宮崎駿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが宮崎駿の項目をおカタく解説しています。

宮崎 駿(みやざき はやお、1941年昭和16年〉1月5日 - )は、日本映画監督アニメーター漫画家。妻はアニメーターの大田朱美。長男はランドスケープアーキテクト、映画監督の宮崎吾朗。次男は版画家の宮崎敬介

プロフィール[編集]

概要[編集]

宮﨑 駿とも。

別名は秋津 三朗(あきつ さぶろう)、照樹 務(てれこむ)。

学習院大学政経学部卒業。

東映動画、フリー、二馬力スタジオジブリ設立など経て、スタジオジブリ取締役。

主な代表作は『パンダコパンダ』、『ルパン三世 カリオストロの城』、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』、 『ルパン三世』、『未来少年コナン』など。

作品[編集]

長編映画[編集]

※監督作のみ太字

公開年 作品名 制作(配給) 役職
1963年 12月21日 わんわん忠臣蔵 東映動画
東映
動画
1965年 3月20日 ガリバーの宇宙旅行 原画
動画
ラストの演出
1968年 7月21日 太陽の王子ホルスの大冒険 場面設計
美術設計
原画
1969年 3月18日 長靴をはいた猫 原画
7月20日 空飛ぶゆうれい船 原画
1971年 3月20日 どうぶつ宝島 アイデア構成
原画
7月18日 アリババと40匹の盗賊 原画
1972年 12月17日 パンダコパンダ 東京ムービー
東宝
原案
脚本
場面設定
原画
1973年 3月17日 パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻 脚本
美術設定
画面構成
原画
1979年 12月15日 ルパン三世 カリオストロの城 東京ムービー新社
(東宝)
脚本(山崎晴哉と共同)
監督
1984年 3月11日 未来少年コナン 巨大機ギガントの復活 日本アニメーション
(松竹)
監督
1984年 3月11日 風の谷のナウシカ 徳間書店
博報堂
トップクラフト
(東映)
原作
脚本
監督
1986年 8月2日 天空の城ラピュタ 徳間書店
スタジオジブリ
(東映)
原作
脚本
監督
EDテーマ『君をのせて』作詞
1987年 8月15日 柳川堀割物語 二馬力 製作
1988年 4月16日 となりのトトロ 徳間書店
スタジオジブリ
(東宝)
原作
脚本
監督
EDテーマ『となりのトトロ』作詞
1989年 7月29日 魔女の宅急便 徳間書店
ヤマト運輸
日本テレビ
スタジオジブリ
(東映)
プロデューサー
脚本
絵コンテ(近藤喜文と共同)
監督
1991年 7月20日 おもひでぽろぽろ 徳間書店
日本テレビ
博報堂
スタジオジブリ
(東宝)
製作プロデューサー
1992年 7月18日 紅の豚 徳間書店
日本航空
日本テレビ
スタジオジブリ
(東宝)
原作
脚本
監督
1994年 7月16日 平成狸合戦ぽんぽこ 徳間書店
日本テレビ
博報堂
スタジオジブリ
(東宝)
企画
1995年 7月15日 耳をすませば 製作プロデューサー
脚本
絵コンテ(近藤喜文と共同)
EDテーマ『カントリー・ロード』補作
On Your Mark〜ジブリ実験劇場 原作
脚本
監督
1997年 7月12日 もののけ姫 徳間書店
日本テレビ
電通
スタジオジブリ
(東宝)
原作
脚本
監督
主題歌『もののけ姫』作詞
1999年 7月17日 ホーホケキョ となりの山田くん 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・インターナショナル・ジャパン
日本テレビ
博報堂
松竹
制作
2001年 7月20日 千と千尋の神隠し 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・インターナショナル・ジャパン
日本テレビ
電通
東北新社
三菱商事
ディーライツ
(東宝)
原作
脚本
監督
2002年 7月20日 猫の恩返し 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・インターナショナル・ジャパン
日本テレビ
博報堂
三菱商事
ディーライツ
(東宝)
企画
2004年 11月20日 ハウルの動く城 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
日本テレビ
電通
三菱商事
ディーライツ
(東宝)
企画
脚本
監督
2006年 7月29日 ゲド戦記 スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
日本テレビ
電通
博報堂DYメディアパートナーズ
三菱商事
ディーライツ
(東宝)
原案
2008年 7月19日 崖の上のポニョ 原作
脚本
監督
OPテーマ『海のおかあさん』作詞(共同)
EDテーマ『崖の上のポニョ』補作詞
2009年 3月14日 ルパン三世 1st.TVシリーズ トムス・エンタテインメント 監督(高畑勲と共同)
2010年 6月18日 トイ・ストーリー3 ピクサー・アニメーション・スタジオ スペシャルサンクス
7月17日 借りぐらしのアリエッティ スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
日本テレビ
電通
博報堂DYメディアパートナーズ
三菱商事
ディーライツ
ワイルドバンチ
(東宝)
企画
脚本(丹羽圭子と共同)
美術設定
2011年 7月16日 コクリコ坂から スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
日本テレビ
電通
博報堂DYメディアパートナーズ
三菱商事
ディーライツ
(東宝)
企画
脚本(丹羽圭子と共同)
2013年 7月20日 風立ちぬ スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
日本テレビ
電通
博報堂DYメディアパートナーズ
三菱商事
ディーライツ
KDDI
(東宝)
原作
脚本
監督
2023年頃予定 君たちはどう生きるか スタジオジブリ 監督

