (新潮社、2001年、ISBN 4104495018 / 新潮文庫、2007年)
  • たったひとつの贈りもの-わたしの切り絵のつくりかた(朝日出版社、2003年、ISBN 4255002495)
  • 負けるのは美しく(集英社、2005年、ISBN 4087747743 / 集英社文庫、2008年)
  • 児玉清の「あの作家に会いたい」-人と作品をめぐる25の対話 (PHP研究所、2009年、ISBN 978-4569770048)
  • すべては今日から (新潮社、2012年、ISBN 978-4104495023 / 新潮文庫、2015年)
  • 人生とは勇気-児玉清からあなたへラストメッセージ (集英社、2012年、ISBN 978-4087815092 / 集英社文庫、2014年)
  • ひたすら面白い小説が読みたくて-文庫解説コレクション (中央公論新社、2013年、ISBN 978-4120044922 / 中公文庫、2017年)

解説[編集]

脚注[編集]

  1. 児玉の著書『負けるのは美しく』に、この時触れた古澤憲吾監督の演出ぶりなどについての記述がある。
  2. STEAM BOY”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日確認。
  3. 『テレビナイトショー』はフジテレビ・関西テレビ・東海テレビで曜日毎に制作を分担していたが、児玉が担当していた分は東海テレビが制作を担当していた。

外部リンク[編集]