短編映画[編集]

公開年 作品名 制作(配給) 役職
1977年 4月23日 草原の子テングリ 雪印乳業
桜映画社
シンエイ動画
レイアウト(ノンクレジット)
2001年 10月1日 フィルムぐるぐる スタジオジブリ 絵コンテ
監督
くじらとり 脚本
監督
2002年 1月3日 コロの大さんぽ 原作
脚本
監督
10月2日 空想の機械達の中の破壊の発明 企画
9月29日 めいとこねこバス 原作
脚本
監督
トトロ役
空想の空飛ぶ機械達 原作
脚本
監督
ナレーション
2006年 1月3日 水グモもんもん 原作
脚本
監督
やどさがし
星をかった日 脚本
監督
2010年 1月3日 ちゅうずもう 企画
脚本
11月20日 パン種とタマゴ姫 原作
脚本
監督
2011年 6月4日 たからさがし 企画
構成
2018年 3月21日 毛虫のボロ 原作
脚本
監督

テレビ[編集]

期間 番組名 制作(放送局) 役職 放送タイトル
1964年6月7日 1965年8月31日 少年忍者風のフジ丸 NETテレビ
東映アニメーション
原画(手伝い)
1966年4月23日 1967年3月24日 レインボー戦隊ロビン
1969年1月6日 1970年10月26日 ひみつのアッコちゃん
1969年10月5日 1970年12月27日 ムーミン フジテレビ
瑞鷹
シンエイ動画
トムス・エンタテインメント
原画 第23話「チビのミー大作戦」
1971年10月24日 1972年3月26日 ルパン三世 よみうりテレビ
トムス・エンタテインメント
演出(高畑勲と共同) 第4話以降
原画 第9話「殺し屋はブルースを歌う」
第14話「エメラルドの秘密」
第15話「ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう」
第16話「宝石横取り作戦」
第17話「罠にかかったルパン」
第18話「美人コンテストをマークせよ」
第19話「どっちが勝つか三代目」
第21話「ジャジャ馬娘を助けだせ!」
第23話「黄金の大勝負!」
1972年4月5日 1973年3月28日 赤胴鈴之助 フジテレビ
トムス・エンタテインメント
絵コンテ 第26話「やったぞ!赤胴真空斬り」
第27話「大暴れ!真空斬り」
第41話「キリシタンの秘宝」
1973年3月2日 1973年9月28日 ジャングル黒べえ 毎日放送
トムス・エンタテインメント
キャラクター原案 全話
1973年10月7日 1974年9月29日 侍ジャイアンツ よみうりテレビ
トムス・エンタテインメント
原画 第1話「ほえろ!バンババン」
1974年1月6日 1974年12月29日 アルプスの少女ハイジ フジテレビ
瑞鷹
場面設定
画面構成
全話
1975年1月5日 1975年12月28日 フランダースの犬 フジテレビ
瑞鷹
日本アニメーション
原画 第15話「古い帳簿」
1976年1月4日 1976年12月26日 母をたずねて三千里 フジテレビ
日本アニメーション
場面設定
レイアウト
全話
原画 第2話「ジェノバの少年マルコ」
1977年1月2日 1977年12月25日 あらいぐまラスカル 第4話「ミルウォーキーのお月さま」
第5話「オスカーへの贈り物」
第6話「さようならスカンクたち」
第10話「はじめての探検」
第12話「本と1セント銅貨」
第13話「夏休みの第一日」
第14話「母のない子」
第15話「アリスと友達になれたらなあ」
第16話「楽しいパーティの夜」
第17話「ラスカルの冒険」
第18話「森で会った不思議な青年」
第19話「ラスカルとトウモロコシ」
第20話「スターリングの悲しみ」
第21話「あぶないラスカル」
第22話「森と湖と動物たち」
第24話「走れ走れぼくらのカヌー」
第25話「森で見つけた仔鹿」
第26話「森と湖の夏まつり」
第28話「檻の中」
1977年10月3日 1980年10月6日 ルパン三世 日本テレビ
トムス・エンタテインメント
脚本
絵コンテ
演出
第145話「死の翼アルバトロス
第155話「さらば愛しきルパンよ
1978年4月4日 1978年10月31日 未来少年コナン NHK
日本アニメーション
キャラクターデザイン
メカニックデザイン
場面設定
演出
監督
全話
絵コンテ 第1話「のこされ島」
第2話「旅立ち」
第3話「はじめての仲間」
第4話「バラクーダ号」
第8話「逃亡」
第15話「荒地」
第16話「二人の小屋」
第17話「戦闘」
第18話「ガンボート」
第19話「大津波」
第22話「救出」
第23話「太陽塔」
第24話「ギガント」
第25話「インダストリアの最期」
第26話「大団円」
1979年1月7日 1979年12月30日 赤毛のアン フジテレビ
日本アニメーション
場面設定
画面構成
第1話「マシュウ・カスバート驚く」
第2話「マリラ・カスバート驚く」
第3話「グリーン・ゲイブルズの朝」
第4話「アン・生立ちを語る」
第5話「マリラ決心する」
第6話「グリーン・ゲイブルズのアン」
第7話「レイチェル夫人恐れをなす」
第8話「アン日曜学校へ行く」
第9話「おごそかな誓い」
第10話「アン・心の友と遊ぶ」
第11話「マリラ・ブローチをなくす」
第12話「アン・告白をする」
第13話「アン・学校へ行く」
第14話「教室騒動」
第15話「秋の訪れ」
1980年10月3日 1981年9月25日 太陽の使者 鉄人28号 日本テレビ
トムス・エンタテインメント
原画(Aパート担当) 第8話「恐怖の殺人合体ロボ」[1]
1984年11月6日 1985年5月20日 名探偵ホームズ テレビ朝日
トムス・エンタテインメント
RAI
REVER
脚本 第3話「小さなマーサの大事件!?」
絵コンテ
演出
第3話「小さなマーサの大事件!?」
第4話「ミセス・ハドソン人質事件」
第5話「青い紅玉」
第9話「海底の財宝」
第10話「ドーバー海峡の大空中戦!」
監督 第3話「小さなマーサの大事件!?」
第5話「青い紅玉」
第9話「海底の財宝」
第11話「ねらわれた巨大貯金箱」
2020年12月30日 アーヤと魔女 NHK
NHKエンタープライズ
スタジオジブリ
企画

その他の作品[編集]

漫画・絵物語・イメージボードなど[編集]

デザインワーク[編集]

作詞[編集]

  • 君をのせて』(『天空の城ラピュタ』主題歌)
  • となりのトトロ』(『となりのトトロ』主題歌)
  • 『風のとおり道』(『となりのトトロ』挿入歌)
  • カントリー・ロード』(『耳をすませば』主題歌)※補作
  • 『バロンのうた』(『耳をすませば』イメージアルバム より)
  • もののけ姫』 (『もののけ姫』 主題歌)
  • 『タタラ踏む女達』 (『もののけ姫』 挿入歌)
  • 『千と千尋の神隠し』イメージアルバム
    • 『神々さま』
    • 油屋
    • 『さみしい さみしい』
    • 白い竜
  • 『崖の上のポニョ』イメージアルバム
    • 崖の上のポニョ』(『崖の上のポニョ』主題歌)※補作詞
    • 『いもうと達』
    • 『ポニョの子守唄』
    • 『ひまわりの家の輪舞曲』
  • 『お母さんの写真』(CMソング)

著書(対談・インタビュー・共著も含む)[編集]

  • 『トトロの住む家』 (画文集/写真和田久士) 朝日新聞社(1991年)/増補改訂版 岩波書店(2011年1月)
  • 『時には昔の話を』(加藤登紀子との共著、絵本、対談) 徳間書店(1992年)
  • 『時代の風音』(司馬遼太郎堀田善衛との鼎談) UPU(1992年)。 朝日文芸文庫(1997年)
  • 『何が映画か―「七人の侍」と「まあだだよ」をめぐって』(黒澤明との対談集) スタジオジブリ(1993年)
  • 『巨樹を見に行く―千年の生命との出会い』(共著) 講談社カルチャーブックス(1994年)
  • 『出発点 1979〜1996』(エッセイ・発言集) 徳間書店(1996年)
  • 『教育について』(共著、インタビュー集) 旬報社(1998年)
  • 『虫眼とアニ眼』(養老孟司との対談) スタジオジブリ(2002年)。新潮文庫(2008年2月)
  • 『風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡』(渋谷陽一によるインタビュー集)ロッキング・オン(2002年)。文春ジブリ文庫(2013年11月)
  • 『折り返し点 1997〜2008』(エッセイ・発言集) 岩波書店(2008年)
  • 『本へのとびら―岩波少年文庫を語る』(お薦め本50冊の紹介) 岩波新書カラー版(2011年10月)
  • 『腰ぬけ愛国談義』(半藤一利との対談)、文春ジブリ文庫 (2013年8月)
  • 『続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか』(渋谷陽一によるインタビュー集)ロッキング・オン(2013年)

表紙イラスト[編集]

実写作品[編集]

絵コンテ集[編集]

劇場用アニメーション映画[編集]

  • パンダコパンダ/パンダコパンダ雨降りサーカスの巻 スタジオジブリ絵コンテ全集第II期(徳間書店)
  • ルパン三世カリオストロの城 スタジオジブリ絵コンテ全集第II期(徳間書店)
  • 風の谷のナウシカ スタジオジブリ絵コンテ全集1(徳間書店)[注 4]
  • 天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集2(徳間書店)[注 4]
  • となりのトトロ スタジオジブリ絵コンテ全集3(徳間書店)[注 4]
  • 魔女の宅急便 スタジオジブリ絵コンテ全集5(徳間書店)[注 4]
  • 紅の豚 スタジオジブリ絵コンテ全集7(徳間書店)
  • 耳をすませば スタジオジブリ絵コンテ全集10(徳間書店)
  • もののけ姫 スタジオジブリ絵コンテ全集11(徳間書店)
  • 千と千尋の神隠し スタジオジブリ絵コンテ全集13(徳間書店)
  • ハウルの動く城 スタジオジブリ絵コンテ全集14(徳間書店)
  • 崖の上のポニョ スタジオジブリ絵コンテ全集16(徳間書店)
  • 風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19(徳間書店)

テレビアニメーション[編集]

  • ルパン三世 死の翼アルバトロス/さらば愛しきルパンよ スタジオジブリ絵コンテ全集第II期(徳間書店)
  • 名探偵ホームズ 小さなマーサの大事件!?/ミセス・ハドソン人質事件/青い紅玉 スタジオジブリ絵コンテ全集第II期(徳間書店)
  • 名探偵ホームズ 海底の財宝/ドーバー海峡の大空中戦!/ねらわれた巨大貯金箱 スタジオジブリ絵コンテ全集第II期(徳間書店)

出演[編集]

長編映画[編集]

  • 「もののけ姫」はこうして生まれた。(スタジオジブリ、1998年6月26日発売、VHS)-『もののけ姫』の創作現場密着ドキュメンタリー
  • ラセターさん、ありがとう ~「千と千尋」アカデミー賞受賞に隠された宮崎駿とジョン・ラセターの20年にわたる友情~(スタジオジブリ、2003年11月19日発売、DVD)- 宮崎駿とジョン・ラセターの密着ドキュメンタリー
  • 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。(二馬力、2004年8月6日発売、DVD)-「お母さんの写真」の創作現場密着ドキュメンタリー
  • 宮崎駿とジブリ美術館(スタジオジブリ、2005年3月18日、DVD)
  • ポニョはこうして生まれた。 〜宮崎駿の思考過程〜(NHKエンタープライズ、2009年12月8日発売、DVD・Blu-ray)-『崖の上のポニョ』の創作現場密着ドキュメンタリー
  • 夢と狂気の王国ドワンゴ、2013年11月16日公開)-『風立ちぬ』の創作現場密着ドキュメンタリー

短編映画[編集]

  • もののけ姫 in U.S.A.(スタジオジブリ、2000年4月29日公開)
  • オーニソプター物語~飛べ!ひよどり天狗号(スタジオジブリ、2002年10月2日公開)[3]

テレビ特集[編集]

  • 世界・わが心の旅「サンテグジュペリ 大空への夢 ~南仏からサハラ~」(BS2、1999年放送)
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「映画を創る 〜宮崎駿・創作の秘密〜」(NHK、2007年3月27日放送)
  • プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル「宮崎駿のすべて 〜ポニョ密着300日〜」(NHK、2008年8月5日放送)-『崖の上のポニョ』の創作現場密着ドキュメンタリー
  • 「NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎 駿×宮崎吾朗~」(NHK、2011年8月放送)-『コクリコ坂から』の創作現場密着ドキュメンタリー
  • NHKスペシャル「終わらない人 宮﨑駿」(NHK、2016年11月13日放送)-『毛虫のボロ』の創作現場密着ドキュメンタリー
  • BS1スペシャル「さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜」(BS1、2021年4月29日放送)[4]

受賞歴[編集]

部門 作品 結果 出典
日本アニメ大賞 1984年 作品賞 風の谷のナウシカ 受賞
1986年 特別賞 - 受賞
1988年 作品賞 となりのトトロ 受賞
脚本賞 受賞
星雲賞 1985年 映画演劇部門 『風の谷のナウシカ』 受賞
1989年 映画演劇部門 『となりのトトロ』 受賞
1995年 コミック部門 『風の谷のナウシカ』 受賞
毎日映画コンクール 1986年 大藤信郎賞 天空の城ラピュタ 受賞 [5]
1988年 日本映画大賞 『となりのトトロ』 受賞 [6]
大藤信郎賞 受賞
1989年 アニメーション映画賞 魔女の宅急便 受賞 [7]
1992年 アニメーション映画賞 紅の豚 受賞 [8]
1997年 日本映画大賞 もののけ姫 受賞 [9]
アニメーション映画賞 受賞
1997年 日本映画大賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [10]
監督賞 受賞
アニメーション映画賞 受賞
2008年 大藤信郎賞 崖の上のポニョ 受賞 [11]
ブルーリボン賞 1988年 特別賞 『となりのトトロ』 受賞
1997年 特別賞 『もののけ姫』 受賞
2001年 作品賞 『千と千尋の神隠し』 受賞
報知映画賞 1988年 監督賞 『となりのトトロ』 受賞 [12]
2001年 監督賞 『千と千尋の神隠し』 受賞
芸術選奨 1989年 文部大臣賞(映画部門) 『となりのトトロ』 受賞
ゴールデングロス賞 1989年 最優秀金賞 『魔女の宅急便』 受賞 [13]
マネーメイキング監督賞 - 受賞
1992年 最優秀金賞 『紅の豚』 受賞 [14]
マネーメイキング監督賞 - 受賞
1997年 最優秀金賞 『もののけ姫』 受賞 [15]
2001年 最優秀金賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [16]
マネーメイキング監督賞 - 受賞
2005年 最優秀金賞 『ハウルの動く城』 受賞 [17]
マネーメイキング監督賞 - 受賞
2008年 最優秀金賞 『崖の上のポニョ』 受賞 [18]
マネーメイキング監督賞 - 受賞
2013年 最優秀金賞 『風立ちぬ』 受賞 [19]
全興連特別功労大賞 - 受賞
2014年 全興連特別賞 - 受賞 [20]
アヌシー国際アニメーション映画祭 1993年 長編部門グランプリ 『紅の豚』 受賞 [21]
日本漫画家協会賞 1994年 大賞 『風の谷のナウシカ』 受賞
日本アカデミー賞 1997年 作品賞 『もののけ姫』 受賞 [22]
2001年 作品賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [23]
会長功労賞 - 受賞
2008年 アニメーション作品賞 『崖の上のポニョ』 受賞 [24]
日刊スポーツ映画大賞 1997年 監督賞 『もののけ姫』 受賞 [25]
2001年 作品賞 『千と千尋の神隠し』 受賞
アニメーション神戸 1997年 部門賞・演出部門 - 受賞 [26]
2001年 作品賞・劇場部門 『千と千尋の神隠し』 受賞
文化庁メディア芸術祭 1997年 アニメーション部門大賞 『もののけ姫』 受賞
2001年 アニメーション部門大賞 『千と千尋の神隠し』 受賞
川喜多賞 2020年 - - 受賞 [27]
アニー賞 1998年 ウィンザー・マッケイ賞 - 受賞 [28]
2002年 長編作品賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [29]
長編作品監督賞 受賞
長編作品脚本賞 受賞
2013年 長編作品脚本賞 『風立ちぬ』 受賞 [30]
[31]
ベルリン国際映画祭 2002年 金熊賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [32]
アカデミー賞 2002年 長編アニメーション映画賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [33]
2005年 長編アニメーション映画賞 『ハウルの動く城』 ノミネート [34]
2013年 長編アニメーション映画賞 『風立ちぬ』 ノミネート [35]
2014年 名誉賞 - 受賞 [36]
ニューヨーク映画批評家協会賞 2002年 アニメ映画賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [37]
2005年 アニメ映画賞 『ハウルの動く城』 受賞
2013年 アニメ映画賞 『風立ちぬ』 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2002年 アニメ映画賞 『千と千尋の神隠し』 受賞 [38]
2013年 アニメ映画賞 『風立ちぬ』 ノミネート
2018年 功労賞 - 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2002年 アニメ映画賞 『千と千尋の神隠し』 受賞
2013年 アニメ映画賞 風立ちぬ 受賞
ザグレブ国際アニメーション映画祭 2004年 功労賞 - 受賞 [38]
ヴェネツィア国際映画祭 2005年 栄誉金獅子賞 - 受賞 [38]
2008年 ミッモ・ロテッラ財団賞 『崖の上のポニョ』 受賞
フューチャー・フィルム・フェスティバル・デジタル・アワード特別表彰 受賞
ネビュラ賞 2007年 スプリクト部門 『ハウルの動く城』 受賞
インクポット賞 2009年 - - 受賞 [39]
バークレー日本賞 2009年 - - 受賞
アイズナー賞 2014年 漫画家の殿堂 - 受賞 [40]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 原話は、君島久子の書いたチベットの民話「犬になった王子」、岩波書店
  2. 「ブラッカムの爆撃機」「チャス・マッギルの幽霊」「ぼくを作ったもの」の3編を収録に加え、宮崎の描き下ろしで「ウェストール幻想 タインマスへの旅 前・後編」(コマ漫画、カラー24頁分)を併収。
  3. 1991年、映画宣伝用に自主的に作ったキャラクターを、球団創設70年にあたる2006年、ファンクラブ設立にあたり起用したもの。熱心な中日ファンとして知られるスタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫の橋渡しによって採用されることとなった。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 これら「絵コンテ全集」の出版とは別に、『風の谷のナウシカ』についてはアニメージュ文庫にて、『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』についてはロマンアルバムにて(いずれも徳間書店)、映画公開から程なくして出版されたものの、いずれも現在は絶版である。

出典[編集]

  1. 『鉄人28号[1980年]』8話「恐怖の殺人合体ロボ」で宮崎駿さんが原画を描いたのは「Aパート前半の鉄人が登場する前の、ゲストロボット・ガムダ2号と防衛軍の戦闘シーンを15カットほど」だそうです。”. (2018年1月7日
  2. 宮崎駿が紐解く江戸川乱歩の世界 新企画「幽霊塔へようこそ展」5月から開催”. 映画.com (2015年4月5日). 2015年4月8日確認。
  3. “[http://www.ghibli-freak.net/ghibli_museum/hiyoten.html オーニソプター物語~飛べ!ひよどり天狗号 [空想の空とぶ機械達] [TOPに戻る] [上映作品一覧に戻る] [空想の機械達の中の破壊の発明]]”. ジブリフリーク. 2021年8月27日確認。
  4. さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜”. NHK (2021年4月16日). 2021年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日確認。
  5. 毎日映画コンクール 第41回(1986年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  6. 毎日映画コンクール 第43回(1988年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  7. 毎日映画コンクール 第44回(1989年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  8. 毎日映画コンクール 第47回(1992年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  9. 毎日映画コンクール 第52回(1997年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  10. 毎日映画コンクール 第56回(2001年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  11. 毎日映画コンクール 第63回(2008年)”. 毎日新聞. 2020年8月8日確認。
  12. 報知映画賞 過去の受賞一覧”. 報知新聞社. 2020年8月11日確認。
  13. 第7回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  14. 第10回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  15. 第15回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  16. 第19回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  17. 第23回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  18. 第26回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  19. 第31回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  20. 第32回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興業生活衛生同業組合連合会. 2020年8月11日確認。
  21. Palmarès 1993” (フランス語). annecy.org. 2020年8月11日確認。
  22. 第21回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2020年8月11日確認。
  23. 第25回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2020年8月11日確認。
  24. 第25回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2020年8月11日確認。
  25. 日刊スポーツ映画大賞 歴代の受賞者・受賞作品”. 日刊スポーツ. 2020年8月11日確認。
  26. アーカイブ 第1回~第10回”. アニメーション神戸. 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月11日確認。
  27. 第38回川喜多賞 宮崎駿氏氏”. 公益財団法人川喜多記念映画文化財団. 2021年8月7日確認。
  28. The Winsor McCay Award” (英語). annieawards.org/. 2020年8月11日確認。
  29. 30th Annie Awards” (英語). annieawards.org/. 2020年8月11日確認。
  30. 「中日新聞」2014年2月3日朝刊、27面。
  31. “『風立ちぬ』宮崎駿監督、アニー賞脚本賞を受賞!も…授賞式には誰も現れず”. シネマトゥデイ. (2014年2月2日. https://www.cinematoday.jp/news/N0060188 2017年10月10日閲覧。 
  32. PRIZES & HONOURS 2002” (英語). Berlinale. 2020年8月11日確認。
  33. THE 75TH ACADEMY AWARDS” (英語). Oscars.org. 2020年8月11日確認。
  34. THE 78TH ACADEMY AWARDS” (英語). Oscars.org. 2020年8月11日確認。
  35. THE 78TH ACADEMY AWARDS” (英語). Oscars.org. 2020年8月11日確認。
  36. HONORARY AWARD” (英語). Oscars.org. 2020年8月11日確認。
  37. Best Animated Film Awards” (英語). nyfcc. 2020年8月11日確認。
  38. 38.0 38.1 38.2 Awards – Hayao Miyazaki” (英語). IMDb. 2020年8月11日確認。
  39. 萩尾望都が米コミコンで講演、インクポット賞を受賞”. コミックナタリー2010年7月30日). 2019年10月27日確認。
  40. 宮崎駿「漫画のアカデミー賞」で殿堂入り!日本人5人目”. シネマトゥデイ. 2019年4月20日確認。

外部リンク[編集]